人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

稲荷神社について

過日に管理人の同僚が稲荷神社についてこうおしゃっいました。
f0168392_21293299.jpg
お腹が空いている時に参拝(境内に入るだけでも?)すると”中に入ってくる”から行かない方がいいよ、と。

え~。
いや待ってくれ。

稲荷信仰が爆発的に流行したのは江戸時代。
商売繁盛・五穀豊穣の祈りの対象となったのでそこかしこに在るわけですが、飢えと背中合わせだった昔の人はどうなの。
現代人と違ってたいてい腹空かしてたんじゃないの。
いちいち中に入っていたわけじゃないだろwwww

と心の中でつっこんでみました。

「中に入ってくる」とは憑依とか狐憑きかと思われますが、お腹が空いているだけではさすがに失礼だろソレ。
どんだけ低級霊扱いなのw

ただ、畏れられるのは良い事かな。

一度でも京都の伏見大社から御魂分けされ、どこかで祀られたらもう伏見には帰ることができないように思うんです。

だから自分の役割を全うしようと全身全霊なんですね、お狐さんは。

片道切符の献身・人からお願いされて祀られた事を前提に慮りますと、勝手に祀りあげて勝手に用無しにされたり、ぞんざいな扱いを受ければそりゃ怒るわけです。

管理人は色々聞いたり読んだことがあります。

・「暇を出されたのでここに置いてくれませんか」と神使先を探す浪人状態のお狐さん
・「田舎でのんびりして~の」というお狐さん
・「油あげイラネ(´д`;)」というお狐さん
・指導霊のように色々教えてくれるお狐さん
・参拝のお礼にどんぐりや木の実をプレゼントするお狐さん
・参拝時お賽銭を入れずに帰ろうとする人にどんぐり投げて催促するお狐さん
・優しいお狐さん
・難病を治してくれたお狐さん
・怖~いお狐さん

人と近い世界にいらっしゃるためか、なかなか面白い話が多いです。

何であれ、やばいところは直観で判ると思いますよ。
霊感なくても何となく感じることはできると思います。
その直観を無視しないように心がけていれば良いと思います。

以前、上山市の「栗川稲荷神社」にある「奥の院」という普段は入れないところに入った時、多くの古い祠や鳥居が安置されていたのを投稿したのですが覚えていますでしょうか。


あれらは用無しになり神社に奉納されたものだと推測されるのですが、畏れは抱きましたが嫌な感じはしませんでした。

その数日後、稲荷神社(小さなお社と数本の鳥居)の夢をみたんです。

カラーの夢だったのですが、それはそれは鮮やかな色彩で、木漏れ日を浴びているような暖かい感じの雰囲気でした。

後に管理人は「奥の院に在ったあのお社がまだ現役だった頃の映像だ」と思いだしたように直観したのでした。

これがもし真実だとすると、通りすがりの管理人に(しかも零感w)わざわざ夢に出てくれたという事は、そのお社の神様は気さくで人間好きだったのではないでしょうか。

な~んて想像逞しくなってしまいますw

他にもちょいとあったりしますが(怒られたとかw)、特に怖い思いをしたことがありません。
八百万の神様スキー人間なので嬉しい限りですね。

助けてくださったんだなとか守ってくださったんだなと後から自覚する時がありますので、ますます親しみを感じ神様スキーは生涯続くかと思いますw

そんな管理人は近いうちに千歳稲荷神社へ行くのだw
山形市千歳山の中腹あたりにあるらしいのですよ。
できれば今年は羽黒山にも行きたいな~。
あと宮城県の松島の神社へお礼参りもしなきゃ。

パワースポットとか興味ないんだぁ。
先人の皆さんの祈りや古の建物は美しいと思うのです。

by tanaka369 | 2014-05-06 21:59 | 稲荷神社並びに祠に纏わる話
<< 国分寺薬師堂 植木市へ! 【祝】永遠のゼロ、ゴールデン・... >>



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism