人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

半島有事における解説続報

朝鮮半島危機ともいえるこの一週間でしたね。
しかしあくまで支那が主人公ですよ。
解説続報が届いたので今回も皆様も共有したくうpさせて頂きました。

因みに管理人はこの記事の投稿主さんと日本へやって来るであろう難民についてお話し致しました。
起こるであろう難民問題に対する解決策はプーチン兄貴に仕事を請け負って頂く形で…と意見が一致した次第です。詳細は割愛。


【習主席失脚】

【問題提起】

アメリカと共に北朝鮮侵攻に踏み切れなかった習主席はどうなったのでしょうか?

【結論】

習主席は失脚しました。

韓国にアメリカ軍のカールビンソン及び新型の潜水艦だけでく、ロシアのワリャーグも到着したので事態は集結しました。なぜならそれらは北朝鮮侵攻ではなく中国内乱を監視するためだったからです。

①江沢民上海派閥は金正恩に北京への核ミサイル発射を取りやめたことで勝利しました。もう一方で習主席は江沢民、米露の取引に応じて名ばかりの主席になりました。

②一応アメリカが保有している武器や兵器の不良在庫処分をしなければいけません。なぜなら解体した方が経費がかかるからです。おそらく北朝鮮の核施設を狙わずに不必要な施設を爆破することになるでしょう。とどのつまりそれはアメリカによるただのヤラセ、パフォーマンス、最新兵器の営業活動にしかありません。その時に最新型F35がお目見えします。

「買ってくださーーーい。」

但し絶対に核兵器を使用しません。

(1)北朝鮮に埋蔵された世界第八位の原油とレアアースが放射能で汚染されるのを防ぐためです。

(2)平昌冬季オリンピック開催させるためです。

(3)もし核付きのバンカーバスターを使用した場合、人工地震が発生してしまうのを回避するためです。実はそれによって建築基準に満たない先述のオリンピック競技場やソウルの摩天楼、原発の倒壊を回避するためです。どんなくにやねんとのなってしまいますが。

(4)拉致被害者に危害を与えないためです。

【北朝鮮の核開発】

上海派閥の江沢民は粛清を続行して独裁政治をしている習主席の北京派閥を打倒しようと企てていました。そこで北京に向けた核開発をする上で北朝鮮の金正恩を支援していました。また日本の左翼団体から資金援助をしてもらっていました。

【北朝鮮には世界第八位の埋蔵量の原油】

北朝鮮はレアアースが有名です。実際にはそこには手付かずとなっている世界第八位の埋蔵量の原油が眠っているのです。それで中国、ロシア、アメリカが狙っていました。

【中国の派閥】

大きく分けて中国には胡錦濤、習北京派閥、江沢民上海派閥という三つの派閥があります。しかしながら胡錦濤の派閥は習主席によって粛清され既に弱体化していました。もう一方で弱体化させられながらも習主席より人民解放軍を掌握していました。結果的に北京派閥:上海派閥が4:3の割りで権力が拮抗していていました。

【資金がなくなったロシア】

オバマ、ヒラリーに創設されたISISによって原油価格が暴落し、原油・天然ガスしか輸出するものがなかったロシアは死に体になってしまいました。

【軍需産業でしか生き残れないアメリカ】

アフガンで「全ての爆弾の母」と呼ばれる爆弾だけでなく、先日シリアで59発ものトマホークも使用されました。それらはすべて不良在庫です。10〜15年ごとにアメリカは在庫一掃セールとして戦争を起こさないと生き残れない慢性赤字の国なんです。それで今回北朝鮮が選ばれただけのことです。くどいかもしれませんが昔からアメリカは軍需産業で成り立っている国です。

今回習主席が白旗揚げたんだからドンパチなんてないだろうと思われたら大きな誤りです。何故なら解体の方が高つくので全弾北朝鮮の核施設でないところで在庫処分をして、それからその映像を見せつけ、世界の人に服従心を植え付けないといけないからです。

【中韓の焦げ付き】

公式では韓国は300兆円ほど借金がありますが、アメリカの試算では500兆円にも昇るそうです。もちろん第一債権者は日本です。 もう一方で中国には6000兆円にも及ぶ焦げ付きがあると試算しています。但し資源を持っていない韓国が既にデフォルトであろうとも、中国には手づかずの資源が膨大にあるのでデフォルトにはなりません。そこがミソなんです。

【バンカーバスター】

北朝鮮の地下に建設された核シェルターを破壊するのにバンカーバスターが使用予定です。それは600mまでドリルして地底深くで核爆発を起こします。ところが実際には強度のある核シェルターや固い岩盤でドリルが進まないこともあります。すると安全なはずの量の放射能や電磁波しか発生しないと推測していたのに、地上近くで爆破が起こって強い電磁波の嵐に襲われる可能性があります。笑われるかもしれませんが、その場合上空のファントムや爆撃機が強い電磁波の嵐で麻痺して墜落するのです。同様に艦隊にも被害が出ます。さらに人工地震で耐久性のないソウルの摩天楼は将棋倒しになって倒壊する恐れがあります。そればかりか、平昌冬季オリンピック競技場や原発施設まで被害が及ぶ可能性があります。ど、ど、ど、どんな国やねん、となってしまいますが。

となればカールビンソンは足手まといだから最初から要らないのです。言い換えれば最小の艦隊だけで十分だったはずなのです。さらに解説しましょう。今回は核兵器を使わないただのヤラセということになります。だって欲しい原油やレアメタルまで汚染されるからです。

わかりやすく説明しましょう。何故アメリカが朝鮮に総結集しているのでしょうか?

①中国内乱、沖縄内乱を防ぐためです。
②新兵器の宣伝のためCNNが撮影。戦争でなく営業活動です。例:F35
③ハリウッド映画収録のためです。それを世界の人に見せつけて「アメリカだけには勝てない。」と、私たちを諦観的にさせるためです。

【韓国への渡航禁止令】

それでも何故韓国への渡航禁止令を日本政府は出す必要があるのでしょうか?

まず持って北朝鮮はソウルを火の海にしません。次にいくらアメリカがバンカーバスターを使っても人工地震の恐れから核を装填しません。となればどうして日本人観光客へ渡航禁止を出す必要があるのでしょうか?

それは朝鮮人が日本女性たちをちょっとした紛争に紛れて強姦するからです。

【数百兆円の融資を中国にねだるアメリカのトランプ大統領】

慢性の金欠病なのでトランプ・アメリカ大統領は習主席にこう呼びかけます。

「習金キンペーよ、一緒になって北朝鮮の核施設を破壊しようぜ。もちろん原油を山分けだ!それでだが、俺んとこは慢性の赤字なんで数百兆円を融資してくれないかな?例えば、原油、武器、兵器、航空、それから資源を安くただ同然で売ってくれよ。悪いことしないからさ。」

【数百兆円の融資を約束せずに習主席がトランプ大統領と一緒になって北朝鮮に侵攻した場合】

数百兆円の融資を約束せずに習主席がアメリカと一緒になって北朝鮮に侵攻した場合、どうなるでしょうか?

待ってましたと言わんばかりに、金正恩は北京に核ミサイルを撃ち込みます。すると江沢民上海派閥の人民解放軍は北朝鮮に報復攻撃をせずに、中国国内でクーデターを起こします。

その内乱対処にアメリカ軍とロシア軍が朝鮮に集まっているのです。所謂一種の待機です。誤解しないでください。決して北朝鮮侵攻が目的ではありません。

【数百兆円の融資の約束して習主席がトランプ大統領と一緒になって北朝鮮に侵攻した場合】

数百兆円の融資の約束して習主席がトランプ大統領と一緒になって北朝鮮に侵攻した場合、どうなるでしょうか?

まず英雄は金正恩なので先に亡命させておきます。次に韓国を北朝鮮へ吸収させて統一させる手はずをします。その後北朝鮮を破壊しているふりをしながら拉致被害者を救出します。

今回も同様で中国内乱対処にアメリカ軍とロシア軍が朝鮮に集まっているのです。但し習北京派閥が軍を掌握していないので、状況は先述と大きく変化します。それは統率された江沢民上海派閥と内乱になる点です。そこでアメリカとロシアは南北に分かれて思いっきり高い武器や兵器を北京派と江沢民上海派閥に買わせて内乱を泥沼化させます。勿論大儲けです。ウハウハです。

【習主席と江沢民の密談】

もし習主席がトランプ大統領を無視して江沢民と密談したらどうなるでしょうか?

あまり早期に米露の儲からない話になります。まず中国を北の習主席の北京派閥、それと南を江沢民の上海派閥で南北に二分割させます。

①アメリカは中国に高い輸入関税をかけます。所謂経済戦争を仕掛けて派閥の激化を誘導させます。
②派閥闘争を激化させるためにロシアとアメリカが高い武器や兵器を売りさばいて闘争を激化させます。
③次いでウイグル、チベット、台湾、香港を含め少数民族へ武器を提供します。すると氾濫を鎮めるために、さらに北京派と上海派はアメリカとロシアから武器や兵器を買います。
④中国は2、8、16、64と分割していきます。

【国連常任理事国として日本】

国連から中国が退陣して日本が常任理事国になります。噂ですがロシアが先に脱退してアメリカも脱退して、そこへ日本が加盟する動きもあります。新しい国連の分担金を日本が払えば旧国連は消滅します。

【軍事研究】

私は学生時代、ゼミで日本国憲法を選考しました。また経済系では軍事で特にSDIの軍事研究をしました。

そこでわかったのは以下の優先順位の通りです。

①戦争では勝敗よりも経済力が大きくなるかに焦点を合わせる。
②戦争の敗戦国を消滅させず経済奴隷として生き残させる。

【まとめ】

習主席はトランプ大統領への数百兆円もの融資に首を縦に振りませんでした。つまり彼は江沢民と裏取引したということです。それによって現在北京派:上海派=4:3であった現場で勝負に勝った江沢民は不利になるようなことはしません。おそらく1:1であるいは3:4で取引をしたのでしょう。要するに習主席は失脚したのです。

なぜ比率をもっと江沢民に有利にしないかというとアメリカとロシアの思惑があるのです。均衡していたら武器や兵器がバカ売れするからです。それも内乱が過酷になるようにCIAとKGBは暗躍します。その後少数民族にもそれらを提供し泥沼にさせるのです。

実際にはプーチン・アメリカ大統領が情報戦でトランプをアメリカ大統領に当選したのですから、後者は前者の子飼いです。ならば北朝鮮の原油はロシアのものになります。それから朝鮮南北統一によって名目上は国ですがロシア・アメリカの自治区になります。

原油や天然ガスを朝鮮半島を渡って日本にやってきます。逆に日本の中古車が朝鮮半島、ウラジオストックを通ってロシアや東欧に運ばれます。一方で借金だらけの朝鮮人は人件費を下げて働いてもらわないといけません。プーチンに働かされるわけです。金正恩は亡命先で優雅に暮らします。

最後に約束だった拉致被害者をプーチン大統領は安倍総理に返します。




by tanaka369 | 2017-04-16 00:45 | ニュース色々
<< 今や東アジアは”火薬庫”となっ... 党員の皆様とオフ会してきました >>



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism