人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

いじめられっ子の逆襲

いじめられっ子の体験談をうp。

清々しいスカッとさはないんだけど子供なのによく頑張ったな…と。
冷静に分析しているあたり頭の良い子なんでしょうね。

とにかく死人がでなくて良かった。
周囲の子供たちも他人の痛みを学んだのではないでしょうか。


イジメられて教室を血の海にした修羅場

今からかなーり昔の話。。
当時、中学2年の俺は引っ込み思案な性格が元でいじめの対象になってた。
特定のグループからと言う訳ではなくクラス全体でいじる、といった感じから段々とエスカレートしていった。
昔過ぎてよく覚えていないんだけど、やけに仲のいいクラスで休み時間になると何でかクラス全体で遊ぶのが当たり前だった。
イジメの内容は掃除ロッカーに押し込まれて十数人に押しつぶされたり、寝転がった上に5人6人と飛び乗って来たり、両足を持って3階の教室からそとに吊るされたりとキツい事ばかりだった。
その中で金田と言う奴が徐々にエスカレートし始めてきていた。


金田は俺の体操着を捨てたり、机の中に休職の牛乳パックをぎゅうぎゅうに詰めたりと陰湿系なイジメっ子だった。
数ヶ月そんな状況が続く中でも年齢も年齢なだけに徐々に反抗期(?)を向かえつつあった自分はイライラを蓄積はじめていた。

そんな状況だったから学校にはあまり友人も居なかったので学校以外の友人が欲しくなり、当時一部でブームを迎え始めていた
NTTの伝言ダイアル(今で言う出会い系の元祖?)で遊び始めていた俺は、そこで年齢性別にこだわりの無い友達が沢山出来てきて沢山話を聞いてもらっていた。
中学生の自分から見れば断然大人な人達が対等に接してくれて半べそかいて話す俺の話もちゃんと聞いてくれて色々考えてくれるのが嬉しくて楽しくてたまらなかった。
一人の時は正直自殺もちょっとは考えたんだけど、色々話をしている内にみんな自分の立ち位置は自分で造ってるんだな。ってのがおぼろげに分かってきた俺はイジメ脱却に向かうべく色々と悩み始めた。
現実問題としてクラスのほぼ全部が相手なのでどうしようかと思うのと、日々の学校生活でイキナリ何かを変えるのは至難の局地だった。

ある日の昼休み。
いつもと同じように何か押しくら饅頭の過激な感じな遊びがはじまり、標的になった俺は普段よりちょっと強めに抵抗した。
そうしたら金田がみんなから見えない位置で俺の腹を拳で殴ってきた。
今までは暴力ではあれど「殴る」等の行為は無かったのにとうとう始まってしまった。
100%の悪意が自分に向けられる事への憎悪が自分から沸き立つのを感じ、金田を突き飛ばしてダッシュで逃げ出した。
廊下を走りまくって校舎の端っこまで行き振り返ると金田だけが立ちふさがるように居た。

「テメー俺のこと押したろ!」

と金田が怒気をこめて低く言って掴み掛かってきた。
ここでボコられれば良かったのかも知れないが簡単に首根っこを抱えられ引きずられて教室の方へ連れて行かれてしまった。
その時、他のクラスの奴にも見られて恥ずかしくてカッなって一発だけ軽く金田の顔面を殴ってしまった。
俺は顔を殴るってのは喧嘩の合図みたいなものと思い込んでいて、これはやばい事をしてしまったと思い金田を振り切って学校を飛び出した。
ただ行く宛ても無いので、途方にくれながら家に帰った。

何故か学校から家には連絡などは何も無く平穏に朝を迎えてしまった。
当然、学校には行かなくては行けない訳で、、、
ボコられるのもやむ無しと諦めてビクビクしながら学校へ行ったが金田も含めて何時もの通りでちょっとホッとした。
その日の昼休み。
何時ものように俺を囲むような形でプロレスごっこみたいなのが始まりもみくちゃにされた。
そして金田が俺の背後に回ってスリーパーを掛けて来た。
しかも本気で。
苦しくてもがいてる内に目の前が真っ白になって多分気絶したんだと思う。
気が付いたら頭に水を掛けられていて周囲は爆笑していた。

その瞬間にブチ切れた俺は金田の顔面に渾身の頭突きをかました。
そして椅子を振り上げて男女関係無く回りにいる奴を殴り倒した。
誰がどうとかぜんぜん覚えてないけど何人も血を流してた。
俺から椅子を取り上げようと何人かが一斉に飛び掛ってきて椅子を奪われてしまった。
そこで何でか横に落ちてたほうきを拾って直ぐ側に居た奴の側頭部に向かってフルスイングしたらたら一発でほうきが折れてしまった。
そいつがどうなってたかは覚えてない。その辺りで担任が教室に入ってきて怒鳴った。
みんなの動きが止まって担任の方へ振り向いてた瞬間に後ろにあったロッカーに乗って後頭部を晒してた金田にジャンピングダイビングヘッドバッドを敢行。
その後の記憶はまったく無し。。。

再び気が付くと病院のベットの上。
横には親父が居た。

直ぐに医者が来て名前とか何を覚えてるかとか色々と聞かれた。
おぼろげに分かったのは目覚めた時間は暴れた日の夜で自分は頭蓋骨亀裂骨折&脳震盪、それとなぜか右手の小指の骨折で入院という事だった。

その後、親父と話した。
全部しゃべった。
何故か逮捕される気がしてたので諦めは付いてるとか言った気もする。
親父は気にするな、としか言わなかったなぁ。

翌日からは校長や担任、教育指導の先生が来て色々聞かれたり軽く説教もされた。
怪我人がかなりいたようで大問題になるかも言われた時に、誰が1番悪いんですか?って聞いたら黙ってたな。
警察とかは来なかった。

結局、指の骨折が2人と頭の裂傷で塗った奴が7人、ほうきで殴られた奴は脳震盪になったらしい。
お互いに謝罪はしたけどこいつはすぐ転校していった。
金田は頭蓋骨陥没骨折と眼下底亀裂骨折。
入院していたらしけど退院したら学校にも来ないで引き篭もりに変身。
卒業まで一度も顔を合わせる事は無かった。
なので謝罪してないしされていない。
他のクラスメートは4~5人単位くらいで来て謝ってた。
背中を向けてシカトしたけど。

1週間入院して1週間自宅療養してから学校へ行った時、教室の静まり方が凄かったけどなんかスッきりしてて心地よかった。
前はなんでココでびくびくしていたのか不思議すぎて笑えるくらいだった。
他の組の奴が言ってた話だと救急車は何台も来たみたい。
教室の床が血の海でそれをみて吐いた奴がいるとかいないとか。

一番の修羅場は入院中にお見舞いに来てくれる友達がみんな伝言ダイアルの友達なので大学生とか社会人とかのお水のおねぃさんとかばっかりでお袋が驚いてたのと、2ヵ月後の電話代が7万超えで殺されるかと思う位怒られた事。


管理人のタロさは元いじめられっ子で、高校時代にこの少年のようにタガが外れました。
いじめてた奴らに復讐したそうですよ。
ボコボコにしたらしいです。
20代が最悪全盛期で30代前半くらいから人間らしくなったはず、確かw

復讐してもタロさの心の傷は癒されなかったと思います。
相手を許さない限り、憎しみと共に一生背負っていく傷になるかもしれません。
あと、お金を借り逃げしたホステスのゆかりちゃんとかw

荒みきったタロさが人間らしい心を持つきっかけになったと思われるいくつかの出来事があります。

お母さんの死、生涯付き合っていきたいとお互い思う合う仲間達との出会い、生涯続けたいと思える居合を始めたり…なによりタロさ本人が元々賢くて面白い人間だったからだろうね。

すっとんきょうなところは今も健在だけどねw

タロさには私に免じていじめた奴らを許して欲しいとは伝えてあります。
許すのはいじめてた奴らのためじゃない、タロさのために。
それプラス、人が生まれてくる意味を含めて色々話したり。

生まれてきて良かった、生きてるって凄いことだ。
最悪な目にあっても、それでも人生悪くないって。
そう思えるといい。
どんな人生であろうと意味があるんだからさ、魂にとっては。
by tanaka369 | 2014-11-05 22:36 | 拾い物いろいろ
<< 楽しい予定 秋冬もビール飲むぞ! >>



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism