人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(下)

鹽竈(しおがま)神社境内でひときわ目立っておりました国指定の天然記念物である「鹽竈桜」。

なんとちょうど満開を迎えておりました!
ソメイヨシノより10日ほど遅く開花するようで、たまたまビンゴしたのでした。

鹽竈桜は青空と陽の光に照らされ、毬のように咲く花々はそよ風の調べに可愛らしく舞っており、その立ち姿は麗しくも凛としておりました

タロさとしばらく見惚れておりました~。
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(下)_f0168392_16015440.jpg
美しい…
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(下)_f0168392_16082216.jpg
実物はもっとピンク色が強いんですよ。
鹽竈桜が満開だなんて、なんて良い時に来れたんだろう
管理人もタロさも感激しました~。

次に境内におわします志波彦神社を参拝。
修復中にて外観を見ることはできませんでした。
でもちゃんと参拝できますよ。

鹽竈神社境内には展示会場もありました。
国旗の作品展!
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(下)_f0168392_16502967.jpg
そこには古い時代の絵も飾っております。
安政の頃のものもあったり様々な古い時代の絵が飾っておりました。
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(下)_f0168392_16521580.jpg
そろそろお開きに…という頃、衣装を着たちびっ子達、神職や関係者の方々の方々の行列を目撃しました。
これから神事がありお神輿があるのですね。

管理人達は渋滞に巻き込まれぬよう鹽竈神社を後にしましたw

最後にあった狛犬さま。
なんだか凄く陽気な感じがします。
まるで「よう、また来いよっ。ガハハッ」と笑っているかのようw
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(下)_f0168392_16342652.jpg
そして鹽竈神社の近くにあります塩釜市場へ行きました。
新鮮でおいしそうな魚介類がいっぱい~っ!

管理人はすじこ・いくら・メンタイコ・キンキの開きを購入しました。
卵ばっかりwwww
好きなんだもん♪

市場の人達も気さくな方々ばかりで調理の仕方やお勧め料理を教えてくださったり、まけてくださいました。

タロさは海老・つぶがい・キンキ等々色々買っておりました。

後日談ですが、タロさは夕食に海老を焼いて食べたんですが、目頭がうるっとするくらい美味かったと感動メールを寄こしました。
タロさ感動し過ぎwwww
んで、また行こうねとw

管理人もまた行きたいです!

話を戻しまして、市場内で昼食をとりました。
管理人達は穴子の刺身丼が目当てだったのですが、完売w
人気メニューは朝早く来ないと食べられないんですねぇ。

管理人達は海鮮丼を食べましたよ。
美味しかった~っ!
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(下)_f0168392_16293282.jpg
うむ、また塩釜へ来よう。
絶対行くぞ~っ!!^^

by tanaka369 | 2015-04-27 16:39 | 神社参拝いろいろ

鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(上)

この素晴らしい晴天の日曜日、宮城県塩釜市におわします鹽竈(しおがま)神社・志波彦(しわひこ)神社参拝へ行ってきました!

思っていたより早めに叶った鹽竈神社参拝。
タロさが連れて行ってくれました。
岩沼の竹駒神社へ参拝した時に、次は塩釜に行こうって提案してくれてたの。

素晴らしく楽しいところでした~っ!
南三陸の開けた港街で歴史を感じさせる建物もところどころあり、周囲が山に囲まれた内陸生まれ&育ちの海好きな管理人にとっては良き観光スポットでした。
楽しかったなぁああっ。

なぜなら鹽竈神社では様々なサプライズが。
たまたまなのですが、知らずに神社の”花祭”にばっちし当たったのです。
珍しいものを見ることができました~っ!

正門らしき長い石段を登りたかったので社殿の近くにある駐車場からわざわざ下って大通りに出て、大通りを歩いたのですが、道中、津波の爪痕の記録がありました。
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(上)_f0168392_23312967.jpg

鹽竈神社はゴージャスな上に大きな神社でした。
お写真は大通りに面したところ。
おっきいな~。
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(上)_f0168392_23335049.jpg
土地神というより東北という広域を鎮護する大きな神社なのですね。
灯篭も大きいなぁ。
菊の御紋が美しく映えております。
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(上)_f0168392_23354394.jpg
この長い石段を登って行きます。
二人して、すぐに息がきれたさ…(笑)
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(上)_f0168392_23375913.jpg
石段の中間のあたりかな?
狛犬様がおりました。
管理人が知る狛犬様より、全体的に丸まっちぃそれでした。
このような丸まっちぃ狛犬様は境内にもありましたよ。
風化したというより元から丸まっちぃ感じです。
南国風ですよね?
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(上)_f0168392_23415041.jpg
登りきるとお神輿がありました。
もうしばらくすると花祭で街を練り歩くんですね。
神様に楽しんで頂くイベントですよ。
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(上)_f0168392_23445471.jpg
管理人達は朝に到着しましたが、お昼頃から街中がお祭りに賑わうみたい。
いいですねぇ。
お祭り好きの管理人ですw

門は南国を感じさせる配色でした。
社殿に面する敷地は広くて解放感があります。
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(上)_f0168392_23491939.jpg
御挨拶の参拝を終え、境内をちょっと散歩していたら雅楽が聞こえてきました。
しばらく聞いていると南国ちっくな調べが…
え、なんで?
と思っていると、耳にしたことがあるような調べで雅楽が流れてきました。

音楽がする方へ歩いて行くと、なんと!
生演奏のみでなく舞を踊っているではありませんかっ!!
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(上)_f0168392_23574885.jpg
うおおおおお! 雅楽の生演奏!!
管理人、横笛に憧れているんだよなぁ。素敵。
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(上)_f0168392_00131216.jpg
なんて貴重な日に詣でたんだろうと心底思った瞬間でしたw
管理人達は「祓の式」と「神招舞」を見ましたよ。
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(上)_f0168392_00000224.jpg
う~む。「神招舞」を舞う人のお面が南国ちっく…
何故なんだろう?
境内で見てきた狛犬の皆様がシーサーに思えてきますw
でもここは宮城県の塩釜市。
う~ん。港町の神社はこういうのが普通なのかしら?

さらに散歩していると立派な杉の御神木がありました。
推定800年だったかな?
鹽竈神社・志波彦神社へ参拝(上)_f0168392_00055098.jpg
スピリチュアル的に木と交信できる漫画家の伊藤三巳華さんがちょっとだけ羨ましくなります。
この土地の一番の古株であろうこの御神木はどんな事を語るのだろうなぁ。

長くなってしまいましたので、今夜はここでお開きに。
「鹽竈神社・志波彦神社へ参拝 (下)」へ続きます。
ちょうど満開を迎えた鹽竈桜を愛でた境内散歩日記がメインですよ。

by tanaka369 | 2015-04-26 23:59 | 神社参拝いろいろ

夜桜

先日タロさと夜桜を観に行きました。
天候や開花状態を慮るとギリギリで観れたんだなぁと今ではしみじみ思います。

ライトアップされた霞城公園に行きました。
霞城公園とは山形城跡地。
先の大戦では駐屯地だったところですよ。

今回のお写真はタロさから殆ど撮ってもらいました。
管理人はのんびり桜を堪能しましたw

大手門の入り口付近。
綺麗だなぁ。
夜桜_f0168392_22561281.jpg
お次は桜のアーチ。
夜桜_f0168392_22574736.jpg
これ↓は管理人が撮ったんだぁ。
夜桜_f0168392_22585126.jpg
スケジュールの兼ね合い、タイミング的に観にいけないかも…というなか行けて良かった!

しかし今年はライトの角度? が例年と違うのか、桜の見え方が違っていたように感じました。
散策していても眩しいったらありゃしない。
毎年こんなに眩しかったけかなぁと。

でも同じ場所で去年撮った写真を比較してみたら、やっぱし違う。
という結論に二人とも至りましたw

来年はライトアップ・角度の改善を願いますっ。

by tanaka369 | 2015-04-21 23:04 | 管理人のおでかけ

「三脈の法」で将来の身の危険を察知する

山形でも蔵王山の火山活動が活発になっております。
現在の山形市民は大きな自然災害とは無縁に暮らしてきたので、でっかいのがドカンと来たら心配です。
災害が続いた新潟県民や南海を控えていて防災意識の高い静岡県民のようにはいかないと思いますから…

日本は地震大国ですので、どこに住んでいても自然災害とは無縁ではありません。

野生の動物たちはそのような自然災害を事前に察知するといわれますが、人間はそこらへんの勘はだいぶ鈍っております。

そこで「三脈の法」であります。

左右の頸動脈と手首の動脈でもって危険を察知する方法です。
管理人は最近知りまして参考にしてみたいと考えております。

こんな方法があったとは。
昔は元禄時代から、かなり歴史があるようです。

やり方や判断方法は下記のコピペをご覧くださいませ。


=引用元はこちら=
「不況対策! 個人でも有効な方法」さん
http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/zatugaku/post_3.html

(注)引用元サイト・記事に張られているリンクを当ブログでは削除してうpしております。当ブログの都合上リンクが張られた記事をコピペすると投稿出来なかったもので。なので全文知りたい方はコピペしてググってみてください。





三脈の法で将来の身の危険を察知する

あなたは"三脈の法"(もしくは三脈護身法)なるものを知っていますか?

もともとこの三脈の法は、中国の方位術である奇門遁甲(別名:八門遁甲)がルーツであり、五術(命・卜・相・医・山)のうちの医術(中国医術)の部分に、この"三脈の法"が記載されているそうです。

これは、将来(数時間~2日内)に自分に降りかかるであろう身の危険を事前に察知する方法です。旅行時や胸騒ぎがしたり嫌な予感がする時などに、この三脈の法を併せて使う事で、予測の正確性が増すはずです。

三脈の法は、人間の無意識領域である潜在意識が発する警告を顕在意識上で察知する方法ともいえます。

古来よりこの方法を使う事で、重大な災害や身の危険を脱する事が出来たという人が多数存在します。覚えておいて損はない方法です。

三脈の法のやり方

この「三脈の法」は "開運法" ではありませんが、これを知っていると命の危機に瀕する災いを避けることができるのでご紹介します。

私たちの潜在意識は近い未来に降りかかる災難を知っています。何となく気が進まない、イヤな予感がすることがあります。そして実際に、それが的中することがあります。 これは、未来に起こる災いの信号をキャッチしているからに他なりません。しかしいつもその感が働くわけではありませんし、誰もが感が鋭いわけでもありません。

ところがこの「三脈の法」は、潜在意識からの信号を生体機能が感知して知らせる方法で、誰でも簡単にできます。古来から伝わる未来の危機を回避する方法です。


通常は頚動脈(左右2個所)と手首の動脈の3個所の脈は必ず一致しています。

ところが一致しない場合があり、これを「死脈」といいます。24時間以内に命に関わる災いが訪れることを示しています。

もしどこかへ出かける予定の場合は、出かけ先で災いに遭う可能性が大きいので予定を変更して家にいるのが賢明です。

実際に、この方法で難を逃れた人は多いのです。


《 三脈の取り方 》

右手の親指と中指を頚動脈にあて、右手首の動脈を左手の親指で押えて脈をとる。

通常はこの3カ所の脈は一致している。もし一致していない場合は、24時間以内に命の危機に関わる事が起こるとされている。

■三脈の法で助かった実際の例
《 実際の例1 》

元禄の世、筑後(福岡県)柳川藩が参勤交代で江戸へ上る途中、遠州新居宿の本陣に宿泊しようとしました。到着後、随行の医者がいつもの習慣で三脈を取ってみると頚動脈と手首の動脈の脈が一致しない「死脈」であることがわかりました。念のため他の者の三脈を取ると全員「死脈」でした。

急いで主君の三脈を取ると、これも「死脈」で、危険を感じたため白須賀の宿まで戻りました。 しかしここでも全員死脈だったので、さらに二川宿まで戻ると、全員正常脈になったのでそこに泊まることにしました。

果たしてその夜、新居宿付近一帯に地震が起こり、新居宿、白須賀の宿場は津波に襲われ、住民と旅人全員が死亡したことが当時の記録に残されています。



《 実際の例2 》

大東亜戦争(太平洋戦争)時、東京空襲の時に防空壕に避難していたある人が三脈を取ると「死脈」でした。それで、皆にここから出るように言いましたが誰も従いませんでした。熱心に説くと、2、3人がそれに従いそこから出ました。

その直後、入り口で焼夷弾が爆裂して防空壕内いた全員は死亡しました。



《 実際の例3 》

飛行機に搭乗しようとしたところ、三脈を取ると「死脈」なので急遽キャンセルした人もいます。搭乗する予定だった飛行機は、その後御巣鷹山へ墜落して死者520人を出した日航123便でした。



《 実際の例4 》

ある田舎の学校での話です。授業中に先生が「三脈の法」の説明をしていました。そして生徒が実際にやってみると全員脈が一致しない「死脈」であることがわかりました。危険を察知した先生は、急いで生徒を外へ避難させ脈をとってみました。すると今度は全員正常な脈になっていました。

さては校舎で何かが起きるのかもしれないと見ていると、音を立てて校舎が倒壊してしまいました。老朽化による倒壊で、もしそのまま授業をしていたら圧死しているところでした。


以上の通り、三脈の法は手軽に危険を察知する方法として、古来より使われていて、実際に助かっている人も多いので、もし、何か気になる事があれば、試してみると良いでしょう。

続いて、さらに、この三脈の法はどのような脈拍具合かで、どういう災難が降りかかるのか分類も出来るようです。それを応用編として紹介します。

三脈の法の応用

この三脈の法ですが、3点がそれぞれ全部バラバラ(三点異脈)だと、上記の通り自分の生命に関わる危険を意味するのですが、それ以外の場合では、同じ身の危険でもそれぞれに意味合いが異なるようです。それを下記に示します。

①三点異脈
頚動脈の2か所と、右手首の動脈が全て脈拍も周期もバラバラ
間近に重大な死の危険が迫る
(この場合、その場を離れたり、予定をキャンセルする等して下さい)

②二頚同脈・一点異脈
頚動脈の2か所が同じ脈拍で、右手首の動脈の脈拍だけが異なる
間近に人間関係のトラブルが迫る

③右二点同脈・一点異脈
右手の中指で押さえた頚動脈と右手首の動脈が同じ脈拍で、
右手の親指で押さえた頚動脈の脈拍だけが異なる
間近に病気の悪化や生命力の減退等のトラブルが迫る

④左二点同脈・一点異脈
右手の親指で押さえた頚動脈と右手首の動脈が同じ脈拍で、
右手の中指で押さえた頚動脈の脈拍だけが異なる
間近に金銭トラブルが迫る

2014/2/11追記:ただし、動脈硬化によって頸動脈の根元が詰まったり、腕に行く血管が詰まったりすると、三脈の死脈と同じ状態になる場合もあるようです。この場合、移動しただけでは治りませんので、ご注意ください。


ちなみに、管理人もたまに試すのでが、管理人の場合は、右手首の脈だけが脈拍が弱くてイマイチはっきり三脈全部を計測することができません^^;

それで、管理人の場合は、手っとり早く「頚動脈の2か所だけ」同じ脈拍を示しているかどうかを確認するようにしてます。同じ頚動脈で左右の脈拍が違えば異変に気付き易いので、素早く確認するのにオススメです^^

日本は地震国家ですし、いつ何時災害が起こるか分かりません。

危険を回避するためには、日ごろから潜在意識の声を聞いたり、直観力を磨くことが大事です。


by tanaka369 | 2015-04-15 00:32 | その他

つくしの佃煮(下)1~2日冷蔵庫で保存して食べてみたら…

過日につくしの佃煮を作った後、タッパーに入れて1~2日保存した結果。
おいしくなってました~っ!

野のものらしいほのかな苦み。
優しいキュッとした歯ごたえ。
しょっぱ過ぎず甘すぎずの味。

タロさやタロさお父さんもご飯と一緒にパクパク食べた様子。
タロさは美味かったと言ってました。
あまり佃煮を好んで食べない管理人の両親もおいしいって言ってくれました。

わ~い、良かった~っ!^^

また作ろうかなw
つくしの袴取りに散々苦労したのに、喉元過ぎればってやつだね。


by tanaka369 | 2015-04-13 23:58 | うまいもんセンサー

つくしの佃煮(上)

タロさがつくしの佃煮が好きだと言っていたので、先日野原のつくしを採取してきました。

0円食材。
しかも旬の料理とあって管理人がんばりました~。

まず思ったのが、つくしの袴採りの単純作業が殺人的であったこと。
しかも何気に難しい…
ひたすら取るのですが途中で飽き飽きしてきますw
つくしの佃煮(上)_f0168392_14282757.jpg
水に浸けて置き、灰汁抜き。
クックパットに載っていたレシピを参考にしました。

調理はあっという間にできましたよ。簡単簡単w
でも…
ちょっと甘めに仕上がってしまいました。
うーん…
砂糖を多めに入れすぎたなぁ。
佃煮らしくしょっぱめなのですが甘い。
しかもつくしらしい苦みがない。
…なんで?
灰汁抜きし過ぎなん?
そういえば予定より長く浸けちゃってたw

出来はいまいち。
タッパーに入れていつでもタロさに渡せます。
つくしの佃煮(上)_f0168392_14332304.jpg
初めて作ったので許してもらおうw
次はおいしく作るぞ~っ。


by tanaka369 | 2015-04-11 00:21 | うまいもんセンサー

春の日の出

タロさは勤務中にたま~に美しい写真を送ってくる。
こういうのは何気に嬉しいものですw

日の出の光は余計に強く感じます。
清らかさと鋭さが混ざってるから。

でも、この写真の太陽は何となく優しい光のような感じがしますね。
春の日の出_f0168392_23503672.jpg
場所は宮城県なのは確か。
どこだろう。

一本倒れた木があります。
木々がとても印象的。

じーっと見てると人にみえてきます。
厳然と地に立つ人達。

被災地かな…
この小山の向こうは太平洋。
山形方面(西)だったら山があるはず。

by tanaka369 | 2015-04-10 00:11 | 節子&タロさの日記

タロさとまったり休日

土日休みだったので焼き肉屋へ行って来ました。
ちょうど月蝕だったんですが、さほど興味なしw

でも月蝕の影響なのか、何となく気分がしんみりとしてしまいました。
焼き肉食べる時はたいていハイテンションなので不思議に思ったのです。

スマイルホルモンさんで食べてきましたよ。
タロさとまったり休日_f0168392_23114856.jpg
う~ん、腹くちぃ。
そして二次会はいつものバーへ。

翌日は雨降りだったので買い物デイ。
食後のおやつにアップルパイを買って食べました。

管理人、夕食後に喉がかわいたので缶チューハイを飲んだらすっかり酔ってしまい、う”~ゲフ~とやらかしたらタロさから散々親父呼ばわりされましたw

今回の休日はどこへ行ったわけでもない、まったりのんびりどうってことない普通を楽しみました。


by tanaka369 | 2015-04-05 23:19 | うまいもんセンサー



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism