人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

時勢を読む

少々長文ですが興味深いコラムを発見!
FBから転載致します。


【今南シナ海で日中が衝突すれば、日本国内で多数の死傷者が出ます】


 日頃FBだけでなく出版されている日中の軍事力の対比を見る限り、それらが工作員によるプロパガンダにしか思えないのです。何故ならもし今南シナ海で日中が衝突すれば日本国内でテロによる多数の死者が出ることを一切想定されていないからです。それは私がネパールで真実を見てきたからこそ断言できる話です。

ちなみに添付した写真は中国共産党マオイストによる武力闘争によって政権を奪われたネパール・カトマンズでの乞食の姿です。また両腕を切断されていた少女も目にしましたが流石にシャッターを押す気にはなれませんでした。単刀直入に申しますが、じきに沖縄も北海道も同じ運命を辿ります。

 現実問題として戦争勃発後にいくら自衛隊が南シナ海でそれなりの成果を出してくれても、中国及び朝鮮は国家総動員法を発動して日本国各地にてテロを引き起こします。つまり軍隊経験あるそれらの工作員は徴兵制の経験のない日本人が対処できずにパニックになって疲弊するのを狙うわけです。それこそが「近代戦」なのです。

一方で日米も中国・朝鮮に負けまいとして同時に必ずや中国国内で派閥闘争や民族闘争を激化させる裏工作に打って出ます。されどそれで中国人民にいくら死傷者が出ようが、まずもってたとえ一億人が死のうが中国共産党は気にも留める由もありませんが。

何はともあれ最も重要な問題なのが、ネパール同様に工作員によって日本の各地での工場や発電所の爆破、家屋への放火・強盗、レイプが頻発することです。つまり日本人に多数の死傷者が出てパニックになるということです。さらに踏み込んで解説するならば、中国共産党や南北を含めた朝鮮はいくら南シナ海で人民解放軍が敗戦しても、疲弊した日本国を総選挙で保守派を落選させて過半数獲得して占領しようという算段なのです。それに関して結構自民党員の中にも多数中韓の回し者がいますから別段彼らには不可能なことではありません。

【政治団体からお金をもらって記事を書くアルバイト】

 最近FBで①国旗掲揚、君が代を斉唱しない国立大学名が掲載されていました。次に第二次世界大戦で②日本の国民の6割が餓死や病死で亡くなっている統計が掲載されていました。つまり戦死者より多いわけです。

 おそらく前者は右翼や保守によって、後者は左翼の政治団体が資金援助をしてアルバイトに投稿させて多くの人にシェアをさせているのでしょう。そんなことぐらい私は35年前の学生時代に既に研究済みです。けれども笑えることに投稿した本人たちはその意味を未だにまるっきり分かっていないようでしたが。

 近代戦になれば工作員はゲリラ戦で市街地やへき地で多数の民間人を殺し建造物を爆破してパニックに陥れます。ではその際に死傷者を減らす上で必要なのは一体何なのでしょうか?

 その詳細に関しては二・三年前に解説していますので昔私が書いた記事を参考にしてください。手短に言えば①医療物資と②食料の貯蔵と配給が必要なのです。
とは言ったもののいくら医療物資があっても病院が野戦病院になってもらわなくては意味がありません。では有事の際にどこがそうならなければいけないかご存知でしょうか?

 もしそれを即座に答えられたとしたら以前に軍事研究をされていた経験のある方のはずです。それは防衛医大を含む国立大学医学部の附属病院なのです。だからこそ国立大学での国歌斉唱、国旗掲揚が必要なわけです。

 余談ですが日本の超一流と言われている国立大学の中で医学部がないのはどこの大学かご存知でしょうか?
それは稀なケースですけれども一橋大学、東京外語大学、御茶ノ水大学、奈良女子大などがあります。言うまでもなくそれ以外の旧帝大や国立旧一期校にはあります。だからこそ総理大臣は全国立大学の学長へ医学部を野戦病院にすることを通達しなければいけないわけです。されど国旗掲揚も国歌斉唱もしない学長が多数いる現状では頭痛の種です。勿論言うことを聞かない学長がいたら有事の際市民に多くの犠牲者が出ることでしょう。いや間違いなく出ます。

【韓国とのスワップ】

 それでも現在安倍総理は未だ全国立大学の学長へ医学部及び附属病院の野戦病院としての通達を出していません。その一方で中国に住む邦人に対しては注意を呼びかけています。となれば戦術的にどういう方法を取るつもりなのでしょうか?

 昨日右手が痛いのにざっといろんな記事を流し読みしていたら、グラフを添付してまでも世界恐慌を回避するために韓国とスワップする必要があると投稿している奴がいました。きっと保守のふりをした中韓の工作員か、或いは正規で近代経済学を一度もかじったこともないアホな輩に違いありません。それを見て私は一時でも布団の上で痛みを忘れて笑い転げていました。

「知ったかぶりめが、ちょっとはIMFを勉強しろよ。」と言いたくなりましたが。

はっきり言って今すぐにでも朝鮮半島なんてデフォルトになってもらって、債務国になって貰ったほうが世界経済にはいいわけです。ところが日本にとって朝鮮半島を簡単にそうできないたった一つの存在理由があるわけです。それは中国との防波堤になって貰わなければいけないからです。

 まず韓国が中国の陣営につきたいというなら言うまでもなく一切スワップする必要はありませんし、それでももし韓国が完全に日米につきたいと改心したのならスワップしなければなりません。ここまで言えばわかると思いますが、そのようにはっきり陣営を決められない韓国を逆手にとって板挟みにする必要があるのです。ある意味未成年者のいじめに似た感覚です。

【アカンタビリティ】

 公認会計士を英語でどう発音するかご存知でしょうか?
 Certified Public Accountantsと言います。実はAccountantsには主に計算する人よりも、「説明責任(accountability)」がある人を意味します。

 屡々FBで「説明責任」という言葉が飛び交っていますが、多く人は理解されないで使用されているようです。例えば公認会計士は上場企業の決算が適切かそうでなかったかを公正に公表して判断を株主や国民に任せているだけで警察権まではありません。言うならば自浄作用を期待しているわけです。余談ですが東芝に関しては背任行為があったとしか言えませんが。

【アカンタビリティ(説明責任)が根付かなかった中国と韓国】

中国と韓国には公正なアカンタビリティが根付いていないので、アメリカの試算ではそれぞれ6,000兆円、500兆円の焦げ付きが指摘されています。となれば中国と韓国ともデフォルトなのでしょうか?

端的に言ってしまうと日本同様に地下資源のない韓国が完全にデフォルトであっても、一方で資源が豊富な中国はデフォルトではないのです。

となれば日本は一方的に韓国に対してスワップをちらつかせて中国との防波堤にできるわけです。現在会議でその攻防が続いています。

【天津爆発】

 驚いたことに当時私の天津爆発の記事が400件以上もシェアされて、日本中の方々に読んでいただいたようです。あの時、爆破されたのは極秘にシリアなどに輸出されていた中国の武器や兵器でした。それとあいまってドイツ車も大量に燃え尽きました。それでも未だにドイツがその保証を中国にしてもらったという噂を聞きません。そうなんです。それによってドイツの銀行は中国に多大な投資をしてきたのに回収できなくなってしまったのです。さあ困ったメルケル首相!

【イギリスによるEU離脱】

 苦しいドイツの銀行はイギリスがEUを離脱してさらに苦しくなり倒産の危機が叫ばれるようになりました。何故ならイギリスが離脱したことでイギリスの中国に対する投資が激減したからです。それについて言えば私は最初から中国潰しが目的でイギリスがEUから離脱することに気づいていましたから。

 また韓国はろくな製品を作らず投資だけで生きながらえてきた虚業の国家です。例えば利幅がよかったギリシャの国債がその国のデフォルトで紙くずになってしまい、しまいにはイギリスのEU離脱でイギリスに投資していたお金までも回収できなくなりました。

 さてそんな中でどこの国が最も被害を受けたでしょうか?
 実は「中国」なのです。中国は先進国の結託により経済戦争で負けてしまったのです。だから安倍総理は未だに日本の国立大学の医学部へ野戦病院になるように通達を出していないのです。
 
【持久戦】

 現在安倍総理と習主席は最後の持久戦に持ち込んでいます。既に経済戦争で敗れている習主席はもし今南シナ海で日中が激突すれば戦争の勝敗が決着する前に派閥争いで引きずり降ろされることを覚悟していて焦っています。もう一方で日本も同様に今衝突すれば国内でのテロを逃れられません。

 もし持久戦が続けば折れるのは習主席の方なのです。悲しいことに持久戦に持ち込めなかった場合私達大和民族がテロに巻き込まれる覚悟をしなければなりません。くどいようですが、人民解放軍と自衛隊の衝突なんてほんの小さな現象に過ぎないのです。



【念のため】
この記事は管理人が書いたわけではありません。
当ブログは外部ブログの為、何かあってはいかんと実際に投稿された方の氏名は載せておりません。

by tanaka369 | 2016-08-30 15:59 | ニュース色々
<< うちの猫、随分大きくなりました 豚骨食堂 >>



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism