セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

奥茂治さんからのメッセージ

本文のタイトルにもあるように茂治さんの立場から見えてくる生々しい事の有様を、当ブログに訪問してくださったの皆様と共有したいと思います。

国士である茂治さんのFacebookよりコピペ。
※当ブログでは読みやすいように改行しています。



奥茂治

 刑事事件の容疑者だから見えた事


韓国政府は私が取り換えた吉田清治の謝罪碑建立は反日左翼を見抜けなかったのか?

それとも嘘と知って建立させたのか?

どちらにしても韓国には責任がある。


 吉田清治が建立した謝罪の碑を慰霊碑に取り換えた経緯は「父の謝罪碑を撤去します」で報道されている通りである、しかし私に対する処分は今だ決まっていない。


 そこで韓国で公用物損壊罪の罪に問われている容疑でなければ見えない事もある。


 私に見えて来たものとは?やはり反日日本人と反日政党の醜い姿である。


 今日私は、望郷の丘に墓地を持つことが出来る資格規定を調べたところ、日本人である吉田清治に謝罪碑建立の許可がなぜ下りたのか疑問である?


 吉田清治についてその全てを調べても望郷の丘に謝罪の碑を建立する資格が見当たらないのである。

しかし「その他保健福祉部長官が望郷の丘に安らかに葬る必要があると認定した者」この規定だけは政治力でどうにかなりそうな気がする。


 まして謝罪の碑には遺骨は無く韓国で言う安葬に値する資格もないのだ、だとすれば吉田清治を利用してこの謝罪の碑を建立させた裏には大きな政治力が働いたとしか思えない。

そうするとサハリン訴訟において済州島で204名の婦女子を強制連行し、その中の数人をサハリンにも送ったと1982年9月30日東京地方裁判所で吉田清治に虚偽の証言させた。

高木健一弁護士と社民党の福島瑞穂らが関与し真実味を持たせるために吉田清治にこの謝罪の碑を建立させ、さらに朝日新聞に報道させることにより真実味を持たせたと考えられる。


 これを仕組んだ高木健一弁護士・旧社民党の福島瑞穂や土井たか子など反日勢力の欺瞞が見えるようでおぞましくなる。


 このような反日の政治家らに利用された韓国は一日でも早く謝罪の碑建立についてのすべてを裁判で明らかにして私を罰するより、慰安婦問題を巧妙に仕組んだ日本人らを罰しなければならないだろう。


 韓国もこの謝罪の碑が国の許可によるものだったと認めている訳だから、私に対してはどの様な反論が出来るだろうか?考えてみると韓国を巻き込み日本国軍人と日本政府を貶め、そのために慰安婦問題を作り上げた反日日本人の全容が解明できる日も近い。




反日日本人には
・共産党主義者の日本人
・在日朝鮮人(帰化人含む)
がいます。

昭和天皇は、日本が日本の精神を取り戻すには100年が必要だろうと予言されていたそうです。
昭和天皇は日本に蔓延る不逞輩の存在を見通しておられました。

100年で済むよう私達日本人が日本国を取り戻したい。
あと約30年。


[PR]
by tanaka369 | 2017-08-11 14:33 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tanaka369.exblog.jp/tb/28042188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 9条があるのに… 奥茂治さん、韓国で頑張ってます! >>



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://repub..
from ロレックス バネ棒 値段
ブルガリアヨーグルト プ..
from ガガミラノ ブレスレット 4°c
www.Uradoga...
from グッチバッグ 楽天
ブルガリ ネックレス 金..
from ブルガリ ジャスミンノワール..
コピーブランドgoosh..
from ブルガリ 財布 大阪 店舗
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月


Skin by Excite ism