人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

明治の武人:柴五郎中佐

恥ずかしながら、今更知りました。柴五郎中佐を。
一度だけでもいいから、明治時代にタイムスリップしたい管理人でした。
画像に含まれている可能性があるもの:1人

以下はFacebookよりコピペです。
皆様も是非。
読みやすかった紹介文ですよ。

「ある明治人の記録 会津人柴五郎の遺書」中公新書
書籍もあるみたい。
読みたいぞ! 
さっそく買おうっと。ポチッと。


斎藤宏幸

明治33年(1900年)、中国の山東省で数万人規模の武装蜂起が起きました。(義和団の乱)

外国人宣教師や外交官を殺害し、北京の各国公使館を包囲。

これに対し、イギリス、フランス、ロシア、日本など8カ国が、自国の居留民保護のために、天津の港に停泊していた各国の軍艦から約400名の陸戦隊を北京に送りました。

日本からも軍艦「愛宕」の水兵25名が参加しました。

北京では、義和団が北京に押し寄せる数日前、各国の公使館付武官や陸戦隊指揮官がイギリス公使館に集まり、具体的な防衛計画を話し合いました。

その時の総指揮を取ったのがイギリス公使のクロード・マクドナルドでした。

6月13日、公使館区域に約500名の義和団が襲撃。

6月21日、各国の公使館を警備していた清国軍(当時の中国政府)は、西太后の命令により、暴徒と化した義和団を鎮圧するのではなく、義和団と一緒になって公使館を襲撃しました。

この時、日本代表の柴五郎中佐は、最も激しい戦闘を進んで引き受け、少人数で暴徒や清国軍をことごとく撃退していきました。

イギリス公使のクロード・マクドナルドは、柴五郎中佐率いる日本兵の勇敢さや礼儀正しさに驚愕して、イギリス兵とイタリア兵も、柴五郎中佐の指揮下に入れました。

各国の外交官や、陸戦隊は北京に55日間も籠城しました。

どのような苦境にあっても冷静沈着な会津出身の柴中佐と、明るく忍耐強い日本兵の姿を見て、北京で籠城する各国兵士は、その士気をあげました。

柴中佐は戦術能力に優れており、作戦計画をするにあたり、各国武官たちは皆、柴中佐に意見を求めるようになりました。

柴中佐は、砲兵出身であり情報勤務も経験豊富であったので、北京城やその周辺の地理を調べ尽くして、情報網も作り上げていきました。

8月14日、籠城戦が終わり義和団や清国軍を鎮圧しましたが、各国の軍隊は略奪や暴行が多発しました。

その中でもひどかったのがロシア兵でした。

日本兵はそのような行為は一切なく、軍規に従って、規律正しく行動しました。

日本軍の勇敢さと軍規の良さが世界中に報道されました。

イギリスのスタンフォード紙は、事件当時、次のような記事を書きました。

「義和団鎮圧の名誉は日本兵に帰すべきである、と誰もが認めている。日本兵の忍耐強さ、軍規の厳正さ、その勇気溌剌たるは、真に賞賛に値するものであり、かつ他の追随を許さない。」と。

また、ロンドンタイムズは、当時、次のように記事にしました。

「籠城中の外国人の中で、日本人ほど男らしく奮闘し、その任務を全うした国民はいない。日本兵の輝かしい武勇と戦術が、北京籠城を持ちこたえさせたのだ。」と。

英国政府は、柴五郎中佐率いる日本兵の忍耐強さ、軍規の厳正さ、勇敢さに心打たれました。

義和団事件が鎮圧されたあと、各国の軍隊は引き上げましたが、ロシアだけが、2万人の兵隊を満州に送り込み、そのまま居座りました。

英国と日本は、ロシアの脅威をけん制する目的で、明治35年(1902年)1月、日英同盟を締結。

英国が外国と同盟を結ぶのは、史上初めてのことでした。

日本兵の忍耐強さ、軍規の厳正さ、勇敢さが認められたからです。

参考図書
「条約で読む日本の近現代史」藤岡信勝・他著












by tanaka369 | 2017-07-31 07:00 | 日本の事・日本人の歴史
<< マスコミ対策について 玉音放送の本当の意味 >>



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism