人気ブログランキング |

セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

毎週涙ぐんでますw

毎週日曜の夜は「坂の上の雲」の秋山兄弟に骨の髄までシビれるのが日課の管理人であります☆

後に日露戦争が描かれるわけですが、全力を出しきっての日本に対してまだ余力があってのロシアの敗戦.....といわれてます。

当時のニコライ2世が治める帝政ロシアは内政がガタガタでして、怪僧ラスプーチンがアレクサンドラ皇后陛下の信頼を受けはばをきかせていたし、何よりもメンシェヴィキやボリシェヴィキの反政府勢力が脅威でした。
そのような事情があったので戦争よりも内政・治安維持を優先しての敗戦でしたが、実はこの反政府勢力、ロシア革命家を支援していたのが日本政府だったわけです。

有能な人材と地道な諜報活動、敵国の内政かく乱が勝利の理由でありましょう。
弱小国が負けたらどんな目にあうか....
なので日本は絶対に負けられなかったのです。

管理人、
あの時代に生きねばならなかった人々に思いを馳せております。

清国といえば英国の属国、朝鮮半島は清国が宗主国であったし、有色人種は植民地当たり前〜♪な有色人種=サルみたいな時代によく近代化を遂げ新興国として独立を維持したなぁと。

ちなみに日本が独立を維持したのは奇跡でもなんでもありません。
そうあるように祖国のために努力しただけであります。
成功するには然るべき理由があるわけです。

政府は貧困問題や欧米列強に食いモノにされないように、借金して教育に力を入れ人材を育成し、富国強兵を志しとしました。

清国や朝鮮半島、中央/東南アジアの有り様を見ても、
食うか食われるかの時代でした。
なので明治政府のそれはグローバルスタンダードに則った政策だったわけです。

ちなみに今もそうだったりしますが、現代では戦争は目立つので、じんわりと確実に利権獲得戦争でございましょうな。
そういう意味では日本は弱っちぃし危機感なさ過ぎ....(のように感じる)
自業自得として自分だけが搾取されればいいけど国民全体を巻き込むのが国家というものです。

なので、個人的な利権のために国を売る行為というのは大罪なのです。
多くの人々を搾取に甘んじさせ私達の子孫に害が及ぶという罪であります。

男たるもの目先の利益/私利私欲などの鼻糞ごときに囚われてはなりません。
男はみんな、一国の主、一家の主、一身の主なのです。
己の代わりはいないことを自覚して欲しいところです。
ついでに、”ボロは着てても心は錦”の精神を忘れてはいけませぬ。

自尊心を捨て自暴自棄に走り感情的になり明らかに腕力が下の女や子供に暴力を振う男を管理人は最も軽蔑しています。

また女性としては、男は褒めて育てよであります。
古い言い方だけど内助の功であります。
まともな男性は”男としてのプライド”と仕事のストレスに常に晒されているので、やはり手ごたえがありつつも癒しの存在であることでしょうねぇ。

管理人はレズビアンではないので、
世の中から男性がいなくなったら普通に泣くね。うん。
by tanaka369 | 2009-12-13 23:02 | 日本の事・日本人の歴史
<< 早く来週にならないかな... えなり君攻略日誌 >>



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
www.northamp..
from www.northampto..
ガガミラノ ダイヤモンド..
from ブルガリ 香水 プールオム ..
ブライトリング b-1 ..
from ブルガリ 財布 正規品 充電器
http://lucru..
from ブルガリ 時計 電池交換 au
スーパーコピー,スーパー..
from ランゲ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル


Skin by Excite ism