人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

我らも助太刀いたす、いざ参らん!

疲れてるからか、翌日が休みとなると10時間は寝てます。
この前なんか13時間も寝てしまいますたぁあああ…

人ってこんなにも眠ることができるんだと驚きましたね。
過去最高記録更新。はははっ。

こほん。
さてさて、今宵は戦時中共に戦った妖怪話をうp。

日露戦争中の狸たんの話は聞いたことありましたが、先の大戦でもあったようですよ。

29 :本当にあった怖い名無し:2007/07/31(火) 13:23:05 ID:iA0YpZFF0

太平洋戦争中、よく怪我をした妖怪が目撃されたらしい。

あと、うちのじいさんから聞いたんだが、当時じいさんはゼロ戦闘機のパイロットだった。

んで、特攻する戦闘機を援護する任務のとき、敵艦からの反撃が激しくて特攻隊はほぼ全滅。

じいさんたち援護隊も被害が甚大で、もう駄目だってときに、 いきなり天狗みたいな奴や化け物がどこからともなく空を飛んできて、敵艦からの集中砲火を引きつけてくれたらしい。

じいさんいわく、そいつらのおかげでなんとか生きて帰ることができたらしい。

いいなぁ。
肉眼で見れるなんて…

このてのお話では妖怪も怪我するみたいですね。
万能ではないっぽいです。

んで、以下のコピペもとても興味深かったです。

156 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 01:11:31 ID:vqJExp2m0

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/23(月) 21:49:09.85 ID:b2Dotx9UO

四国のなんとか狸は、人に化けて日露戦争に参加したらしい。
赤い軍服を着た決して倒れない兵士は、ロシアの兵隊をかなりビビらせたとか。


303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/24(火) 00:45:46.91 ID:f7oQ0iQq0

>>98あたりで既に既出だけど再掲

軍隊狸
ttp://home4.highway.ne.jp/deadsoul/ka/guntaitanuki.html(※リンク切れ)

【軍隊狸】

○戦場に赴き、日本軍を影で支えた狸たちのこと。
○当時の日本軍、道理で強いわけです。なんというか、メンタル面で。



事例1 愛媛県周桑郡壬生川町 松谷みよ子氏の話

伊予の喜左衛門狸は日露戦争に出征した。
小豆に化けて大陸を渡り、上陸するとすぐ豆をまくようにパラパラと全軍に散り、赤い服を着て戦った。

敵将クロパトキンの手記には、

『日本軍の中にはときどき赤い服を着た兵隊が現れて、この兵隊はいくら射撃してもいっこう平気で進んでくる。この兵隊を撃つと目がくらむという。赤い服には、○に喜の字のしるしがついていた』

と書かれている。



事例2 香川県高松市 室津源太郎氏の話

日露戦争の時、高松のじょうがん寺の狸の総指揮の元、狸たちが出征した。
兵隊に化けて山を作り、ロシア兵が登るなり山をひっくり返したりした。
凱旋の時には狸までが提灯行列をしたという。



事例3 中国上海中支派遣軍八一〇一部隊 松谷みよ子氏の話

昭和十五年冬。
柳橋という場所で、友軍の一個小隊が敵軍に包囲されて全滅に瀕しているという報告が入り、K氏所属の一個小隊は待機を命じられた。
その後、Kさんと戦友三名が偵察の命を受けた。

小高い丘で動き回っている敵軍を発見し、報告に引き返そうとした途端に銃撃を受け、 気がついた時には、大陸の広野の果てしない暗闇の中に震えていた。

その時、一人の戦友が「あっ提灯」と叫んだ。

Kさんが振り向くと、目の前には懐かしい大三島神社の定紋入りの提灯の明かりがあった。

「五六だぬきや、五六さんが氏神さんの提灯持って迎えにきてくれたか」

そういって提灯の後をついて走り、無事に帰りつくことができた。

○いずれも『現代民話考(松谷みよ子 立風書房)』より

by tanaka369 | 2012-03-29 22:33 | 神道に纏わる話
<< うまいもん食べて元気注入 ひゃっほう♪ >>



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism