人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

心と体って正直!~オカルト編~

長い長い人類の歴史。

生まれては死んでいった私達の種族。
当然、今生きている人の数よりも亡くなった人の数の方が圧倒的に多い!

大げさだと思うけど、この遥かな時間を考えれば、人々の骨の上に住んでいると言っていいじゃないかな。

人は、この世に生まれ土に還っていく...
死後はその人その人の信念や想像でしか語れないかもしれません。

でも生き物には誰にでも訪れる”最期の仕事”です。

仕事と表現したのは、
すんなり逝ける人とそうでない人もいるだろうということです。
人間ですもの、色々あるさね。

これが管理人のオカルト観の基本です。



恐怖心。

それに囚われるのはNG。
でも大事な本能の一つです。

怖い話をネットで読んでいると、
心霊スポットに行って云々という体験談を目にします。
事実かどうか知りませんけれども...

管理人は鵜呑みにはしませんが、否定もしないけどねw

確実なのは、管理人だったら、ついさっきまでくだらない話でヘラヘラしてても血相変えて「絶対に行くな!!」と説教するところですよ。

恐怖心は危険回避能力でもあります。

....な空気を放っている人を目にしても同様。
一番怖いのは生きている人間なのですから。

恐怖心に囚われたり振り回されるのはNGですが、「己の身を護るのは自分なのだ」ということを忘れてはいけませんね。

そして、立ち入って良いことと悪いことがあります。

生きている人だってそうなんだから、
死んだ人にだってあるんじゃないかな。



管理人は京都で有名な稲荷神社に行ったことがあります。

何段もの階段があり、ある場所までは楽しく登っていました。
しかし、そのある場所で空気が変わったのを感じたのです。

これは恐怖心というより、
心や体の赤ランプが点灯したといってよいでしょう。

それまでは晴天の爽やかな陽気で、足が疲れてても「せっかく京都に来たんだし♪」と参拝を楽しんでいたのですが...

(だって山形からはるばる京都まで行ったんだもの!
 旅費や時間を考えれば疲れや多少の障害など気にしません♪)

そこはお墓があって池がありました。
ちなみにお墓ごときで怖がる管理人ではありませんw

その証拠に、しばらく佇み(笑)お墓の中をちょっとウロウロしてみました。
もちろん何の異変もありません。

ちょっと歩くと階段がありました。
まだまだ先があります。

何となくですが「これから先は行かない方が良い」と心の声を感じました。
心が重いんですよね。
体もためらっている...
元気なのは好奇心くらいだったなぁ。

無視する選択ももちろんできます。
でも、管理人は具体的な根拠はなくとも心の声に従うことにしています。

下山している間、
また元の爽やかな陽気を感じました。

あの感じは何だったんだろう。
....でも深く言及しないこともまた恐怖心に囚われぬ術かと思います。

知らぬのもまた一興でございますからw

好奇心で幸福を手に入れることもできれば、
人生を不幸にすることもありますからね...
by tanaka369 | 2011-02-21 23:53 | 管理人の戯言
<< パンク☆インコ 今夜は暇つぶしにどうぞ... >>



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism