人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

<   2013年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

上山市・栗川稲荷神社へ参拝

今日はタロさと栗川稲荷神社へ参拝してきました!

栗川稲荷神社は上山市温泉街のはずれにあります。
とにかく広いのなんの!

珍しいものがたくさん見れて楽しかったなぁ。
参拝後は肩も身体も軽くなり爽快な気分になりました。
来年に向けて、今年の厄落としになったのかもw

当ブログにうpする写真は実物よりも赤い色が薄くくすんだ色に写っているので、脳内に鮮やかな朱色を想像してみてくださいね。
(古く歴史を感じさせる鳥居もたくさんあって実物もくすんでいるものが多々あります)

参道は一つではなく三つはあったかな。
管理人達はまず三ノ宮から登って行きました。

鳥居がたくさんある~っ!←ハイテンションその1
京都の伏見稲荷大社に参拝した時を思い出しました。

f0168392_20592015.jpg
ガラガラもいっぱい!←ハイテンションその2
しかも鈴がたくさんついてるぅ~っ!!
f0168392_21034694.jpg
しばらくシャンシャン鳴らしてしまった管理人です。←ハイテンションその3
不良壮年のタロさから遊ばないようにと注意されつつw
f0168392_21084814.jpg
そして狛狐さま。
御影石!!
な、なんてゴージャスなの~っ!←ハイテンションその4
f0168392_21133140.jpg
実は石像のエプロンをした狛狐さまもいらっしゃるのだけど、お写真撮るの忘れました…
ああああああう。
次回参拝しに来たら絶対撮るぞぉ~w

そしてあまりのハイテンションぶりに、手水舎でのお清めをせずにお参りしていたことに気づく管理人…
あああああああああああああああぁ…
私としたことが。
うーん、反省。

そして、手水舎も立派でしたの! ←ハイテンションその5
伊藤ミミカさんの漫画を思い出しましたよ。
素朴だけどいい味でてます、素敵!!
f0168392_21245480.jpg
は~。超楽しかったな~っ。
また行こうっと。
お祈りした時もまた参拝に来ますって言ったもんねw

失礼にあたるかなとあまりお写真を撮りたくないと思っていた管理人ですが、ここは撮らずにおれませんでしたよ。
まだまだ撮りたいところがあるんだぁ。

参拝前には、栗川稲荷神社の近くにあるオープンしたてのラーメン屋「力麺 中村(りきめん なかむら)」へ行きました。

管理人は「焙りにんにくラーメン(700円)」トッピングにはネギを注文しましたよ。

これがまた大当たりでして。
とても美味しかったです!
f0168392_21312128.jpg
「力麺 中村」さんのご住所:上山市軽井沢1-7-1
営業時間:11:00~15:00、18:00~25:00
定休日:水曜 駐車場:有、ですよ☆


次回のコースも「力麺 中村」で腹ごしらえ→栗川稲荷神社参拝ですね。

栗川稲荷神社では色々買ってきましたよ。
今回は朱色の蝋燭も買っちゃいました!

f0168392_21425245.jpg

タロさが、
「え、蝋燭も買うの!? 何に使うの??? SMでしか使わねぇべ。こんな赤いの」
と言ってきたので、
空気が重い時にでも灯すのと、とっさに言いました。

ええ。単に欲しかったんです。
手元に持っていたいのなんとなく~。

空気が重くなる時などまずないので、身体が疲れて重くなった時にでも視覚的アロマってみようっと。
でもこれたぶん奉納用だと思うんだな…

おし、また行くぞ!


by tanaka369 | 2013-12-30 21:54 | 神社参拝いろいろ

パワフル爺さん

フフ…と笑えるお爺さんのお話。

お爺さん、いいね!
元気はつらつだねっ! 
…死んでるけど。

f0168392_10132726.jpg




434 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/18(日) 03:01:51 ID:Hft5Vkg+0
数年前の話。

ある日、学校帰りに友人2人と墓地の散策をしていた。
そこで元気いっぱいに運動をしているお爺さんに出会った。
白いタンクトップに白い短パン、白い鉢巻。
お爺さんなのに若さ溢れるいでたちで戸惑う女子中学生3人。
すると、お爺さんが満面の笑みを浮かべて話しかけてきた。

「いい天気だね!」

抜けるような青空に負けないくらいの輝く笑顔につられて笑う私達。
お爺さんはその笑顔のまま、お墓に手を突いて準備運動を始めた。
準備運動が終わった後はそのお墓の周りをぐるぐると走っている。

元気な老人っていいよね、などと話しながらお爺さんの横を通り過ぎる。
すると、おじいさんの姿がすうっと溶けるように消えてしまった。
驚いて振り返ってみたが、やはりお爺さんの姿は無い。

「………あっ!」

声が聞こえたと思ったら空中からお爺さんが現れた。
照れたような顔をして、また走り出すお爺さん。
今度は背中を向けても遠くに行っても消えなかった。
墓地に出る前「さよーならー」と言ったら、手を振り返してくれた。


かわいいお爺さんだったな…



幽霊になっても健康に気をつかってるんですね。
恐れ入ります。

by tanaka369 | 2013-12-29 10:17 | オカルトほのぼのコピペ

戦国時代のご先祖様の願い

少々耳が痛いが(目?)、ロマンを感じるお話。
ある家系の遠い昔のご先祖様に纏わるいいお話でした。

f0168392_15171972.jpg


547 :本当にあった怖い名無し:2013/09/05(木) 23:31:26.31 ID:dfFCqSc20

俺の家には何もないが、趣味で郷土史研究やってるもんで、聞き取り調査などで旧家、豪族や地侍の子孫を訪ねることもよくある。
オカルトかどうかはわからんが、『不思議な話』は結構耳にするね。

ある戦国期の城主の子孫を訪ねたときのお話。

御当主は亡くなっていて、60代の奥さんが迎えてくれた。
いろいろ古文書を見せてもらったが、女性だからかあまり自家の歴史に詳しくはなく、こちらにいろいろ聞いてきた。
ご主人も特にあまり話さなかったそう。

で奥さんが、
「だいぶ昔の話になりますが、こんな事があったんですが・・・」
まだ子供がいない時に離婚の危機があったらしい。

するとある夜、夢を見た。

甲冑を着た武者と赤子を抱えた身分がありそうな女性が立っていて、こちらをじっと見つめていたそうだ。

そしてすべては聞き取れなかったが、
「・・・絶やさんでくれまいか・・・」
「・・・願い申さん・・・」
この二言は何度も言っていたので覚えていたそうだ。

まわりは明らかに時代が違う建物の部屋で、外からは時代劇の合戦シーンのような声(鬨の声?)や音が聞こえていたらしい。

目が覚めると、あまりにリアルな夢だったのでかなり怖かったそうだ。

離婚も考えてる精神不安からあんな夢を見たのかな、と思ったそうだが、御主人にも言えずに毎日が続いた。


548 :本当にあった怖い名無し:2013/09/05(木) 23:34:30.80 ID:dfFCqSc20

御主人とのギクシャクはすぐにはなくならなかったが、なぜか夢のことが気になりだしていた。

寂しそうな武者の時折強く懇願するような視線、奥方らしき人は赤子と奥さんをゆっくりと交互に見ながら優しく微笑んでいた。

「なんだったのだろう、あれは・・・?」
いつしかギクシャクも薄まり、夢のせいかはわからないが、奥さんは自分の子供が欲しいと思い始めたらしい。

そのうち長男出産、2年後には次男出産・・・そして退院した産後間もない頃、再びあの夢を見たのだ。

以前と変わらない景色。
しかし今度は静かだったそうだ。
武者と女性は何も言わずただただ嬉しそうに微笑んで。


549 :本当にあった怖い名無し:2013/09/05(木) 23:35:04.59 ID:dfFCqSc20

俺は話を聞いていて途中から鳥肌が立っていた。
奥さんの話が終わると、少し落ち着いてから俺は説明しはじめた。

○○家の先祖は、敵に攻められ落城する前に一子を家臣数人に託し落ち延びさせていた事。
そして土着したのが、現在の奥さんが住んでいる所から近い場所で御主人はその直系である事。

その2人はもしかして、落城で自害したといわれる城主の○○と奥方ではないか?
奥方が抱いていたのが、落ち延びさせた御主人の先祖ではないか?
女性には奥手だったらしい御主人が再婚できない事も考え、子孫が絶えないように、奥さんに離婚を考え改めるように訴えに来たのでは?と。

先祖に起こった出来事を初めて詳しく知った奥さんは、
少し困惑しながら
「・・・そうかもしれませんね。いや、きっとそうだと思います」と。

2人のお子さんは、今ではそれぞれ家庭を持ちお孫さんもいらっしゃるとか。

俺が聞いた歴史にまつわる不思議な話。
まだいくつかあるので気が向いたら投下にきます。




by tanaka369 | 2013-12-28 15:18 | 拾い物いろいろ

神様はコーヒーがお好き

今夜は人ならざるものとの珍しい体験談をば。
淹れたてのおいしいコーヒーが飲みたくお話でもあります。

f0168392_21163899.jpg


55 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 03:12:46.37 ID:dnI/R+Dy0
過去ログを見てて似たような体験をしたので書きます。
怖くはないかもしれませんが・・・。

自動車運転免許を取って以来、もう6年近く愛車のジムニーを転がして各地へ旅へ出たり、林道やクロカンを楽しんでおります。

以前、近くの山に結構難所の多い林道があると仲間内から聞き、練習がてら何度かその山に入っては遊んでいました。
その林道、途中まではノーマルの四駆車でも上がれるような林道なんですがある場所を境に急に悪路になります。

もちろんその先の悪路で遊んでいるんですがたまたま夜にふらっとコーヒーでも飲もうかとその山へ入りました。
いつもどおり愛車は快調、ぐいぐいと急坂を登っていきます。

実はその道の境目の端に古い鳥居があるんですが管理もされておらず苔むしっており、いい気持ちではなかったんであまり近づくのはよしていました。

56 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 03:16:45.23 ID:dnI/R+Dy0
鳥居を過ぎて、適度な悪路を楽しんだあと開けた場所で焚き火をしながら
お気に入りの豆を挽いて一服つけていました。

肌寒い晩秋の夜、焚火の火を眺めながらまったりしているといきなり背後から声をかけられました。
その時はホントにびっくりしたんですが、よく見ると 普通のおっさんって感じで、もしかしたら管理者かな・・・と思ったのですが

そのおっさんが一言
「その馬はぬしのか?」
と聞いてきました。
この時点でもう、「あ、人じゃない・・・」と直感していました。

しかし、答えない訳にもいかないので
「ええ、私のです。」
と返すと、
「近頃よくこのあたりで見かけるが何をしとる?」
と聞かれました。

私「この馬で山を走るのが好きなんです。」
と答えました。
するとそのおっさん(仮)は
「そうか、強そうな馬じゃな」と・・・
私「丈夫な馬ですよ。山好きの愛馬です。」
と答えました。
すると、
「ほう、山が好きか。主もか?」
と・・・。

57 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 03:25:58.57 ID:dnI/R+Dy0
私「好きですよ。里を離れ、山で飲む茶がうまいんですよ。」
その時にカップに注いでたコーヒーを差し出してみました。

すると、カップを手に取り
「こりゃ変わった茶だな、なんの茶だ?」
私は「国じゃあまり育たない豆から入れた茶です。舶来物です。」

その御仁はえらくコーヒーの味を気に入ったようで、もう一杯くれと言い出しました。 
豆を挽き、湯を注いで愛用のプレスで淹れました。

その作業をじーっと見ていたその御仁は、
「変わった入れ方をすんじゃなー・・・」
と不思議そうに眺めていました。

そして予備のシェラカップに注ぎ渡すと
「やはり旨い。これは欲しい。」
私は「もうあまり豆がない。またきた時にでも・・」
するとその御仁は、
「そうか、確かにこの冬は寒くなりそうじゃ。これを飲めば暖まるのぅ。また頂くとしよう。」
と言い、林道の方へ消えていきました。
私のシェラカップ持ったままw

58 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 03:27:29.96 ID:dnI/R+Dy0
翌週、友人がその山で練習したいというので2台で林道へ入りいつも横目に見る鳥居で一度止め、しばらく眺めてから奥へ・・・。

一通り遊んで日も暮れてきたので最後にコーヒーを沸かし、ポットに入れて鳥居前で一度停車。
持ってきてた紙コップ一杯にコーヒーを注ぎ鳥居の傍に置いておきました。

それから数ヶ月仕事が忙しく、なかなか走りに行けなかったのですが仕事が終わってから気晴らしにその林道へ。
もちろんいつものコーヒーセットを持って。

とりあえず鳥居はスルーしていつもの休憩ポイントで数時間焚き火をしコーヒーを楽しんだ後、鳥居前で停車し熱々のコーヒーをまた紙コップに注いで置いておきました。

その時にふと、鳥居の脇を見ると大量の栗が・・・。
一礼をし、栗をいただき下山。
その栗はとても甘く、栗ご飯にして美味しくいただきました。

翌日休みだったので、またその林道へ出向き、包んでおいた栗ご飯とコーヒーを置いて下山。
ちなみに昨日注いだカップの中身は空っぽでした。


59 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 03:28:55.94 ID:dnI/R+Dy0
その時、私のシェラカップも置いてありました。
別に高いものじゃなかったので一筆「お使いください」とメモ書きを残してそれにもコーヒーを注いで置きました。

雪が降ったらスノーアタックと称してまた走りに行くので、豆をたくさん買っていかなきゃ・・・。

オチはないですが怖いというより不思議な体験でした。

ちなみに鳥居の奥はちょっと開けた場所があったんですが小さな祠がありました。
苔むしってボロボロでしたが・・・。

連投スマソ。



いいなぁ~。
神棚にお供えするのは水や酒と決まってるけど、コーヒーも喜ばれるのかもw

by tanaka369 | 2013-12-26 21:36 | 神道に纏わる話

師走も終盤

いよいよ今年も残りわすか。
26日はまるっと休みなので掃除で一日が終わりそうw

f0168392_01382645.jpg

イブやクリスマスは管理人もタロさも仕事三昧でしたよ。
タロさには普通の恋人同士のクリスマスを過ごして欲しかったのだけど今年はムリでした…
ドンマイw

しかもイヴは夜勤でゆとり君と二人っきりの夜だったのだけど、うちのゆとり君は段取り悪いし頭固いしで使えなくて疲れたわ~。

翌クリスマスの朝はミニ反省会。

管理人「ゆーちゃん、キミの課題は段取りの悪さだね」←何度も苦言 しかもこれ以外に他にもある

ゆとり「はい。そうなんですよね」

それだけかいw
どこをどう改善すればいいのかわからんのだろうか。
私から見ればわからんとしか思えないんだよなぁ。

もう新人ではないのでとやかく指示するつもりはないのだが、次回は見本を見せてやろう。
私の動きをよくおけと。

管理人を頭悩ませているのはゆとり君の頭の固さ。
”自分がある”のは良いこと。だけど、それは夜勤の相方に迷惑かけず仕事がバリバリこなせるようになってからだから。

私だったら今回の仕事は仕事に入らんよ。
余裕余裕。

さて、仕事の愚痴はこれくらいにしておきタロさとの週末予定ですよ。

先週末はマズレを引きましてマズ麺を食らってしまったので(おいしいラーメン屋だったのに味がおちていたの…)、今週末は中華料理を食べにいこうかと♪

今年の〆の外食デートなので、おいしいといいな~。

あとは遅まきながらケーキ買って食べる予定ですよ。
どこで買おうかにゃ。
うまいの食べたいw

by tanaka369 | 2013-12-25 23:55 | 管理人の日常

10周年記念パーティーへ


日曜は管理人の長年の友人であり尊敬している女性の一人であるく~みんのサロン「アロマエンジェル」の10周年記念パーティーへ行ってきましたよ。

く~みんおめでとう!
く~みんはドレスアップしていてとても綺麗でした。^^

タロさは管理人の送迎係。
ありがとうタロさ!

会場にいらっしゃいました方々の殆どは知らないのだけど、皆さん気さくで楽しんできましたよ。ほっ。

ホテルではバイキング形式でごちそうを食べてきました。
当ブログの常連の皆さんはご存知ですが、管理人は大のお肉好き。
お肉いっぱい食べてきました~w

f0168392_15584975.jpg

色んなイベントもあり、あっという間に時間が過ぎお開きに。
たくさんお土産もらいました。
祝いに行ったのに色々もらってしまい恐縮でしたw

お写真はブリザードフラワーですよ。

f0168392_16035742.jpg


メッセージカードにも天使がっ。かわいい!
f0168392_16042274.jpg
タロさに見せたら目をそらしてやんのw
天使嫌いなタロさですw

優しい参加者の皆さん、とても温かい会場の雰囲気、清らかさに毒気抜かれてきた夜でした。

まぁ毒気は翌日すぐに復活しましたけどもw

これからも応援してますよ、く~みん。
私も愉しみながらがんばるぞ~♪

by tanaka369 | 2013-12-24 16:15 | 管理人のおでかけ

【傘寿】陛下、お誕生日おめでとうございます!

陛下の御言葉に思わず涙ぐんでしまった管理人です。
指で涙をぬぐうくらい感動してしまいました。

どうかいつまでも元気であらせますように…

八百万の神様、今後も両陛下へのご加護をお願い申し上げます。

f0168392_22315624.jpg

by tanaka369 | 2013-12-23 22:37 | ニュース色々

心理的瑕疵物件

心理的瑕疵(かし)物件 VS 女の子のお話。
逞しいなぁw
このお嬢さんだったらどんな物件でも住めると思うんだけど、見えちゃうとやっぱりうざいんだろうねぇ。



271 :1/2:2012/11/17(土) 22:14:44.91 ID:F2L/7MGh0

ちょっと見える体質の不動産業です。

内覧に来たご家族(ご夫婦と20位の娘さん)を案内した時の事。
別に事故物件ではないけど『出ちゃう家』。

目から上だけ床から出てる長い黒髪の女と、引き戸の隙間から出てくる腕がレギュラー面子。

2階にご案内した時に早速出やがった。
廊下の端で、顔半分女がこっち伺ってる。
俺チキンなんで、接客中に出るなよ嫌だなーとか思って、さりげなく女の顔と逆の壁に寄って壁材を売り込みしてみた。


272 :2/2:2012/11/17(土) 22:19:38.08 ID:F2L/7MGh0

そしたらご家族のお嬢さんが、半分出てる顔の方へずかずかっと行って、女の脳天辺りをドンドン踏む。

(゚Д゚`;)←こんな表情になって消える女。

「あ、すみません。床シッカリしてますね^^」とか言い出すお嬢さん。
絶対見えてるこの人。

引き戸のレールを這ってた腕は、お嬢さんの絶妙な引き戸テクで轢死。

居間の隅に佇んでた白っぽい人影は、物凄い凝視に後ずさり壁に消えうせた。

もう霊よりも、出てきたものを無言で全部撃退するお嬢さんが怖かったチキン俺。

いい相性だと思ったんだけどこの話はまとまらず、無害な霊たちは今日も無人の家の中をうろついている。
さっさと売れてくれないかなあの家。





by tanaka369 | 2013-12-20 14:15 | オカルト笑い話

地元の神社へ詫びに

用足しのついでに神社参拝をしてきました。
年始のご挨拶(初詣)が仕事で遅れるかもしれない旨をお詫びに。

有名どころの神社の初詣大行列が身に堪えるのでどうしても毎年ずれるんですが、お焚き上げ期間中には参拝したいものです。

境内の湧水。
前回参拝した時には止まっていたけど再開されていました。

f0168392_20004416.jpg
お次は境内の稲荷神社。
陶器のお狐さまがいらっしゃいます。
いつもお社の中を掃除したい気持ちに駆られるんですよね。
氏子とはいえ勝手にできないしねぇ…うーむ。

f0168392_20045767.jpg


もうすぐ年末だって気がしないなぁ。
あっという間に来て、あっという間に過ぎ去って行くような気がします。


by tanaka369 | 2013-12-19 20:13 | 神社参拝いろいろ

”見える人”の特徴

この世のものならざるものが見える人と見えない人とでは見た目が違うらしいですよw

ちょっとこれは笑えますね。
管理人にはソレがないのは確かだなw


218 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 14:50:34.00 ID:2zG+xh5F0

幼い頃から他人に見えないものが見えるという私を、母は心配していたらしい。
先日、母の知り合いの霊視の先生に診てもらう事になった。
家に来た先生は新種のポケモソ…じゃなくて、神々しい守護霊を連れていた。(茶色の木彫り?みたいなの)

折角なので質問することに。

「先生、私は他人に見えないものがみえるんです。どうしてですか?」
すると思いもよらないことを言われた。

「あなたの頭には触覚が生えてるの」


219 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 14:50:35.00 ID:2zG+xh5F0

先生曰く、私の頭には霊感アンテナという二本の触覚があるんだと。
なにそのバイキンマソ。

「これがないと霊は見えないのよ。ほら、わたしにもあるでしょ?一本」
そしてお前はドキンチャソか。

どうやら、霊が近くにいると触覚で感知して脳に信号を送り霊が見える、という仕掛けらしい。

確かに霊視は肉眼で見るというより頭で感じると言ったほうが合う気がするがショックだった。
触覚だけに。



しょ、触角wwwwww
なんだか新しいですね。

霊感アンテナか…なるほど!
オカルトはなかなか面白い世界ですね。

管理人は見えなくてもいいなぁ。
オカルト云々よりまず脳の病気疑いますから。
病院嫌いなので病気なんて嫌ですもん。

文中の触角なのですが、何故か管理人はかたつむりの触角を想像しましたよw
そういえば触角といえどどのような形状の触角だったのでしょうねぇ。
f0168392_23145354.jpg

by tanaka369 | 2013-12-18 23:17 | オカルト笑い話



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism