人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

カテゴリ:稲荷神社並びに祠に纏わる話( 19 )

何となく寄り添うお狐様

久しぶりに稲荷神社に纏わるお話を見つけたのでコピペ。
管理人、いいな~いいな~と羨ましく思う限りです。
何となく寄り添うお狐様_f0168392_21513727.jpg
(ゲスト:流し目の狛狐さまw)

42 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2015/05/03(日) 03:24:00.09 ID:G8/GcTjL.net

昨日友人から聞いた話。
長い上にもろオカルト入ってて怪しいんで、苦手な人注意な。

友人のジョン(仮名)は信仰心の強い南部生まれで、ジョンの実家も当然熱心なキリスト教徒。
週に一度の礼拝は家族みんなで行き、欠かしたことがない。
でもジョンだけはこの礼拝が苦手だった。
何故かというと、『上の方から見られてる』から。
教会の天井よりもっとずっと上、えらい高いとこから誰かがこっちをじいっと見てるのがわかる。
それもえらく威圧的で厳しくて、見張られてるように感じてやたら緊張したそうだ。
やたら厳しい教師とか警官とかに、じっと見つめられてる居心地の悪さを10倍にしたくらいの視線が、終始上から降り注いできて、恐くて恐くてたまらない。
両親に相談もして、カウンセラーなんかにも通ったけど効果無し、大きくなってもまだ感じる。
必然的に教会から足が遠のいて、逃げるように故郷を出て、無神論者みたく振る舞ってきた。

そんなジョンが仕事の都合で日本にやってきた。
早めに打ち合わせも終わって、時間が空いたのでせっかくだからと近所を散策したら、緑に囲まれた公園らしい場所がある。
湿気の多い日本の夏に大汗をかきながら、一休みしようと目に付いた木陰のベンチに腰を下ろす。


43 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2015/05/03(日) 03:24:41.49 ID:G8/GcTjL.net

すると、ふっと涼しい風が吹いてきた。
ああ気持ちいいなと目を閉じた瞬間、感じたそうだ。
横に、何かがいる。
なにかでっかくて、ゆったりと呼吸している動物みたいな気配を感じる。
こちらを意識しているらしいけど視線を向けるでもなく、のんびりと寝そべっているようなリラックスした気配。
ジョンが言うには、すごくでっかい犬を連想したらしい。
『教会の上』にいたものと、似てるけど異なるなにか。
あっちは同じ場所にいるとじっとり汗が出てくるほど緊張するのに、こっちのなにかはえらくのんびりしていて、まったく恐く感じない。
自分を睨んでくるでもなく、ただ横にいて、「暑いだろ。まあ休んで行けよ」とばかりに涼しい風がそっちから吹いてくる。
あっという間に汗が引いて、目を開けると、そこには小さな建物があった。
建物の左右に石で出来たトーテムが建ってて、白い獣がこっちを向いていた。
そう、御稲荷様の神社だったんだな。
ジョンはもう青天の霹靂みたいな気持ちで、人生がひっくり返ったような衝撃を受けたそうだ。

「冷たく厳しく睨んでくる奴ばっかりだと思ってたら、優しくのんびり寄り添ってくれるものに出会った。
 まるでお高く止まって無くて、よそ者の僕を昔から知ってる友人みたいに歓迎してくれたんだ。
 そんなの好きにならずにいられないよ」

ジョンはそれからほどなく再来日して、今も日本に住んでいる。
大きな休みが取れると、各地の神社仏閣を廻る彼。
まだ一度として、この国では『厳しいもの』に会ったことが無いそうな。


この外国人の方だから寄り添ったのか、それとも普通にあることなのか。
そこんとこ詳しく!

by tanaka369 | 2016-06-16 22:03 | 稲荷神社並びに祠に纏わる話

島津家の稲荷信仰 ~白狐と赤狐の活躍~

今夜は稲荷信仰に篤い島津家に纏わるお狐さまのお話をコピペ。
島津家の稲荷信仰 ~白狐と赤狐の活躍~_f0168392_21070185.jpg
こういったお話は各地にあると思います。

戦ではありませんが、管理人が大好きな山形県上山市の栗川稲荷神社もお狐さまの守護を受けたのをきっかけに創建されたはず。

稲荷のお狐さまってアグレッシブかつエキサイティングですよね。


737: 本当にあった怖い名無し 2013/01/03(木) 16:56:17.00 ID:nPFiab6mO
もひとつ、転載

126 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/29(水) 16:31:29 ID:VmuoeKUA
島津で狐ということでこんな逸話を。
義弘・忠恒親子が朝鮮の役で明の大軍を迎え撃ったときのこと。
いざ敵を迎え撃たんという時に、親子が篭る泗川の新塞から白い狐が現れ、敵中に駆け入るや風を起こし雨を降らせ、様々な奇瑞を起こして敵を混乱に陥れた。

ありがたやありがたやと親子で拝んでいると、今度は赤い狐が現れて敵方の城へ駆けていった。
実は敵方の火薬庫爆破の使命を帯びた決死隊の佐竹、瀬戸口、市来の3人が城の付近に潜伏していたのだが、
この狐に驚きつつも導かれるままに着いていったところ無事に火薬庫にたどり着く事が出来た。
火薬庫の爆発によって生じた混乱を逃すことなく、
『朝鮮の方扉』と呼ばれる大勝利を得た義弘だが、後に戦場を見て回っていると矢を射られて死んだ白狐と火傷を負って死んだ赤狐の遺体を見つけた。

義弘は「この狐達こそ我が軍に勝利を導いた霊狐に相違ない」
と、先に戦死した決死隊の三名とともにこの狐達を帰国後に市来郷の稲荷神社に祀ることにした。
このことを伝え聞いた国元の義久も「戦場へお稲荷様語出現の様子承り奇特神妙に候」と書状を義弘親子に送り、京都と鹿児島のお稲荷様へお礼に詣でたという。
猫に時間を教えてもらった話は有名だけど
狐もいろいろ助けてくれたんだよ!というお話。

猫神神社もいいけど鹿児島にお越しの際は稲荷神社にもお越しください

738: 本当にあった怖い名無し 2013/01/03(木) 16:56:18.00 ID:nPFiab6mO
このように、島津家にとって狐は守護獣とされ、兜のど真ん中に狐像をつけるくらい(狐、島津で検索したら出る)
私の家系は島津家に仕えた学者で、稲荷信仰を続けていたが、祖母と父は止めていた
ひょんな切っ掛けで、何も知らなかった私が信仰再開。血のプログラミング怖い



最後のレスwwww

管理人の場合はですが、何がきっかけでこんなに神社や祠、稲荷神社に興味津津になったのかは覚えていないんですよね。

気づいたら大好きになってた…

神社が”地上の太陽”または”地上の月”のように温かく輝いて見えたんですよね。

by tanaka369 | 2016-02-06 21:07 | 稲荷神社並びに祠に纏わる話

稲荷神社の勧請について裏体験談

勧請(かんじょう)とは、例えば伏見稲荷大社などより分霊を頂戴し他の土地で祀ること。
先々の代まで手厚く祀ることができれば良いのですがそうとは限らない場合も。

今回は勧請の後のお話。
伏見に帰りたいというお狐さまの願いを叶えるべく奔走した投稿主の体験談です。

神域の方々のルールは薄々感じていましたが、実に気に毒な話でした…
稲荷神社の勧請について裏体験談_f0168392_20260742.jpg


165 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/03(木) 16:49:18.28 ID:Pj8YFNbI0.net

ここで話してもいいのかな。去年の話なんだけど。

うちの祖父さん(祖父さんは婿養子で実家を出てる)の実家の山に伏見から借りてるお稲荷さんの祠があって、でも祖父さんの家の人たちはみんな神様とか信じない人たちだから、祠にお供えどころか祠までの道が荒れ放題っていう状況で。

自分の祖母さんが異常に信心深いのと、母さんが信心深くはないけど霊感みたいなものが強いおかげで自分はお稲荷さんの存在を知ってたし、祖父さんの家の墓参りついでにいつも参ってたんだ。

母が言うに、お稲荷さんは長いことずっと「伏見に帰りたい」って言っていたらしい。

だけど祖父母は離婚してるから祖母さんは「○○(祖父)家のことはあたしには関係ない」って取り合ってくれないし、祖父さんに相談しても何が神様だって笑われておしまいだし。

実家も祠も山の中過ぎて祖父さんの車に乗せてもらわないと行けないのに、祖父さんが年で車の運転ができなくなってしまった。

だから、最後のお参りの時に母さんがお稲荷さんに「もうここには来れない」ってお稲荷さんに言ったんだそうだ。

自分だけはそんなこと知りもしなかったから、無邪気にいつかお稲荷さんを伏見に返してあげたいって思ってた。




166 :165@\(^o^)/:2014/07/03(木) 16:58:47.50 ID:Pj8YFNbI0.net

それから5年くらいして独り暮らしも始めて、あるとき祖母さんが京都に旅行に行くっていうからそれにくっついて伏見に行くことにした。

その時に自分じゃ全然気が付かなかったけどずっと自分のそばにいたらしいお稲荷さんが、電話越しに母さんの方に行って、母さんがいわゆる「狐憑き」状態になった。

狐憑きで実際に何がどうなったのかは母さんは人に弱みを見せるのが嫌いなせいでよくわからないんだが、
1日中涙が止まらなくて、「たすけて」ってお稲荷さんの言葉が絞り出すように口から出た、らしい。

祖父さんの親族は神様なんて信じないし、祖母さんは他人事だし、母さんはもうここには来られないって諦めてしまった。

もうこのお稲荷さんを助けてあげたいと思っているのは世界中であんただけなんだよ、って母さんに言われた。

神様が泣くっていったいどんな惨事だよ、って思いながら、その話聞いてものすごい使命感に駆られてどうやったらお稲荷さんを伏見に返すことができるのか色々調べて、何とかお稲荷さんを伏見に返すことができた。

お稲荷さんを伏見に返す瞬間、物凄い号泣してた。

今まで祖父さんたちの家族を見守ってくれてありがとう、って、そういう気持ちで送り出したかったんだけど、
個人的な感情ではこの人(?)はもう自分と縁のあるお稲荷さんじゃなくなっちゃうんだな、ってすごい寂しかったな。

本当はもっといろいろあったんだけど簡単にまとめるとこんな話。

うちのお稲荷さんを返せたのはすごくよかったんだけど、これを思うと、どこかの地方の田舎の山奥とかで忘れられて祟り神になっちゃってるお稲荷さんってもしかしたらいるんじゃないかって、ちょっと怖い。




167 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/03(木) 18:08:00.95 ID:NzJV2dwxO.net

>>166
読みながら涙があふれてしまったよ…
放置なのが悲しいんじゃなく、誰からも信じられない、必要とされないのが一番ツラい気がする
帰りたいのに契約(?)で縛られ帰れないなんて、狐さん可哀想過ぎる…

あなたが願いを叶えてあげて良かった。家を守る役目は終わっても、あなたとの縁はずっと繋がり続けると思う

ほんと、あちこちの放置社から御霊返し出来たらね…




168 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/04(金) 08:21:35.63 ID:1NzBgax+0.net

へー興味深いお話ありがとう
「自分では帰れない」って本当なんだね
人間にできないあれこれができるのに、世話してくれなってつらいのに勝手に帰る
のは不可っていう、ようわからん神様界のルール

それにしても稲荷神にも性格の違いがあるんかね
荒々しいのだと関係者がヒドイことになるらしいじゃん
それに比べたらなんて温和な神様だ
あと、電話で移ったっておもしろい

しかし勧請は本当によほどの覚悟が必要なんだね
なにが起こるかわからない無常の世の中、社会はどんどん核家族化、経済不況で 結婚すらできない人も増え、一方で科学万能で信仰心の全体的な衰退化

今困ってる派遣先の神様方も勧請した方も、当時はまさかこんな風になるとは考えもしなかっただろうしねえ




169 :165:2014/07/04(金) 13:44:09.99 ID:srlW4gb6X

>>167
ありがとう、身近にこんな話できる人がいないから、受け入れてもらえてすごくほっとしたよ。

神様なんているわけないだろうって言ってた祖父さんも、後から話を聞けば小さい頃は兄弟達と山で遊んでる時に祠の前を通ればお辞儀とか、軽く拝むとかしてたって聞いた。

そんな子供たちが大人になるにつれて、どんどん忘れられていくのが身に染みて感じられたのかもしれないなあ

>>168
こちらこそ読んでくれてありがとう
本当に簡素に書いたから、「ん?」って思ってくれた部分にも全部理由があると思う
神様界のルールはほんまによくわからん

>稲荷神の性格の違い
これはどうかわからない。うちのお稲荷さんも元はもっともっと気性の荒い人だったっぽい。
あんまり教えてもらえてないけど、母が小さい頃から守ってやってるのにお礼もないとは何事だっていうのはあったらしい。

母曰く、あんなにしおらしくなってしまったのは、あのお稲荷さんが助けを求めるべき場所、家がうちではないことをお稲荷さんがよく理解していたからで
(祖父は婿養子で実家出て弟さんが家継いでるし、当方祖父母も離婚してるし)
それでもうちにしかわかってくれる人がいないから
だからあんなに控えめに助けを求めてたのかもしれない。

わたしも地域の人にきちんと信仰されてるお稲荷さんに遊ばれたことがある(笑)から、
お稲荷さんって基本的に気性が荒いんじゃないかな。

>電話で移る
霊的なものは基本的に電波に乗れる。電話とか、テレビとか




170 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/04(金) 16:12:44.49 ID:A+zvkYsX0.net

>>165
私も、母の実家のお稲荷さんのお世話を叔父に頼まれていたんだけど親戚に阻まれてできなくなってしまった。

一緒にお祀りしてたご先祖様が 夜な夜な夢にでて来たよ。
ご先祖様が「お屋形様のところに戻してくれ」
というときに、ドンと丸に十字の家紋が出て来たので必死で調べて鹿児島稲荷神社にお返ししました。

自分じゃ動けなくて、母や親戚にお願いしたんだけど、無事にすんで安心しています。



171 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/04(金) 19:09:46.88 ID:7XlSwsijO.net
>>170

おお、島津の殿様の家来だったのかな?うちもそうなんです(かなり下級だけど)
島津と稲荷は縁がありまくりだもんね。

お返し出来て良かった良かった と、思う反面、長年派遣先から帰ってきた狐さんたちに居場所あるのかなぁ
こんなに祭られなくなってしまって、仕事ない狐さんたち多いのかな…


by tanaka369 | 2016-01-13 20:46 | 稲荷神社並びに祠に纏わる話

「よっしゃ、オイラに任せろっ!」 by 稲荷の祠

今夜は九州地方の方が体験した稲荷の祠に纏わるいい話をば。
ほっこりしますたぁ…

己の成すものが世の為・人の為となるように。
これは神々の眷属の皆様も本質の部分での人の人生にとっても同じ願いなのです。
「よっしゃ、オイラに任せろっ!」 by 稲荷の祠_f0168392_22343953.jpg
今年新年の御挨拶として参拝しました管理人の慕う”ぼっち祠”にもお願い事してみようかなとちょっと思いましたw

今年の参拝は「私共をいつもお守り頂き有難うございました。今後も宜しくお願いいたします」としか祈ってないですし。

管理人が思うに”ぼっち祠”さんは稲荷の祠だと思うんですよね。
鎮座するその土地は昔は田んぼばっかだったし。
玉ねぎ型の穴(火炎のマーク)があるし。
石造りではあるのですが全体的に赤っぽいし。
いつか知る事ができれば嬉しいです。

以下がコピペですよ。
少々長文ですが、是非。


18: 本当にあった怖い名無し 2014/03/12(水) 22:44:24.23 ID:cKb1TY8a0
旧暦初午の日だから記念で実体験カキコ@九州

うちの近所に小さなお稲荷さんの祠があってよくバスの窓ごしとかから 見えたら心の中で挨拶してた。
で、去年のある日、出雲大社の遷宮ムードに感染しちゃって行きたくなって予約手配かけたものの、高速バス満席で延々機会がなさそうな状況。
翌日半べそ気分でまたバス越しに見えるお稲荷さんへ
「出雲行きたいよぅぅ( TДT)」と心の中で挨拶後に念じて見ると、その夜にまさかの他の予約者からのキャンセル発生⇒速攻予約OK!に。

浮かれて現地入りして松江に宿泊。
松江城にもかわいいお稲荷さんな神社があって(小泉八雲さんのお気に入りスポットだとか)、そこに「どこどこから近所のお稲荷さんのご尽力でここに来れて嬉しぃー!お稲荷さんダイスキー!!」
とニコニコとご挨拶して感謝していざ観光へ。
すると出雲って10月雨ばかりらしいのに、おっそろしいほどピーカンに。
おまけにどこへいっても「神様のお渡り」(雲間から日の光がいくつもビーム状に美麗に射してる状況)が。
どこもかしこもキラキラ光が差し込んでて美麗すぎて感動感激しまくりでした。

19: 本当にあった怖い名無し 2014/03/12(水) 22:45:25.12 ID:cKb1TY8a0
<初午の日記念・続き>
で、年明け。仕事先でつい慌てて階段踏み外し、左腕を強烈打撲⇒で、骨折。
ああ、自分のヘマで会社人生もうこれで終わった、、と思いつつ、事故二日目にして病院に行く前に寄った、近所の鎮守神社のお稲荷さん。
思えば就職活動中、今の会社に受からせてもらえたのもここに祈ってすぐだったなー、と脳裏に浮かんで泣けてきつつ、治癒祈願+就活再び頑張る祈願して、ひいてみた
ご神託=おみくじに、「病気: 安心しなさい 治る」とあった。
で、泣けて泣けて・・。その後行った病院での、レントゲンでの診断結果は「骨ずれてないから完治早いよ。ヒビが入っただけだから安静に。」と言われた。

思えばそれまで仕事人間してて体ボロボロ、特に胃とかボロボロだったけど、この骨折での自宅療養でだいぶ普通の人間並みの体調に戻れてる。
睡眠も久々しっかり取れてていい感じ。
そんな療養中な中、またのんびりお稲荷さんにご挨拶に行ったらば、初牛でぜんざい振る舞ってた。
稲荷ずしじゃないんだ、ほーと意外だった本日。

20: 本当にあった怖い名無し 2014/03/12(水) 23:32:22.97 ID:YZLNoaA70
ええ話や
泣ける

21: 本当にあった怖い名無し 2014/03/13(木) 00:56:48.27 ID:1G144JGcO
>>19
ナイター
病気で気づかされる事ってあるよね

近所の稲荷様掃除して、たまには…と奥までしていたら、急に踵に鋭い痛み
ヤバい、バチ当たったと病院行けば、踵の骨が尖っていた

ダイエットの為、無茶なジョギングを続けたせいだった。膝も痛めていた
神様が鈍感な私に痛みで教えてくれたんだと思う
あのままジョギングしていたら、もっと悪化してたから

24: 本当にあった怖い名無し 2014/03/13(木) 11:17:16.66 ID:o3u1iKTr0
18-19です。レス来ててなんか嬉しい。どうもありがとうです。^^
>>21
踵、お大事に。お稲荷さんが気づかせてくれたって点はほんと同意。
自分も骨折とか無ければ、延々体調不良で倒れるまでロクな暮らしっぷりじゃなかったと思う。
ぜーんぶひっくるめて「安心しなさい 治る」なのかな、と。

そういや、松江城そばの城山稲荷神社さんの御加護?なおまけ話も一つ。
出雲観光時、特にビビったのは八重垣神社の、鏡の池占い。
占いの紙に硬貨のせて浮かべてはよ沈めば運良し!なんだけど、
10円玉で速攻瞬殺!!って位に数秒で沈んだ。(普通5分位最長でかかるらしい)
思わず、『これは、、過剰サービスなのか、、!?』な状況に
「いやぁ、、そこまでは、、、。なんか色々、、すいません、、(汗)」と思った。。

ちなみにあれからもう4か月位経つんだけども恋愛系、いまださーっぱりです。(笑)


このように、目に見えぬメッセージを自分なりに受け止められるって素敵だと思います。

きっと普段から御心に寄り添って生きているので、いざという時ピンとくるようになっているのだとも思います。

by tanaka369 | 2016-01-04 22:51 | 稲荷神社並びに祠に纏わる話

お狐さま、巷の新暦初詣説or旧暦初詣説の決着をつけるの巻

来年まで一カ月をきりました。
あっという間の一年だったなぁ…

神社大好きな管理人のこと、初詣にはやはり気合いが入ります。

管理人も頭の隅の方で、「そういえば初詣って新暦でいいのかな?」「とはいえ旧暦が本当の初詣になるの?」と思ったことがあり、大した問題ではないので気にしないでいたのですが、このたびスッキリしました。

今回コピペしたスレ&レスには様々な意見があげられています。
しかし最後にあるご意見が〆となり管理人も思わずそうだそうだとクスッとなりました♪
お狐さま、巷の新暦初詣説or旧暦初詣説の決着をつけるの巻_f0168392_13295876.jpg

150: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/13(金) 06:16:26.02 ID:QUFxjNL30.net
今年の旧暦正月は2月19日だね
農家だから旧暦重視なんだが、旧暦正月に祝うと書いたら中国人扱いされたよ…

お稲荷様と水神様の祠綺麗にしてくる

151: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/13(金) 16:13:14.49 ID:LVIGiy9n0.net
世の中には、旧暦の正月で祝う神社だってあるのに…

個人的には旧暦の正月に初詣する方が、
参拝者が少なくてゆっくりできるから好きだ

寒いけどw

152: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/13(金) 17:01:13.13 ID:xGNFb7mxO.net
うちはとりあえず新暦も旧暦もやることにしてる。でも どっちかと言えば旧暦が本番って感じだよ。

153: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/13(金) 19:35:16.15 ID:V1FdFtlZ0.net
本番は新暦だろ
旧暦でどこの神様崇めるんだ?

154: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/13(金) 19:55:41.08 ID:V1FdFtlZ0.net
稲荷神をはじめ日本の神様達が新暦採用してんのに人間が旧正月に重きを置いてちゃすれ違いだぞ

155: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/13(金) 22:41:53.73 ID:dxL3xFrb0.net
伏見稲荷では旧暦の初午に御塚大祭を執り行っている
新暦は観光客も多いから落ち着かないのかもね
だからすれ違いでもないんだ

156: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 00:05:52.58 ID:OjIqwAub0.net
正式な初午大祭は伏見も新暦でやってるだろ

新暦正月より旧暦正月を本番にしてるっていうからそれは神界の意向に従いましょうよって事
神事なんだからさ

まあどうしても旧正月がいいなら好きにすればいいけどね

157: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 00:26:48.06 ID:By9iEPEcO.net
だから~ 好きな方でいいじゃん。それか両方だいじにやれば。w

158: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 01:00:53.53 ID:OjIqwAub0.net
いいよ、いいけどさ
神事は神様あっての事だからね
神様側としては新暦を重んじてやってほしいのが本音なんだから

159: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 01:10:09.34 ID:By9iEPEcO.net
そっか。神様的には新暦なんだね。一つ利口になった。
ありがとう。

160: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 17:19:18.45 ID:jIxqfIHK0.net
神様がわって言うより、神社側人間側の都合とは思うけどね・・・w
まあ1000年以上続けてきた暦をここ100数十年でかえたら、すり合わせにはまだ時間がかかるわねえ

161: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:04:41.59 ID:OjIqwAub0.net
>>160
それは人間が陥りやすい傲慢な考えだよ
人間が人間の都合で神界のルールを変更してのけたとでも言うのかい君は

162: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:21:30.95 ID:By9iEPEcO.net
やっぱ両方だいじにやることにするわ。w

163: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 23:58:17.17 ID:jIxqfIHK0.net
いや俺に言われても困る
そういうのは実際に祭祀の暦を変えた神社側にどうぞ

166: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/15(日) 20:16:56.78 ID:50mlNKa20.net
電波だと聞き流して欲しいが、うちの狐様に聞けば、
「おめでたい日は多い方がいい。どっちも祝えば?」らしい

167: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/15(日) 21:36:44.91 ID:lQtFMjyBO.net
>>166
ありがとう!
自信持って2回やれる。

管理人からもありがとーっ。
なんかすっきりしたわ。

お狐さまの発言のレス、例えるならば、ぐだぐだの会議中で一気に流れが変わったナイス突っ込みみたいでグッドw


by tanaka369 | 2015-12-11 13:31 | 稲荷神社並びに祠に纏わる話

山の神社 ~武闘派お狐様の活躍~

今夜は子供の頃の投稿者を助けてくれたお狐様のお話をうp。

本気だしたお狐様は容赦しませんw
予測的種明かしが後半最後の方に書かれてあるのですが、何もそこまでしなくても……と思いました。
しかし我々にとっては伺い知れぬところです。

語弊がありますが簡単に申しますと、
お狐様「お前ら、わしの管轄区で何さらしとんねん!(怒)」
ていう感じでしょうか。
山の神社 ~武闘派お狐様の活躍~_f0168392_17455783.jpg

226 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/25(水) 19:00:40.20 ID:l+s5rcaX0.net
十年くらい前、俺は田舎も田舎、家が山に囲まれてるようなところに住んでたんだ。
山の頂上付近に俺んちが所有してる畑があって、別に農家とかじゃなくて自分ちで食べる分だけ作るみたいなちっちゃい畑な。
盆地だったんだけど、ちょっと脇道に入ると林の中とか山道(もはや獣道)につながってたんだ。
もちろんコンビニなんてなかったし、遊び場といえば近所の寺の境内か近所の神社周辺の森?林?だった。
当時から幽霊の存在とかそういう非科学的なことは信じてたけど、一切見たこととか感じたことはなかった。
いわゆる零感だな。
家から100メートルも離れてないところに墓があったけど、小さい頃はそういうところで弟たちとかくれんぼとかして、 遊び場にしてた。
成仏されたやつなんだからどうせ出ないとか思ってたからな。
で、神社にもよく遊びに行ってたんだが、小学校から帰って来て、弟と一緒に神社周辺の森の中に遊びに行ったときだった。
森の中には俺たちが遊んでできた道とも呼べないような獣道ができてたんだが、ご神木がいくつかあって、主にそれを目印に森の中を歩いてた。
鬼ごっことかかくれんぼとかを弟2人と遊んでたんだけど、かくれんぼで俺が鬼になってゆっくり10数えたとき、
それまで聞こえてた、風で木葉が擦れる音とか、鳥の鳴き声とか虫の声がピタッと止まったんだ。
「何か変だ」と思いながらも、隠れた弟を見つけるために、弟の名前を叫んだ。
かくれんぼなんだから呼んでも返事なんてするわけないんだけど、そのときは音が止んだことが不安で不安でそうしたんだと思う。
で、弟がいつも隠れていそうなところを探すんだけど、いつもは結構簡単に見つかるのに、なかなか見つからない。
どっちも見つからないなんてことは今までなかった。

227 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/25(水) 19:01:41.77 ID:l+s5rcaX0.net
ついに諦めて、「どこにいるか分かんない!ヒント!」と叫んだ。
これはいつもどちらかが見つからない時に、ヒントとして手を叩いてもらって大体の場所を把握するための兄弟の中での合図みたいな
ものだったのだが、それでもなんの反応も帰ってこない。
弟がからかっているんだと思った俺は、もう夕暮れ時であったこともあり、「出てこないとおうちに帰っちゃうから!」と叫んだ。
弟は俺にすごく懐いていて、弟が俺と一緒に帰らないなんてことはありえないことだったから、こうすれば何が何でも出てくるだろうと思ったんだ。
でも、やっぱりなんの音もない。
もしかして弟は俺を置いて2人で帰ってしまったんじゃないか?
普段は絶対ありえないことだったが、自分が立てる音以外なにも聞こえない空間で不安が募り、そう考えた俺は、それなら俺もとっとと帰ってやると帰り道を歩いた。
でも、異変にすぐに気が付いた。
目印にしているご神木があるって言ったよな。歩いても歩いてもおんなじご神木が目の前に現れるんだ。
ぐるぐる回ってる!?と思ってひろった石でご神木以外の木に目印として傷をつけながら歩いたけど、やっぱり同じご神木が見えてくる。。
しかも木に付けたはずの目印の傷が消えてる。
ここまで結構な時間が経ってて暗くなっててもおかしくないのに、ずっと夕暮れが見えてる。
怖くなって、なんとなくご神木の近くなら安全だと思って、それからはかなり長い時間ご神木の木の根元に立ったり座ったりしてた。
相変わらず自分がたてる音以外は何も聞こえないし、虫も一匹も見当たらない。
蟻一匹いなかった。
恐怖で泣きだした時、自分が座ってご神木の反対側から、何かが落ちるようなトサッという音がした。
急な自分以外の音にかなり驚いて、喉がヒクッて鳴ったのを覚えてる。
大人が3人くらい手を広げてやっと囲めるくらい大きなご神木だったから、振り向いたところで何も見えなくて、恐る恐る反対側に回ってみたら、
黄色っぽい白っぽいクリーム色?の狐がいて、俺をじっと見つめるのな。
野生の狐なら何回か見てたから、その狐が普通の狐よりちょっと大きいなって分かった。

228 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/25(水) 19:02:50.35 ID:l+s5rcaX0.net
まだ小さかったし、牙のある動物に森で出くわしたってことにかなりビビった俺は狐の目を見ながら後ずさった。
一応熊がよく出る地域だったし、家でも学校でも出くわした時の対処法として目を見ながら離れろってことは教わってたからな。
背を見せて逃げたらだめだって。
幼いのによくできたとあのころの自分を褒めたいよ。
だけど、その狐は襲い掛かってくる様子もなく、軽やかな足取りでご神木をぐるぐる回り始めた。
意味が分からなくてそれを目で追ってると、何週目かで回るのをやめて俺が歩いてた獣道を歩きだした。
ホッとしていると、狐がある程度まで歩いたところで止まって、俺を振り返ってみていた。
尻尾をゆらゆらと揺らしてずっと見ていた。
それが、飼っている犬が俺が追いつくのを待っているときにそっくりだったから、衝動のままその狐に近づいた。
ある程度近づくと、狐はまた先へ進み、同じように俺を振り返った。
ついて来いと言われているような気がして、戸惑いつつもその狐についていくと、また見えてきたご神木に近づいたとき、急にあたりが真っ暗になった。
驚いたが、そこが神社の境内だと気付いて、すごく安心した。
同時に、俺がいなくなったことで弟が呼びに行っていたらしい母が「○○くん(俺の名前)!!」という言葉とともに俺を抱きしめてくれて、探してくれてたのかと分かったのと、恐怖から解放されたのとでわんわんないた。
先を行っていた狐はいつの間にかいなくなっていたが、次の日の朝、神社の神主の息子(友達)から、一つのご神木を囲むように、首を噛まれて死んでいた5匹の狐が見つかった。
と聞かされて、もしかして自分はその5匹に化かされていて、あの狐が助けてくれたんじゃないかと思った。

229 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/25(水) 19:05:31.85 ID:l+s5rcaX0.net
つい先週、春休みで実家に帰ったときに家の近所にある林の中でその時の狐にそっくりな狐を見かけたから、 この体験を思い出したことを誰かに聞いてもらいたかったんだ。
当時母にだけ話したつもりだけど、文章力が拙かったこともあってなんかよく分かってもらえなかったから、記憶は鮮明に残ってるし、 今なら文章に起こせると思って、ここに書き遺した。
自分が体験したことをどこかに残したかった、俺の自己満足だ(-_-;)

スペースかなりつかってしまって悪いm(__)m
俺の駄文を読んでくれた人、どうもありがとう。



そんな、見かけたなら大きく手を振って
「お狐さああああんんん!! 子供の頃助けて頂いた者ですうううう!! その際はありがとうございましたあああああ!!」
と声かけて欲しかった。

管理人だったら思い出した時点で参拝するところです。
個人的に神社とご縁があるなんて、とても素敵なことですよ。

by tanaka369 | 2015-12-02 17:59 | 稲荷神社並びに祠に纏わる話

【原因】何故、祟るのか

興味深いコメントをいくつか見つけました。
コピペしていいものか…と、ビクビクしながらのうpですよw
【原因】何故、祟るのか_f0168392_13392744.jpg
その前に簡単ですが、↓が主記事の内容です。

(起)住宅街にある一軒家に一人暮らしのお爺さんが住んでいましたが亡くなったので、その息子さんが賃貸一軒家として売り出しました。

(承)その一軒家と賃貸契約をして住み始めた合計2つの家庭が同じように、半年後くらいから人格変容・奇行が始まり不幸が降りかかります。

(転)空き家や更地になった後、不動産会社が変わります。建売住宅として売る為の工事中に相次いで事故が起こり大工さん2名も重症、一時中断となります。

(結)ある日マイクロバスで15名ほどの集団が来て護摩壇を作り祈祷をしました。地域の住民も参加します。そしてこれ以降、いっさい事故は起こらず無事建売住宅は完成し全て完売しました。

不幸の始まりとなった原因は、(起)のお爺さんの息子さんでした。

お爺さんは一族で稲荷神社を祀っていたのですが、息子さんはきちんと継承していなかったとのことです。

稲荷の祠を人間関係で例えますと分かりやすいです。

願いを叶えるべく身を粉にして働いたのに、今まで散々その恩を受けてきた人間から突然後ろ足で砂をかけられるのです。

失礼を通り越し、非情に人でなしの行いではないでしょうか。
だから狐さまがお怒りになったのも理にかなっています。

業者さん(この場合、大工さん)は、とばっちりもいいところ。
よく聞く話ですがねぇ…

さて。
以下のコピペが本題です。



[ 96341 ] NO TITLE

新しく稲荷社作る時は、伏見稲荷などから勧請された
新任のお狐さまが派遣されます。
社をお世話できなくなりやむなく取り壊す時は、お帰り
いただく儀式が必要でソレを怠ると酷い目にあったりします。

護摩壇軍団はお怒り沈め&元の神社へのご帰還のための儀式要員
かもですね。 
[ 2015/10/06 ] NO NAME ◆-

[ 96342 ] NO TITLE

書き忘れ 通常お稲荷さまにお帰りいただく場合の儀式は
近くの神社に相談でOKです。
ひとつ上のエントリの井戸or池を埋める際も同じくです。
[ 2015/10/06 ] NO NAME ◆-

[ 96462 ] NO TITLE

江戸の町中でお稲荷さん祀るの流行った事があったらしいけど、
廃れたあとはどう処理したんだろ。
まさか大空襲で手打ちなんて事無いよな。
[ 2015/10/07 ] NO NAME ◆-

[ 96505 ] NO TITLE

>96462
96341です。 
現代より神事はキッチリしてるので、ちゃんと神職の方が昇神の儀を行って
お帰りいただいてるはずです。
ただ例外もあるのは事実で、廃れて祀った稲荷のいなくなった稲荷神社に
いつの間にか別のモノが入り込んで使役狐(稲荷神社に残ったままの小間使い
と思ってください)を使って悪さをしていたようで、これが「稲荷は祟る」と
言われるようになった原因と聞いております。
[ 2015/10/07 ] NO NAME ◆-



非情に分かりやすい説明です。

個人主義も結構。
関心がなくとも結構。

目に見えなくとも、一族がお世話になった方に対する敬意があってもいいじゃない。
それが人の道。
頭ん中、柔軟でいようよ。

って、管理人は思うんですよね。

最後に、コメント主の「別のものが入り込んで…」のくだりの点ですが。

そのようなお狐さまに、かつて貴方様がお仕えしていた神の名はと問いたいところです。
決して今お仕えしている”神もどき”じゃないはず。
崇高な御方でしたよねと。

邪なものからお狐さまが解放される事を切に願います。

狐ちゃん達を利用しやがって!
と怒りを覚えますね。

by tanaka369 | 2015-10-14 13:39 | 稲荷神社並びに祠に纏わる話

お社や祠を撤去する際のやってはいけなかった例

スピリチュアル的には稲荷系は一度も人間に転生したことがない自然霊にカテゴライズされるそう。
人型ではない何か霊的な存在でしょうか。

稲荷のお狐さまは人に尽くし見守り続け、それが修行であり使命でもあるので一生懸命に働きます。

でもいつか、あるべきところへ帰っていただくこともあります。
すなわち人間側の都合でお社や祠を撤去したい時です。

そういう場合の手順は難しいことではありません。

今までありがとうございましたという真心があれば、おのずとどのような段取りでもって進めていけば良いのかわかるのではないでしょうか。

そのような真心もなく考えもなしに身勝手な自己判断をもってして失敗した例をうp。
こういう事もありえるんだよと…


464: 名無しさん@おーぷん 2015/04/17(金)09:19:21 ID:LQz

不思議というか畏怖を抱いた話。長文なので二つに分けます。

今は病気休業中だけど昔はトリートメントの様な体を触るリラクゼーションの仕事をしてました。
小さい頃からカンが強かったらしいのですがあんまり気にせず生きていて、ただそのカンが一番有意義に使えるのが仕事の時。
相手の体を触ってるだけでどこが悪いとか、ここ辛そうとかが分かります。
言わなくてもストレスや虐待を受けているなども分かる時があります。

そんな事からとあるご縁である占い師さんと出会いました。
その人のトリートメントをしているうちにその人と仲良くなりました。
ただ仕事上かいつも変なのつけている、という印象でした。

私は聞こえるタイプ(上記の悪い所も「ここやってあげて」とか聞こえる)でその人は見えるタイプ。
そして私は相手が守護者や神様の代理の方で「自分の利益」じゃなければお言葉を頂くことが多いタイプで人霊はわかりません。(ちなみに自分宛のお言葉は大体お説教w)
その人は人霊や生き霊も見えるそうですごいなぁと思ってました。

この占い師さんにはとても仲がいいお友達がいるのですが、最近良くないことが続くとのこと。
占い師さんによると勧請していらしてもらったお稲荷様がその人の夫(この人は末っ子)の実家にあるそうですが家を継いだ長兄からお祭りがちゃんと出来なくなり、それ以来一番ひどいのは長兄ですがその人たちにも影響が出てきた様子。
実家も売るので元のお稲荷さまへお返しすることになりました。



465: 名無しさん@おーぷん 2015/04/17(金)09:20:32 ID:LQz

続きです。
ただ驚いたのはその占い師さんが社を開け、御神体を元の神社にお返ししてしまったそうです。

聞いた瞬間血の気がザッと引くような感覚でした。
感覚的に絶対やってはいけない事をやった!と感じました。
それ以来少しずつその占い師さんの周りには怪しい人が増え、私はトリートメントに呼ばれなくなりご縁がなくなりましたが風の噂ではあまり良いことになってないようです。
またそのお友達ともケンカ別れしたそうですがこちらもあまり良くはない感じです。

占い師さんはおかしくなるまではとても良くして頂いたのでなんとかならないかと縁深い神様にお参りに伺った時にお言葉をできれば欲しいと願った所、お言葉を頂きました。

「霊能者と神主は違う。それを見誤った以上業を背負ってしまいこれは自分自身がなんとかするしかない」
とのことでした。

いわば神様の様な高次な存在に手順を踏んでお願いしたりできるのは神主さんなどの「知識」がある人。
対して霊能者は能力で高次な存在とコンタクトは取らせてもらえますがその手順がないので言葉を頂いたりなどはできても勧請などの正式な方法を取れないのでそういう事をしてはいけないそうです。

簡単に言えば高次な存在を王様とすればその周辺で王様に色々提言できる家臣みたいなのが神主さんなど。
霊能者というのはたまたま王様と波長があって話ができる一般人みたいなものという感じです。
だから王様からお言葉をもらったりすることがあっても家臣である神職とは立場も接し方も違うという事を霊能者はわかってなければいけないし、やはり中にはだからこそ神職になる霊能者さんもいるそうです。

占い師さんはそこを間違えてしまった以上もうどうすることもできないし、お返しの際にお金がないからと神職を呼ばなかったお友達も同じ業を背負ったようです。

目の前で転がるように悪い方向へ行っているのを見て、やはりそうなんだなぁと思うとともに「領分を弁える」という事がとても大事だと考えた一件でした。

最近、また神様を勧請される方が多いと聞きます。
勧請した場合はちゃんとお祭りしなければいけませんし、無理な場合は早めに(金銭的な余裕があるうちに)神職さんのお力をお借りしてお返しをしてほしいなと思っております。



目に見えぬものの存在を侮り、お金をケチったが故の結果でしょうか…

今までの守護がなくなり、良からぬものをダイレクトに受けているという印象があります。
個人的にはそもそもそういった業の持ち主だったように感じてなりません。

領分をわきまえる、は良き教えです。
社会的にも人間関係にもいえることですね。
by tanaka369 | 2015-05-20 12:35 | 稲荷神社並びに祠に纏わる話

白狐消防隊

過日に大事な物をなくしてしまった管理人。
すぐに見つかるだろうなと思っていましたがなかなか見つからない…
こうなったらもうお世話になっているお稲荷様に速やかに見つかるよう祈願するしかないかもと考えております。

さて、今日は稲荷の白狐に纏わるお話をうp。
不幸中の幸いになったようで良かった!
白狐消防隊_f0168392_15103180.jpg


455 :可愛い奥様:2014/02/07(金) 13:58:26.57 ID:VceyzvFI0

上のほうに犬とお稲荷さんの話があるけど、
昔勤務していた職場の人が聞いたんだけど、その人の出身地も犬は飼わないと言ってた。

なんか昔火事が起きて、どんどん火が燃え広がっていって、
困った村人が、土地のお稲荷さんに何とかしてくれって頼んだんだって。

そしたら、燃えている家の屋根の上に白い狐が現れた。

狐が数回屋根の上でぴょんぴょん跳ねると、その家の火は一気に鎮火した。
鎮火すると狐は消えて、隣の燃えている家の屋根に突然現れた。
その繰り返しで火事はおさまった。

その職場の人のおじいさんが、まだ子供の頃に実際にあった火事の話で、
おじいさん、屋根で跳ねてる白い狐を実際に見たんだって。

それ以来、村人は狐に感謝して、狐の天敵の犬を飼わなくなったとか。



祈願して見つかったら、苺のショートケーキを二つお供えしよう。
今まで読んだリサーチだと白くて甘いものも好物なはずw

by tanaka369 | 2014-10-23 15:09 | 稲荷神社並びに祠に纏わる話

お狐さん、健気にがんばるっ!

今夜は稲荷のお狐さんに纏わる可愛いらしいお話をうp
管理人にとっては超絶うらやまスい話なのですよ。
何が羨ましいって、ふわっふわのモフモフがっ…こほん。

お狐さん「この子は僕が守るっ!」キリッ
お狐さん、健気にがんばるっ!_f0168392_21495516.jpg


715 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2014/05/18(日) 07:33:39.90
幽霊が見える体質で得をしたことはないけど面白いものは何度か見た。

俺の知り合いに幽霊をどうしても見たいとのたまう物好きな野朗がいる。
そいつと一緒に飯食ってる時に俺は言ってあげたよ、絶対に見れないだろうねって。
そいつはとある小さい稲荷神社の出身なんだけど、そいつに狐がついてるんだよ。
面白半分でそういうスポットに連れて行ってみても、やっぱり何も見えないって言うんだ。
俺にはなかなかエグいもんが見えてるけど、そいつには見えてない。
そりゃそうだよ、狐がふわっふわの尻尾でそいつに目隠ししてんだもん。周り威嚇しながら目隠ししてるもんだから霊も気の毒そうな顔で素通りだよ。

で、スポットから帰ったらまたそいつ言う訳、やっぱり幽霊なんて居ないじゃねえかって。
狐さん悲しそうな顔してるから幽霊はいるしお前にもついてるって言うんだけど信じないし、狐さんはアピールしてるつもりかそいつの足元くるくる回り始めるし。

まぁ、可愛い狐さん頑張れっていう体験。


そういえば、守護霊さんが怖いの見えないように目隠ししてる話も読んだことあります。
その話でも必死で目隠ししてました。
んで、当の本人は心霊スポットなどに行っても幽霊の類は何も見ることはなく霊障もなく過ごし「やっぱ幽霊なんていないじゃん!」とのたまったという…

霊感ない人は守護霊か何かに「こんなもん、この子に見せるわけにはいかねえ!」なんて守られているのかもしれませんねw

by tanaka369 | 2014-06-19 21:54 | 稲荷神社並びに祠に纏わる話



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism