人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

<   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

毎週木曜のお楽しみ

毎週木曜は、ロス市警のドラマ「クローザー シーズン5」と「あしたのジョー2」Gyao!の無料配信日であります。

クローザーはロス市警重大犯罪課、CIA仕込みの尋問のプロ:ブレンダ・ジョンソンらが難事件に挑む一話完結型のドラマ。
面白くてのぅ。
めったにドラマは観ない管理人ですが、これは大好き!

あしたのジョーはいわずもがな名作中の名作。
2は力石徹の死後のジョーのお話ね。
むか~し観たけど殆ど忘れてるのでワクワクして観てます。

「夏目友人帳」シリーズも木曜にあったんですが、面白かったなぁ。
また全シリーズを配信してくれないかな~。
目頭が熱くなったこともありましたよ。

明日が楽しみ~w
by tanaka369 | 2012-02-29 20:51 | 管理人の日常

なんだってまたこんなところに髭が生えたのかは不明

管理人のぬこ様。
どこぞの飼い猫→ノラ猫経由で我が家に来た黒猫くっく(♀)。

夕食後ぼ~っとくっくを見ていたら、とんでもないところにお髭が生えているのを発見w

おわかりいただけるだろうか...
くっくの左横顔の真ん中にあるぽつんと白く長めのお髭が。
なんだってまたこんなところに髭が生えたのかは不明_f0168392_21382226.jpg

ちょいとひっぱってみたら明らかに皮膚から生えていて「なにすんの。やめて」と顔をしかめたので間違いない。お髭だわ。

若い頃はお髭も真っ黒だったんですけど、年取ったら白くなってしまいました。

ピンピンしているのでまだまだ長生きするっぽい。
うちの殿花(コザクラインコ♀)が死んでからめっぽう我儘お婆ちゃんにw

と申しますか、
年くって本来の性格が全開したのかもしれないな。
人間不信&どこか遠慮がちなぬこ様だったからかえって嬉しいですね。
by tanaka369 | 2012-02-28 21:47 | 管理人と動植物たち

童貞悪霊 vs 元レディース看護士

怖いんだか怖くないんだかわからないお話を拾ってきました。
....これでストックがあと一話だけにw

うちのタロさの体験話(オカルト系)は半端なく恐ろしいので、当ブログの趣旨には合わないんですよね。

当ブログでは面白くて笑えたりほっくりしたりするオカルト話を中心に載せたいのでなかなか見つからないのですよ。

今回のお話も脚色なり何なりあろうとも、ちょっと笑ったいいお話でした。

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 21:23 ID:cSOZPY28

いとこのねえちゃんが看護婦になったと聞いた時、本当にびっくりした。

ねえちゃんは中学の頃○市で顔の効く元レデ○ース幹部だった。
中学時代散々ぐれて無茶な走り方をし、警察から逃げていた時に派手に事故った時、優しくしてくれた看護婦さんに憧れて、どうにか入れた最下位高校で必死で勉強して看護専門に入ったらしい。

そして看護婦になれた。
毎日きつかった。
患者に逆切れしそうになったこと、先輩のいじめ。
それでもがんばった。

ある日、当直の時患者からナースコールが入った。

そこは個人用の、金持ちさんが入院する素敵な別室。
部屋に誰かがいるとのこと。
ものすごい苦しそうな声。

ねえちゃんはその頃、先輩からの理不尽ないじめでかなりカリカリしていた。
へこむ前に逆切れを抑えることで必死だった。

そして部屋に着いた。
ねえちゃんはみた。
うめく患者。
患者を見下ろす黒いコートを着た男。

「あなたなにやってんですか?面会時間はとっくにすぎてますよ!」

ねえちゃんはとりあえずそう言った。

すると男がゆっくり振り返った。

その顔は……鼻がそげおちて穴だけ。
目があるはずのところに、黒い大きなあなが空いている。
頭蓋骨にところどころ皮膚を貼ったような不自然な顔。



76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 21:24 ID:cSOZPY28

ねえちゃんはたちの悪いいたずらだと思ったらしい。
ねえちゃんはぶちきれた。

患者とぐるかよ。
あたしはつかれてんだ。
今だって疲れた体必死で動かしてだのなんだの、考えがまとまる前にねえちゃんはぶちきれた。

「おまえどこのもんじゃ!!そこでなにしとんねんわれ!! なんやねんその顔おまえなめてんのか?あぁ!?なんかいうてみぃ!」

骸骨顔の男は一瞬ひるんだらしい。

ねえちゃんはめちゃくちゃに怒り狂っていた。

ひきずりだしてやろうとその男の前まで行き、手をつかむとすり抜けたらしい。

そこで怖がればいいものを、ねえちゃんはさらにきれた。

その時にはねえちゃんも、一応この人はこの世のもんではないと認識はできたそうだが、怒りが止まらなかったらしい。

「おまえしんでんのか!なに未練もってさまよっとんねん!そんなんやからそんな顔になっとるんじゃ!鏡見てみろおまえきもすぎや!!」

その時、骸骨の彼は間違いなくはっきりと傷付いたように顔をさらに歪めたらしい。

とどめの一発、

「おまえ童貞やろ」

骸骨は下を向き、そしてすうっと溶けていくように消えたそうな。

患者から後でものすごく感謝されたらしいです。

ねえちゃんいわく、

「幽霊?そんなもんなんぼでもおるけど人間の方が怖いって。 そんなん気にしてたら看護婦やっとれんやろ」

とのことでした。

ねえちゃんのほうがこわい。
今ねえちゃんは看護婦を退職し、旦那さん(郵便局員)と幸せに暮らしております。

by tanaka369 | 2012-02-24 22:41 | オカルト笑い話

タロさ☆取り扱い書

先日タロさんちに泊まりに行ってきましたw

山形はまだまだ寒くてね、
人肌が心地良いったらありゃしません。

タロさのベッドは狭いうえに管理人の寝ぞうが悪いものだから、夜中にふと目覚めるとタロさが布団かけてくれてるの。

管理人はといえば朦朧としてるのでそのまま寝てしまうのよね。
でもちゃんと気づいてるんだ~。
タロさがお布団なおしてくれたってさ。

そんな優すいタロさに怒ったりすることもあって、
この前、軽くシカトしちゃったのね。

タロさ、平素を装ってたけど明らかに様子が違ってました。

心が停電したみたいに
栄養失調で衰弱したかのようになってました。

そうだった...

忘れてたけど彼女が怒ってるって、
タロさにとってとてもつらいことなんだっけ。

元カノとのトラウマがあったんだっけ。

人一倍さびしんぼだったんだっけ。

ある意味まっすぐな人だから心の衝撃も大きいんだっけ。

私、悪いことしちゃた...!!

怒りオーラ全開して黙り込むんじゃなくて、
ちゃんとタロさと会話しなくちゃ。

それからニッコリいつもの私に戻るんだ。
いつものようにタロさをねぎらうんだ。

管理人はというと、瞬時に我に返って「どうしよう!! 哀しい思いをさせてしまった...!!」と凄い後悔しまして、その後は手厚いフォローをしますたw

管理人はこれでもタロさには感謝してるしいつもありがたいと思ってるから、私もすんなり素直になれたんだと思います。

原因はたいしたことなかったですし。今思うと。
うん。マジたいしたことなかったわ。

最近余裕なくしてたのかなぁ。
by tanaka369 | 2012-02-21 22:16 | 節子&タロさの日記

家政婦はお狐様(非常勤)

管理人、お稲荷様やお狐様は好きですよ。

今では音信不通ですが、新興宗教にハマった知り合いから「稲荷って狐でしょ!? 動物霊だから低級」と悪霊呼ばわりで力説されました時は、お稲荷様がちょっと気の毒になったものです。

否定されていると受け止められてしまうおそれがあるので、お稲荷様の使いが狐であるわけで~云々と説明するのはやめておきましたけれども。

不毛な争いは疲れるのでイヤなの...

管理人は子供の頃、夏祭りもそうですが近所の神社などでよく遊んだりしたので神道は身近にありましたし、神道は他宗教にも寛容で血で血を洗う闘いの歴史もないですし結構好きなんですよ。

何かいいことあったり感謝したいことがあったら、散歩がてら近所の神社へお礼参りをしておりますw

管理人は幽霊も神も何か不思議なものを見たり聞いたりすることはないのですが、日本の神々は身近で気楽に接することのできる良き存在だなぁと思っております。



前置きが長くなりますた。
今日はお稲荷様の笑えるお話をうp。

ちょっと長いですが、お時間ある時にでもどうぞ♪
233 :本当にあった怖い名無し:2009/03/12(木) 11:12:10 ID:jJuJBpzV0

私の実家には、電話に出る『何か』がいる。
家に誰も居ないとき限定で、家の固定電話に電話をかけると『何か』が電話に出る。

それが、無言でもなくノイズでもなく、ごく普通に『はい(苗字)です』と、若い男性(印象としては20前後ぐらい)の声で。
で、『何か』に用事を頼むと、しっかりこなしていてくれる。

・お風呂沸かしておいて。
・○○の電源切り忘れたから切っておいて。
・何時になったら洗濯物を取り込んでおいて。

などなど、敷地内限定かつ、人に出会わないもの。(宅配受け取って、などはNG)

私が生まれたころからはじまったので、かれこれ数十年になるんだけど、いまだに『何か』は家にいるらしい。

この間ためしに「母に○○と伝言お願い」と頼んだら、母が帰宅したら、テーブルの上にメモ書きとして置かれていたそうな。



235 : 本当にあった怖い名無し 2009/03/12(木) 11:46:16 ID:A+ctKSNf0

>>233
すげえ便利で羨ましい。
晩御飯も作っておいてくれたりしてw



236 : 本当にあった怖い名無し:2009/03/12(木) 11:58:20 ID:jJuJBpzV0

>>235
「炊飯器のスイッチ入れておいて」と、「冷凍庫から物を出しておいて」、までならやってくれたことがある。
あんまり難しいことはできないようで。

はじめは「誰かの幽霊では?」となったんだが、該当するような若くして死んだ親戚なんかも全く居ない。
ある日を境に、稲荷さんではないかということで落ち着いた。



240 : 本当にあった怖い名無し 2009/03/12(木) 14:31:23 ID:mLWkiV8R0

>>233
ビデオカメラ設置しといて見てみたいw
実はすげえやばいもんかもしれないしな。
恩を売っておいて後から・・・



244: 本当にあった怖い名無し 2009/03/12(木) 16:55:41 ID:6MaENtwb0

>>233
『自分の自画像を書いておいて』『自分の名前を書いておいて』はだめなんでしょうね。
おもしろいなあ。

電話で『はい』と出るときの声は、嬉しそうとかめんどくさそうとかどんな調子で出るんだろう。
電話も何回コールくらいで出るのか、気になる。



245 :本当にあった怖い名無し:2009/03/12(木) 17:23:32 ID:jJuJBpzV0

>>240
一度、家族全員わざと留守にして、カメラ回してみたことがあったけど、そのときは電話にも出ないし、何も映うつらなかった。
気づいてるのかも。

>>244
祖母が生きてたころに、「いつもありがとうね、お土産かっていくけど何がいい?」と電話越しに聞いたら、
「油揚げがいいな」と言ったことがあって、それからうちでは稲荷さんということで解釈した。
近くに稲荷さんが実際にあるし、多少思い当たることもあったし

電話は2~3コールで出る。
普通に、ほんと知らない人が聞いたら、留守番してる奴がいるでしょ?と思うくらい普通に、『はい○○です。…ああ、わかった。じゃあ気をつけて』とか。

電話するときに、自画像描いてとか、名前教えてとか言ってみようかな、と思うと電話に出ないんだよね。
かなり鋭い相手。



246 : 本当にあった怖い名無し 2009/03/12(木) 17:35:52 ID:nz/2s942O

>>245
面白い!
ソレの存在を当たり前のように受け入れてる、あなたの一家も凄いなぁ。

出会い(?)のきっかけはなんだろうか?
さすがに最初は怖がっただろう…



248 : 本当にあった怖い名無し 2009/03/12(木) 17:45:34 ID:DKmuruQZO

>>245
ほんわかした話でいいね。
お土産はどうやって渡したの?



249: 本当にあった怖い名無し 2009/03/12(木) 18:07:59 ID:/uYdkx2i0

将来テレビ電話になったらどうなるかな?



250 :1/2:2009/03/12(木) 18:09:33 ID:6VwPuanu0

>>246
出会いのきっかけの前からになるけど、うちの実家の裏手には山があって、細いのぼり道を少しあがったところ(大人の足で5分もない程度)に、小さな稲荷さんがある。(小さい祠)

私がまだ生まれて間もないころに、風邪を引いたのか、高熱が何日か続いて、母親が寝ずの看病をしてくれていた。

疲れた母がほんの少しうとうとした1、2分の隙に、私が消えた。
家内を探しても居ない。
母と私以外で家に居たのは祖母のみ、でも祖母も見ていないと言う。

半狂乱で探すうち、家の裏手に回った母が、かすかに子供の声を聞きつけて山へ行くと、稲荷さんの祠の前に私が寝ていた。

そして熱がすっかり下がっていた。

まだハイハイどころか寝返りも打てない幼児が、どうやってそこまで移動したのか、誰かが連れて行ったのか、結局分からずじまいだった。



251 :2/2:2009/03/12(木) 18:10:07 ID:6VwPuanu0

時がたち、私が幼稚園の頃、用事で家族全員が留守にしたことがあった。

私は幼稚園へ、そして家には、近くに住む高校生の従兄弟が留守番に来てくれる手はず。

幼稚園が終わり、家へ電話すると、男性の声が応答したので従兄弟だと思い、今から帰宅すると伝えると、『おやつをテーブルに出しておくから気をつけて帰ってこい』と返事。

帰宅してみると、おやつの用意はしてあり、まだ熱いお茶まではいっている。

だが、従兄弟どころか誰も居ない。

従兄弟は、留守番の約束をすっかり忘れて遊びにいっていた。
実家には誰も居なかったはず。

では、あの電話の声は誰なのか?これが初めての出会い体験。

最初は、私が電話したとき限定だったので家族も半信半疑だったが、そのうち一人、また一人と同じ経験をした。

しばらくするうちに、「悪さをするわけじゃなし、あまり追求してもかわいそう」と判断して、誰も気にせず、見えない家族が増えたという認識でおちついた。

で、
・ある日、祖母がお土産いるかと聞いたら油揚げと答えた
・『はじめのうちは私限定だった』、『私を助けてくれたといえば裏山の稲荷さん』、という二つから、
もしかしたら稲荷さんじゃないか、ということになって今に至る。



252 :本当にあった怖い名無し:2009/03/12(木) 18:13:17 ID:6VwPuanu0

>>248
次に留守にするときに煮付けてテーブルの上に用意して、電話で「テーブルの上に油揚げ置いておいたからね、食べてね」と言っておいたら、帰宅する頃には完食して食器も洗っておいてあった

>>249
どうかなー



255 : 本当にあった怖い名無し 2009/03/12(木) 18:42:19 ID:mLWkiV8R0

>>245
みんな結構いい話な感じで言ってるけど、俺としてはすごい恐い話だ。
でももう馴れてるんだよね。
やっぱ最初は恐かった?



256: 本当にあった怖い名無し 2009/03/12(木) 19:10:47 ID:6MaENtwb0

>>252
「油揚げ食べてね」と電話で話したときには、『ありがとう』とか、『食べておくね』とかいったのかな。
あんまり追求するとかわいそうとおもえる貴女だから、その優しいきつねさんがいるんだろうな。
童話のごん狐も、貴女方一家が相手だったら良かったのにね。



262: 本当にあった怖い名無し 2009/03/12(木) 21:46:27 ID:7G9gtzW8O

代々とか、お祖母さんの小さい頃とかじゃなくて、>>252の赤ちゃんの頃からってのが珍しいね。
何か気に入られるような生まれだったりするのかな。
人間にはわかんないけど狐的に。
それにしても、熱いお茶淹れてあったり食器洗ってあったり、テラモエス。



264: 本当にあった怖い名無し 2009/03/12(木) 21:57:17 ID:I1bc6BGc0

お稲荷さまは、若いときには修行期間があるらしく、その間に行をこなして霊格をあげるのだとか。
伊勢の外宮近くにある、あこね稲荷さんは、そのような若いお稲荷さんが修行していると聞いたことがあるよ。

あと、若いお稲荷さんの他に、悪さをしていた野狐が送り込まれてくる事もあるとか。強制収用か?
252さんのとこのお稲荷さんかどうか分からないけど、
その方は『人の手助けをする行』を行っているんじゃないかなって、なんとなく思いました。

あと、神様は人に大切に祀ってもらうと格が上がるもののようなので、特に祀る必要はないかもですが、大切にしたのならきっと、ご家族の皆さんにとって良き存在へと昇格して行くものと思います。

我々のような凡人には、なかなか出来る縁じゃないですもんね。
少しうらやましいなぁ。
どうか大切にしてやってね。



266 :本当にあった怖い名無し :2009/03/12(木) 22:10:55 ID:1HLa2Y490

度々ID変わってて申し訳ない
>>233(ID:jJuJBpzV0)=>>250(ID:6VwPuanu0)=ID:1HLa2Y490です。
明日になったらただの名無しに戻ります、長々続けてすいません

>>255
私は小さかったんであまり恐怖感はなかったと思うけど、家族は最初のうちはちょっと気味悪かったみたい。

>>256
ちょっと照れくさそうに、『ありがとう、いただきます』と言ってたらしいです。

>>262
自分ではどういう縁があるのか全く分からないけど、やはり私に何かしら関係があるようで…
ちなみに、どうやら私の子供も助けてくれてるようです。
今は実家暮らしではないんだけど、それでも見守ってくれてるのかな、とちょっと嬉しく思ってます。

>>264
元は小さい質素な祠だけだったんですが、私の幼児期の熱が下がった一件の感謝で鳥居をたてて、私が結婚する少し前に、小さいけれど石屋さんに頼んで、狐さんの置物(狛犬みたいなやつ)を置かせてもらいました。
周りも少しだけ整地したんで、今じゃミニ神社みたいになってます。



===================



[ 4997 ]

お稲荷様は普通に人型の神様で使いが狐というだけ。
お稲荷様は、ものすごく適当に言うと豊穣の神様の集合体みたいなもので、色々な神様がまじりあって今では万能の御利益を持っているそうな。
キツネは農耕上利益のある動物だったから、山の神様の使い=豊穣の神様の使い=お稲荷様の使い という扱いで霊獣になった。でもそれ以前は、キツネそのものも山神の一種とされていたようだ。
魔物として扱われるようになったのは、仏教伝来の時にダキニ天の説話が伝わったためで、悪さをしたキツネが坊さんに退治されたというお話のテンプレはそこから来ている。
[ 2011/08/01 ] NO NAME ◆-

[ 5009 ] NO TITLE

イイハナシダナー(*´∀`*)
[ 2011/08/01 ] NO NAME ◆-

[ 7133 ] NO TITLE

執事が家にいるようでいいなぁ。
[ 2011/08/28 ] 名無しさん@ニュース2ちゃん ◆-


なんかほっくりきたwwww
by tanaka369 | 2012-02-17 23:55 | 稲荷神社並びに祠に纏わる話

不憫なタロさ...

チョコをおあずけされているタロさ。

歯ごたえ命のタロさにチョコ作ったんだけど、
タイミングが合わず渡せてないのですよw

14日、会う予定をいれてたけどタロさが急な遠出する仕事が入って会えず。
15日、タロさが仕事で遅いの確定(現在)。

タロさ、悶絶してますたw

昨日タロさからドタキャン電話が入った時はむしろ管理人が慰めてましたよ。

こういう時もあるってとかイライラすんなよと。

タロさが事故に遭ったり倒れたりしたわけではないのですから。
これが一番じゃない。

ドンマイ、ドンマイ。
気にすんな~w

ちなみに管理人の都合で次回会う予定がたてられない状況でござんすw
by tanaka369 | 2012-02-15 21:24 | 節子&タロさの日記

頼みごと

頼みごとを引き受けるのには抵抗ないのですが、自分が頼みごとをするのは、なんかこう、後ろめたさのようなモヤモヤがなきにしもあらず...

特に多忙な人に頼みごとをしなければならないのはとても気が重いでごわす。ぐすん...

でも、うちのタロさにはスイスイ言えるますわw

「タロさ、あれして?」
「うっほほ~い♪」

「タロさ、これして?」
「おお~ぅ♪」

こんな感じなので、気が楽なのですw
もちろん状況みてだけどねっ。

管理人も「タロさはいつも私によくしてくれる」という感動と感謝の気持ちがイヤでも出てくるので(笑)タロさの幸せや願いを叶えたいなとせっせとお世話するわけです。

タロさは管理人の耳かき&耳つぼマッサージ、ボディもみもみマッサージ、温熱器での温熱療法が大変お気に入りです。

でもタロさは自分からは頼まない傾向があります。

以前、なんでして欲しいって言わないのときいたら疲れさしたら悪いと思ってたみたい......なので、自主的にやってますw

毎回喜んでくれるので管理人も嬉しくなっちゃうんですよねw
by tanaka369 | 2012-02-13 21:11 | 管理人の日常

ハトマン

少年とある一羽の鳩との切ないお話を拾ってきました。
これは一応オカルトに入るのかな?

このレス主(当時少年)、
とても心が綺麗で優しい人なんだと思ったよ。

1 :1:2007/01/24(水) 23:01:59 ID:N1l6UaFK0

小学校のときの話だからちょっとうろ覚えなんだけど、赤裸々に語るわ。



5 :1:2007/01/24(水) 23:06:26 ID:N1l6UaFK0

家の庭に大きなビワの木が植わってるんだけど、そこによく鳥とか来るのね。
野良猫とかも沢山いて、よく鳥狙ってるの見たことある。

んで、小学校4年生くらいの時、どこからとも無くキジバトが飛んできた。

俺そこに来る鳥とか見るの好きだったから、キジバトがいるとずっと見てたんだけど、 見てて気付いたのは、そのキジバトがちょっとお馬鹿さんだったのね。

車が来ても道路でぼ~っとしてたり、なぜか飛ばないでテクテク歩いたり、猫がいても逆に近づくし・・・。
人間と同じで、鳥にも知的障害みたいのあんのかな~なんて思った。

っていうか、よくこんなに大きくなるまで生き延びてるなこのハト・・・って思った。



7 :1:2007/01/24(水) 23:12:23 ID:N1l6UaFK0

でほっとけなくなって、ずっと見てた。

次の日も次の日もずっとうちの庭周辺をうろちょろしてて、行動がいちいちはらはらさせるもんだから、 心配になって餌あげてみた。

そうしたら喜んで食べるし、しかも触っても逃げないし、俺そのキジバトに情が移っちゃった。

で、名前付けたんだけど、ハトマン。

動物は全部オスだと思ってた小学校時代なので、(ラッキーマンが好きだったのもある)ハトマンと呼び出した。

餌あげたらホントなついちゃって、家の庭にずっといるようになった。
でも交通量も結構多いし、野良猫も沢山いるしですっごく心配だった。



10 :1:2007/01/24(水) 23:16:42 ID:N1l6UaFK0

学校が終わったら即行かえってきてハトの様子見た。
普通の餌じゃなくて、図鑑で見たバードケーキ(ラードとか入れた高カロリーの餌)を作って食べさせたり、とにかく大好きだったのね。

ほとんど毎日ハトマンの様子を見るのに明け暮れてたね。
ペットとか飼ったこと無かったし結構夢中だった。

でも見れば見るほど頭の悪い鳥で、何回も車に轢かれそうになった。



13 :1:2007/01/24(水) 23:21:31 ID:N1l6UaFK0

んである日学校から帰ってくると、道端にものすごい量の羽が散らかってて、 キジバトの羽だったから嫌な予感して周り探してみた。

その日は見つけられなかったんだけど、次の日ハトマンがいて、よく見たら右足が無かった。

羽もぼろぼろで、きっと猫に襲われたところ逃げたんだろうと思った。

足がなくなってたのは何でか分からないけど、 近所の池で釣りしてる人の釣り糸に引っかかったんじゃないかと思う。

片足失って余計可哀想だったから、その次の日からは前よりもべったり見るようになった。



15 :1:2007/01/24(水) 23:26:47 ID:N1l6UaFK0

それからしばらくたって、びっくりしたんだけど、ハトマン雌だったらしく、つがいになってた。
オスはまともそうな奴で、毛並みも良くて立派なキジバトだった。
鳴き声もなんとなくたくましく、カッコイイやつだった。

でも二人とも馬鹿だったのは、野良猫のウロウロしてるビワの木に巣かけちゃったのね。

でも俺すごい嬉しくなって、その巣で雛が生まれるの今か今かと待ってたわけ。
双眼鏡も買ってきて(結構高くて紫外線カットのやつ)毎日巣の観察してた。

そしてしばらくしたら、巣から顔出したのよ。ヒナが2匹ね。
もっと沢山生まれるんだと思ってたけど2匹だった。



17 :1:2007/01/24(水) 23:34:16 ID:N1l6UaFK0

ハトマンのお腹の横からキーキー鳴いてて。
生まれたてはあんまし可愛くないな~なんて思いながらも結構嬉しくて見てた。

正直ここまで猫に襲われなかったのは奇跡だと思う。
俺もこのまま襲われること無く育てきるんだろうと漠然と思ってた。

でもそううまくいくはずもなくて、やっぱり近所の真っ白のでかい猫に襲われた。カワイイ首輪して獰猛な奴だ。
ヒナを一匹もってっちゃった。

ハトマンもその夫も一生懸命威嚇したんだけど、やっぱり駄目だった。
ハトマンなんかビッコ引きながら枝に登って猫威嚇してたんだ。片足無いし馬鹿なのに。

しかもハトマンずっと巣に座ってて、ずっと何も食べてないし、多分くるしかったんだと思う。
猫追い払おうとしてよろけて、根っこまでどさっと落ちちゃった。
その隙に猫がヒナを持ってちゃった。

俺も急いで外に出たんだけど、やっぱ駄目だった。
根っこのところに落ちてるハトマンの様子を見にいったんだけど、興奮状態で俺のこと追い払おうとしたよ。

俺は泣きながら布団の中に潜った。



19 :1:2007/01/24(水) 23:40:08 ID:N1l6UaFK0

んで次の日からさらに最悪だったのが、オスのほうがいなくなっちゃった。
どこかに逃げちゃったのか、それともどこかで死んじゃったのか分からないけど。

次の日からさっぱり餌を持ってこなくなってしまった。
ハトマンもそれが分かったらしく、残った一匹の雛のために餌を取りに出かけた。

残された雛のことが俺はいつも不安で、猫が来ないようにペットボトル置いたり、いたら大声で追い払ったり。
家の反対側に餌置いて気をそらしてみたり色々やった。

んで、しばらくたったころ事件が起こった。(ここからが本題です)



22 :1:2007/01/24(水) 23:45:28 ID:N1l6UaFK0

近所の駐車場みたいなところで、キジバトが車に轢かれてた。
もう死んでたと思う。よく見ると片足が無かった。

なぜかこれはハトマンだという確信があった。
何ヶ月も毎日見ていたからだと思う。

で、残された雛はどうすればいいんだと本気で悩んだ。
今もあの雛は、ハトマンが餌を加えて帰ってくるのを待ってる。

枕を涙と鼻水でびしょびしょにしながら夜じゅう泣いてた。

まだ庭の木には帰りを待ってる雛がいる・・・。
暗くて怖くて震えてるだろうな・・・。
考えれば考えるほど死にそうなほど心が苦しかった。

最初と比べると雛も大分大きくなって、もうほとんど大人のキジバトと変わりない大きさだった。



24 :1:2007/01/24(水) 23:50:44 ID:N1l6UaFK0

んで、次の日本当にびっくりしたんだけど、ハトマンが巣にいたのね。

ものすごく不思議な感覚だった。勘違いだったのか~~っていう安心よりも、ちょっと怖かった。

死んだはずなのに・・・っていう感覚。
なぜか自分が勘違いしていたとは全然思えず。
まるで幽霊を見てるみたいな感覚だった。

その後の子育ては順調に進み、雛も羽が生え変わって立派なハトになった。

俺はやっぱりその成長が嬉しく、猫も追い払えてよかったとすごい思った。

んで、巣立ちって奴かな?雛が巣から出て、枝から枝に飛び移りながら飛ぶ練習とか始めた。

そうしたら、いつの間にかハトマンはいなくなってて、巣の雛は大空に飛び立っていった。



26 :1:2007/01/24(水) 23:56:09 ID:N1l6UaFK0

次の日、母さんに「雛巣立ってったよ~~」って言ったのね。

そしたら母親が「意味が分からない・・・」みたいな顔して、「え??」って聞いてきた。

「だから、ハトマンが無事に雛を育てきったんだよ」って言い直すと、

「何言ってるの?親のハトはもう死んじゃったんでしょ?」と母が言ってきた。

俺もイライラして、「忘れちゃったの? ハトマンは生きてて、あの雛を育てたんじゃん!」って言ったのね。

そしたら母親がちょっと不気味そうな顔で、俺を見下ろしてこういった。

「あの雛を育てたのは、あんたじゃない・・・」

そう言うと母親は、部屋の隅を指さした。
そこには鳥を飼育するための大量の餌と本。

本なんか15冊くらい積み重なっていて、全部ぼろぼろ。

餌はあまりまくって、業務用の鳥の餌が腐るほどあった。



28 :1:2007/01/25(木) 00:03:39 ID:N1l6UaFK0

全然思い出せないんだけど、ハトマンが死んでいた日から、人間が変わっちゃったように雛を育てたらしい。俺。

まるで何かに取り付かれてるみたいに。

学校も全く行かず、ハトの雛にべったりだったらしい。

母親は反対していたらしいが、俺があんまり涙を流して懇願するので、雛を育てるのを了承したとのこと。

餌や本にかかった金も半端じゃないらしい。

気付いたら俺めっちゃ痩せてて、5キロくらい体重堕ちて、栄養失調状態だった。

今思えば、あの時ハトマンはやっぱり死んでいたんだと思う。
ハトマンの霊が俺に乗り移って、子育てをしたんじゃないかと思う。



32 :1:2007/01/25(木) 00:10:33 ID:pxKdvj/S0

最近その時の夢をよく見るようになった。
もう10年以上経つのにいまさらだけど。

その時必死で子育てをしていた気持ちが、ものすごい爆発的に体験する。

夢の中で俺は、輝く雛がものすごく愛おしくて、他の何も考えられない。

自分はどうなっても、この子を育てる・・・何をしてでも・・・
足の感覚が片方無い。

本当に感情がボンボン核爆発してる感じ、朝起きると毎日号泣してる。

何かを絶対的に守らなければならないという感覚・・・
これが母性本能ってやつだと思う。

俺は人間♂だけど、ハトの♀の気持ちを夢の中で体験してる。

夢は単なる夢だけど、その感情は本物だと思う。

俺が生きているうちに絶対体験できないことをこんなに体験できて、今は幸せだと思ってる。

でも最近その夢あんまし見すぎて、朝起きるとしばらく放心状態・・・
ちょっとさすがに困ってきたので、ここに書きました。



33 :1:2007/01/25(木) 00:11:45 ID:pxKdvj/S0

オシマイ


管理人は、路上で傷ついて死んだ鳩、駐車場で死んでた鳩を埋葬してことがありますよ。
交通事故で路上で死んでた猫も一匹。

さらしものになってるのがしのびなくてのぅ...

猫の死骸を埋めてたら、一匹のちょっと大きめの子猫が木の陰からこちらを覗いてました。

気の毒になって、

「キミのお母さんは死んだんだよ。
 だからこうして埋めてるんだよ」

と一応説明してみた。
もちろん反応なしw

最後に

「一緒にくるか」

と言ってちょっと近寄ったらパッとどこかに逃げて行きました。
この時点で飼うつもりだったんだけど。

やはり根っからのノラは人に懐かないのね。
たぶんこのコ飢えて死ぬかもって思ったけど、どうしようもないわな...

その後、鏡みたら驚愕しましたよ。
腕や上半身の服が猫の血ですごかったす。

人気のない夜の出来事で良かったですよ...
by tanaka369 | 2012-02-12 09:00 | グッときたイイ話

小鳥はお好きですか

鳥類萌えな管理人であります。

モフモフお尻の香ばしいフェロモン。
ポカポカあたたかいモフモフ羽毛。
神の芸術品ともいえるボディの意匠。
くりっとしたつぶらな瞳。
精一杯愛情を注ぐいじらしさ。

もう。
最高です。

変態と呼ばれてもいい。

モフモフ羽毛に鼻をつっこんで
くんかくんかしたい...


悩殺セキセイインコたん。
小鳥はお好きですか_f0168392_225915.jpg

麗しのオギナインコ様。
小鳥はお好きですか_f0168392_2322936.jpg

萌え死ぬレベル...
小鳥はお好きですか_f0168392_2333493.jpg

最後に、管理人の娘である今は亡きコザクラインコの殿花(でんか)。
手にお尻の羽毛があたってるでしょ。
さりげなく感触を堪能しているのですw
小鳥はお好きですか_f0168392_2362795.jpg

また死別があると思うと踏み切れないものがありますなぁ。
by tanaka369 | 2012-02-10 23:11 | 管理人と動植物たち

徳パワ無双

思わず目頭が熱くなったイイ話を拾ってきました。
心が洗われますなぁ...

819 :本当にあった怖い名無し:2012/01/24(火) 15:06:40.52 ID:pEjtPoTe0

始めまして。まとめサイト見てたら、うちの母方ばーちゃんの事を思い出したので長文失礼します。

このばーちゃんはまじない師の家系だったとかで、よく帯状疱疹とかも治していたらしい。
とにかく信心深い人で、人がいい。
「嫌なことをされたら、その人にいい事で返しなさい」と言って、それを実行するくらいいい人。

不思議話1

貧乏だった祖母の家に物乞いの人が来た。
なけなしの米をあげたけど、「もっと何かあれば…」と祖母は悔やんでいた。
そこへ、東京に出稼ぎに行っている息子から、こっちじゃ手に入らないようなお菓子が送ってきた。
祖母は喜んで、息子達に「追いかけていってこれを渡して」と頼んだ。
大きな楠の下に物乞いの人が丁度休んでいて、無事お菓子を渡すことが出来た。
その人は大変感謝しながら去っていったそう。

それからしばらくして、大雨で土砂崩れがおきた。
奇跡的に家は助かり、村の人たちが屋根の修理を手伝いに来てくれていた。
でも井戸は泥水だらけになってしまい、お茶を出せない。
祖母は困って、どこか綺麗な流れはないかと山を下っていったが、泥水だらけ。
そして大きな楠まできたら、なんとその下から綺麗な水が滾々と湧き出ていたそう。
「ありがたい」と汲んで帰って、お茶を出す事が出来たそうだ。

偶然かもしれないが、場所が物乞いさんにお菓子を渡したところ、というのが面白いと思った。



820 :本当にあった怖い名無し:2012/01/24(火) 15:21:13.54 ID:pEjtPoTe0

不思議話2

山から町に下りてきて生活を始めた祖母家族。
ある日大火事が起きた。
火の手が近所まで迫り、祖母の家も燃えてしまう…!と思った瞬間、風が逆方向に強く吹き始め、家はまったく燃えなかった。近所の家は全焼。
その光景は町の人たち皆が高台から見ており、「神風がふいた」「祖母さんは信心深いから、神様が助けてくれたんだ」と言われたそう。


大きな話はこの二つ。

祖母の不思議な力は、母と娘の私達に微力ながらも受け継がれている。

育てる植物や周りの木々が大きくなる。
これで祖母は、食料難の時にも子供達を飢えさせることがなかったそう。
母の育てる野菜はことごとく巨大化する。

母はお金に困ると数字の夢を見て、そのパチンコの台に座ったら大勝する。
前にそっち関係の人に見てもらったら、
「あなたのお母さん(祖母)は大変徳の高い方で、大きな力で守られている」と言われたらしい。

祖母の墓参りに行くと、どんな大雨降っていても止みはじめ、墓の周りだけ空にポッカリ穴があいて晴れ間が覗くんだ。
とても優しい人だったから、ほんとうに仏様になったのかもしれない。



823 :本当にあった怖い名無し:2012/01/24(火) 19:58:30.75 ID:oo/amypiO

ええ話や…
きっと、信心深さだけでなく、お婆様の人柄もあって神様に愛された(?)のでしょうね。
少し心が洗われました。

ところで、お婆様は信心深かったそうですが、何をされていたんですか?
身近に信心深い人がいないのでピンときません。



824 :本当にあった怖い名無し:2012/01/24(火) 21:33:02.98 ID:pEjtPoTe0

レスありがとうございます。
本当に、どんなに意地悪をする人にも優しくする人で、意地悪な人が「もういい、ごめんなさい」と音を上げるような人だったとか。

好かれていたのは神様だけでなく、動物にも、町の人たちからも愛され、お葬式には人で溢れ帰っていました。
お坊さんとも懇意で、お坊さんは何度も「あんな素晴らしい人は居ない」と、泣きながらおっしゃって下さいました。

死に方も見事で、朝花の手入れをして、近所の方に挨拶して、おかずを頂き、それを食べて、 布団を干してこたつに入り、ポックリ逝ったそうです。
まったく苦しんだ形跡は無かったそう。
自分で干したふかふかの布団に寝かせられて、穏やかな顔だったらしい。

>>823
先祖から信心している神様だったようです。神棚にはいつもお神酒とご飯が供えられていました。

祖父は熊本の名家の出身らしく、そちらの神様も大切にしていて、 お盆になると、小皿に6品くらいのおかず(?)が綺麗に盛られて供えられていました。
かと思えば地元のお寺とも懇意で、兎に角そういうものは区別なく敬う人だったようです。

個人的に信心というのは、信仰する対象よりも、信仰する心が大切なのではと思います。
下心で大切にするのではなく、見えない大きな力に対して感謝し、敬う心。

私は無宗教でむしろ宗教アレルギーですが、あの信仰心だけは美しいと思いました。



825 :本当にあった怖い名無し:2012/01/24(火) 22:18:55.02 ID:6NIwSwu60

神がギャンブルで勝たせたり
数字見せへんで
狐の仕業やで
畜生界に引っ張られるで
真言宗の寺行って引っ張り返せや
何千年もいくで
はよう



827 :本当にあった怖い名無し:2012/01/24(火) 23:03:26.47 ID:U9Zsbmtu0

狐じゃなかったら蛇だと思う。
畜生の神様は、ギャンブルとかで勝つ金額が大きくなると、そのぶんの見返りも大きくしないと怒りまくる。



828 :本当にあった怖い名無し:2012/01/24(火) 23:26:10.09 ID:pEjtPoTe0

私は多少蛇と因縁があるのですが、母は違うと思います。辰年ですがw
人の為にお金が欲しいと思ったときだけ夢で見るそうです。
私欲に走ると絶対に負けるそう。

見返り云々は怖いですね。
でも自分の事よりも人にお金を使う人なので、何となく徳パワーじゃないかな、と思っています

父は憑依体質というか、すぐに拾ってきては夜にうなされる人だったんですが、 母がペシっと胸あたりを払うと、すぐ止んだそうです。
そして引っ越したら父は大丈夫になりました。

変な両親で、当たり前のように変な現象ばかりだったので、大人になるまでオカルト話が苦手でした。
初めてオカ板来たんですが、皆さん博識ですね!勉強になります。



=======================



[ 19345 ] NO TITLE

この投稿者、嫌な絡みスレに過剰反応しないで、大人で柔和な対応だな。
きっと、ご祖母様に似たんだろう。


ちなみに最近、地元の氏神様らに助けられた気がしてならない...
近々お礼参りしようかな。
by tanaka369 | 2012-02-09 21:39 | グッときたイイ話



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism