人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

猫が死にました

管理人ちの老描、くっく。
最低でも14歳のおばあちゃん猫。

お写真は若かりし頃のくっくです。
猫が死にました_f0168392_11455335.jpg


元々飼い猫で野良に。
野良時代に管理人ちの御向いさんちで餌を貰っていたり湯たんぽをあてがわれて冬をしのいでいたようです。

そして1999年の2月に管理人と出会い程なく家族の一員になりました。

元々飼い主は避妊も処置済みでトイレの躾もきちんとされたようで世話は楽でしたね。
触られるのも、ましてやだっこも嫌いで無愛想な猫でした。

性格は臆病で遠慮がちで大人しく、でも心は自由で。

予防接種の際は獣医さんから「大人しい猫だねぇ!」とビックリされるくらい、注射を打たれても本当に大人しくじ~っとしてましたよ。

管理人ちの庭をなわばりとしていました。
本当は家猫にしたかったのですが、野良してたからかダメだったんです。

臆病だったから野良時代も交通事故になどには遭わなかったんだろうなぁ。
臆病だったから生き抜いた。
喧嘩が弱かったから(すぐ降参)病気から逃れられた。

くっくの性格を一つ一つ知るたび、そんな印象を受けました。

管理人ちは小鳥を飼っていたけど、くっくは食べてはいけないんだと理解してました。
飛びつくことはありませんでしたが、遠くからじっと見つめてはいましてねぇ。

「くっく、何みてんの。食べたらダメだからね」
と言うと目をそらしそっぽを向いてました。

わざと小鳥を近くに持って行くと、すぐさま目をそらしどこかへ行ってしまう。
一緒に暮らしても大丈夫だなと思い安心したものです。

人をうっかり爪で傷つけた時はもの凄く落ち込んでいるのが伝わりました。

目を半開きにして爪を出した方の腕だけを座布団の下に忍びこませてました。
我が家では「反省のポーズ」と呼んでいます。

くっくは捨てられて苦労した経験があるから、また捨てられると思ったのでしょうか。
そういえば、くっくの側を歩くとビクッ! と警戒するので、野良時代に人から蹴られたりなんかしたんだろうな…

バカだな~。
捨てるわけないじゃん。
蹴るわけないじゃん。
家族なんだからさ。

なんて言いながらくっくをナデナデして怒ってないよと。
すぐいつものくっくに戻りました。

小鳥が死んでしばらくすると、凄くわがままを言うようになりました。
結構今まで色んなことを我慢してきたのかもしれないな…

管理人はようやく人に心を開いてくれたのかなと思ったものです。

まるで女王様。
人は下僕のようなもの。
くっくは自由に生きました。

管理人ちの父は釣りキチなので、海や川で獲れた高級魚も普通に食べてました。
天然鮎に、スズキやアイナメ等々。

ぜ、贅沢なヤツだ…

くっくの自由で幸せそうな姿を見るたび、
「くっくは幸せだよな~」と何度言ったことか。

そんな日々が当たり前でした。

でも、来る時がきてしまいました。
最初の頃は膀胱炎発症。

再発を繰り返し繰り返し…

お医者さんからは老化によるものだと告げられました。
お薬を飲んだり、点滴をしてもらったり…

でも腎臓が悪くなってきまして。
さらに頻繁に通院するようになりました。

どんどん痩せていきました。

体臭は下水道の匂いがしてきました。
どんなに体を拭いても、下半身を洗ってみても匂いは取れませんでした。

ある日たまたま与えた白色のミルクプリンはばくばくばくっと食べてくれて。
にゃあにゃあと催促がうるさいうるさい。

糖分が体によくないとは分かっていても、先が短いくっくにおいしいものを食べてもらいたくて、カロリー摂取のために食べさせてました。

しばらくすると痩せてはいますが、ちょっとぷっくりしてきました。
おお!
くっく、だいぶ元気になったじゃない!!
と喜びましたねぇ。
持ち直したのかもって希望を持ってしまいました。

餌も食べるようになりました。

その日はミルクプリン少々と鶏肉のミンチを食べて、おお今日はたくさん食べてくれたねぇと家族。
元気になったんだなぁと安堵した矢先でしたね。

うん。

覚悟はしていたはずなんですけどねぇ…

くっく、お前ってヤツは…

どこまで自由人、もとい自由猫なんだ。
最後の最後までくっくでした。

亡骸がどこにあるのか、わかりません。

病体であんなに腰がヨタヨタしててガタガタ痩せてて体力ないのに、絶対近いところにいるはずなのに、どんなに探してもどこにもいません。

猫にしかわからない秘密の場所なんですね。きっと。

今のくっくが人の手を離れたら生きていけないのは明らかでした。

数日後、くっくが父の夢に出たそうで。
くっく、出産してました。

父はくっくは生まれかわるんだと言ってました。
管理人もそう思いました。
もしくは、今生では赤ちゃんを産めなかったから来世では産むのかな、とも。
くっくは無事あの世の猫の世界へ旅立ったのだと。

その日を命日としました。

ところで、くっく。
一言いわせて欲しい。

あなたを拾ってきたのは誰だっけ?
当初、飼うの反対してた家族を説得したのはどこの誰だっけ?

私でしょーがっ!!
きーっ。

ひとめ会いに来いや~。
ちくしょう。
いつでもいいからさ…

というわけで、お通夜モードの管理人でした…;;
by tanaka369 | 2013-07-06 12:14 | 管理人と動植物たち
<< インドカレー屋「カシミール」 老化を早める食べ物 >>



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism