人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

大東亜会議を原点としたASEAN会議

この日本では殆ど知られていない日本の史実。
ぜひ皆さんとも共有したくコピペ致します。


昭和18年11月5日 東京 「大東亜会議」



ASEANの会議に、韓国がオブザーバーで出席していたとき突然韓国代表が立ち上がって、 議題とは何の関係もない日本批判を始めた。
ASEAN各国の代表はまたかと思い渋い顔をして聞いていたが
いつまで立っても、終わる気配がなかった為ついにインドネシア代表が、韓国代表の話を遮りこう言った。
「韓国人はどうやらASEAN諸国を見下しているようだ。
我々は確かになかなか発展できないでいる。しかしもし、日本がそばにあったら、現在のようなASEANではなかったはずだ
日本が隣にあれば、どんな国家でも韓国程度の発展はできる。韓国の成功は、100%日本のおかげであって、別に韓国が誇れるようなものではない。 韓国人が、恩を受けた日本人に感謝ひとつできない人達であることが我々には全く理解できない
我々は戦前に日本から受けた恩に今でも感謝している。 永遠に忘れることができないものだ。
その結果できたのが、今ここで開催しているASEAN首脳会議である」

このエピソードは話半分としてもASEAN(+3)の原点となったのは昭和18年11月5日に東條内閣の元、東京で開かれた「大東亜会議」であることはまぎれもない事実だ。中華民国(南京政府)、タイ、フィリピン、ビルマそれに日本、自由インド仮政府が参加し、その翌日6日には大東亜共同宣言が採択された。
この会議は、アジアという漠然とした概念に初めて実体的輪郭を与え、そこに一つの地域的共同体的連帯感を与えた点においてまさに画期的な出来事であった。そして同宣言がアジア諸国家に戦後国際社会での正当な地位を約束した。この宣言が既に日本から発出された以上、連合国側は勝者として敗戦国日本への対抗上からも、新たに独立したアジア諸国家に欧米諸国と対等の地位を与えざるをえなかったのである。
この会議に出席したフィリピンのラウレルは「大日本帝国の絶大な努力によって、有史以来はじめて我々が一堂に会合したこの事実には、心から感謝せざるを得ないのである。……十億のアジア民衆は少数の西欧強国の支配及び搾取の犠牲に再びならないことを世界に向って宣言しうるのである」とのべた。
インドのC.ボースはそれまでの数々の国際会議と比較しながら、大東亜会議が「弱小国家を犠牲に供せんとする陰謀、謀略の会議でもなく、また弱小な隣国を瞞着せんとする会議でもなく、実に解放せられた諸国民の会議である。すなわち正義、自主、国際関係における互恵主義及び相互援助等の尊厳な原則に基づいて東亜の地域に新秩序を創建せんとする会議である」とのべた。
この大東亜会議を帝国のアジア支配の欺瞞であるという自虐史観は捨てるべきだ。これらの出席者の証言も、その後のアジア各国の独立を見ても明らかでしょう。
大東亜宣言が採択された11月6日は「大東亜の日」 大東亜と言う言葉に抵抗があるなら「アジアの日」として国民の祝日にすべきだと思う。そしてアジアを白人の支配から解放した日本の功績を後世に伝えるべし!












by tanaka369 | 2016-08-18 13:02 | 日本の事・日本人の歴史
<< 硫黄島秘話  通州事件(5) >>



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism