セルリアン☆ブルー

スキー&スノーボード2004-2005

平成30年☆謹賀新年

新年明けましておめでとう御座います!
皆様いかがお過ごしですか。

珍しい事に、管理人はタロさと大晦日と元旦を一緒に過ごす事ができました。
初詣にも行きましたよ。

皆様にとって有意義でご多幸ある一年となりますよう、お祈り申し上げます!
f0168392_00312563.jpg

[PR]
# by tanaka369 | 2018-01-03 00:31 | その他 | Trackback | Comments(0)

零戦が売り出しされています

飛行可能な零戦が売り出されています。
年間2000万の維持費が重いですね…

「ファンドを立てて維持して」
「三菱は戦争のイメージがあるから買い取りを断った」
等々耳にしています。

本来収まるところへ収まって欲しいです。




=以下はFacebookより転載=
~「報道されない事実」に投稿された関本様のタイムランより~


先月八尾空港にやって来た0戦の動画です。高知、八尾空港、松本、仙台、小牧の順で飛行してきて、次は八尾空港に帰って来ると、仙台の友人から聞き、みにきました。

シークレットらしいですが、100人程のひとがいました。

オーナーが売りに出してるらしく、買い手が国内にいないらしく、このままではアメリカに行くかかもしれません。

三菱が引き取るのが1番とおもいますが、戦争のイメージが悪く引き取らないとか、

貴重な技術遺産だとおもいますが、動体では、世界に4機、国内唯一の一機だそうです。

大阪では、ニュースにもならなかった。


[PR]
# by tanaka369 | 2017-12-27 23:39 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

ご生誕を祝いました

ちょうど天皇陛下のお誕生日である天長節にタロさんちにお泊りに行きました。
しばらくのんびり二人で過ごしていなかったのでね…
タロさは
「陛下の誕生日お祝いのケーキだよぉん」
とケーキを買ってきてくれました。
ベリーの効いた美味しいケーキでしたよ。
f0168392_12252496.jpg
1月はタロさの誕生月。
プレゼントは決まってるんだぁ。
マット買ってあげた際「これは誕生日プレゼントの前倒しだからね!」なんて言ったけど、やっぱし喜ぶ顔を見たいじゃない。ねぇ?

[PR]
# by tanaka369 | 2017-12-25 12:29 | 節子&タロさの日記 | Trackback | Comments(0)

平成29年12月23日今上陛下のお誕生日、天長節です

本日は陛下のお誕生日。
心よりお喜びお祝い申し上げます。



~追記~
天長節の一般参賀の動画がうpされていたので共有したいと思います。

天皇陛下万歳! 皇尊弥栄!


[PR]
# by tanaka369 | 2017-12-23 05:35 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

忘年会に行ってきました~

日本第一党仙台支部の忘年会に行ってきました。

皆様には役職がついておりまして、出会いは仙台講演会。
私は党員ですが仙台支部に属してないのにお呼ばれ頂きまして光栄に思います。
楽しかったです~!

お料理も美味しかったです。
仙台市の居酒屋はタロさと仙台一泊して居酒屋に行った時以来ですね。

控えめな味付けでもお肉もお野菜も美味!
f0168392_03282489.jpg
お次は馬肉のなめろう。
f0168392_03290104.jpg
〆の炭水化物にはお蕎麦がでましたよ。
細麺と太麵の両方が出ました。
お写真のは細麺の方です。
f0168392_03303270.jpg
お腹いっぱい♪
また呼んでくださいね~と皆さん笑顔でお開きに。

やっぱし仙台市には良さげな居酒屋がいっぱいあるなぁと。
タロさとも行かなきゃ!

[PR]
# by tanaka369 | 2017-12-15 03:39 | 日本第一党 | Trackback | Comments(0)

異国の地ドイツにて人々を救うため命をかけ散っていった肥沼信次博士

祖国日本を想いつつも、異国の地で人々に貢献された医師の紹介です。
その名は肥沼信次博士。




[PR]
# by tanaka369 | 2017-12-11 00:42 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

北朝鮮の自称漁師

日本海沿岸に漂着する北朝鮮の船が話題になっているようですね。
不法入国するんじゃねーよ!

青山繁晴参院議員は天然痘バイオテロを警戒・警告しています。

「北朝鮮が兵器化された天然痘ウイルスを持っているのは国連専門官の中でも常識
 上陸者に一人でも感染者がいたらワクチンを投与されない限り無限に広がる」

ついでに申しますと、天然痘に限ったことではありません。
単なる爆弾より怖いのはウイルスだと指摘している方々のお話しを以前より聞いており戦慄するのですが、ご指摘の通りです。

化学兵器の時代ですからね。
生物化学兵器の時代ですからね。

ここでは明記しませんが「然るべき対応」が必要です。
かわいそうだの何だの綺麗事言ってるスキにどうなることやら。
事が起こってからでは遅いのです。
脳内お花畑は一人で死んでいけばいいけど、巻き添えくらうのは嫌です。

また木造船が漂着した位置と、工作員上陸ポイントが一致しています。
f0168392_23383504.jpg
調査は正しかったんですね。
ここまで調べられるのならば事前に対処できそうなものです。

のほほんと過ごせる時代はとうに終わっているのです。

[PR]
# by tanaka369 | 2017-12-04 23:31 | ニュース色々 | Trackback | Comments(0)

目に見えぬ、身近な存在

珍しくも動画のご紹介。
スピリチュアル系なので胡散臭く思う人もいるでしょう。

でもね、為になるなぁと。
何の為かと言えば、自分の為です。生きる上での。

生まれてきた以上、本来ならば誰からも何ものからも支配されない主体性をもって生きているのが人間です。
私達には自由意志が厳然と宿っているのです。
自由意志がないという状況は自由意志を自ら放棄した心境であります。

心が病んでしまったり、立場的な状況などなど、そうもいかない場合もあるでしょう。

でもね、明確な意志があれば、諦めず精一杯生きていれば(最悪結果は問わない…)それは私達の糧になるのですよ。心一つで、心次第で善悪・清濁諸々に全てを糧にできるが叡智が私達には宿っています。




[PR]
# by tanaka369 | 2017-11-13 02:46 | 動画いろいろ | Trackback | Comments(0)

息災を祈る

ウヨウヨしている暇もない管理人です…
皆様ご機嫌如何でしょうか。

たぶんタロさも死にそうになりながら元気に働いていると思います。
なぜなら、あいつはいつも事後報告なんだもん!

悪運の強さだけで生きているような男です。はい。

私もかな?
私は一番あり得るのが出勤帰宅の道中の交通事故が懸念材料。
ヒヤッとするシーンもありましたもので。
でも今のところ無事!

どなたか知らねども、陰なる方々のご加護に対し心より感謝致します。
もちろん生きている人々にもお世話になっております故、人とはやはり一人では生きているのではないのだという思いを再認識する次第です。

うっかりすると気づけぬ有難さに涙こぼるる。そんな夜勤明け。
f0168392_13144642.jpg

[PR]
# by tanaka369 | 2017-11-09 13:15 | 管理人の戯言 | Trackback | Comments(0)

山形市民のラーメン愛

当ブログにご訪問の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。
立冬を目の前に控えた晩秋。
くれぐれもご自愛くださいませ。
健康な心身は財産です。

さてさて。
久しぶりにタロさと居酒屋に行ってごっつぉを頂いて来ました!
のんびり休日を過ごさせて頂きました。
明日の日曜は仕事だけどな……チッ。

飲んだ翌日のお昼はラーメンを頂いてきましたよ。
山形はラーメンがおいしくて。
おいしくて山形市にとけるラーメンにつぎ込むお金が全国で一番になったとか。
山形は人口の割に外食産業が盛んなのです。

山形市の「山之介 宮町店」でラーメンを頂いてきました。
魚だし白湯麺、うま~!
f0168392_23095932.jpg
しばらく食べて、残り半分になったらテーブルに置いてあった辛味噌を投入!
うま~!
合いますね。
管理人は辛いのも好きです。

山形にいらしたら是非お蕎麦とラーメンを召し上がってみてくださいませ♪

[PR]
# by tanaka369 | 2017-11-04 23:13 | うまいもんセンサー | Trackback | Comments(0)

遠出運転デス☆ドライブ「熊野大社」へ!

皆様ご無沙汰しております。
いやいや、いつも無沙汰者ですいません…

さて。
今日は東北の伊勢と呼ばれる山形県南陽市宮内におわします「熊野大社」へ一人で参拝して来ました。

いやいやいや、道中がえげつない。
山道のウネウネ道が。
そのくせ煽られましてね。
何台かに追い越しされましたよ……遅くてすいません。
法定速度より+α早めだったのですがね。
も~嫌!

遠回りでも二度と通らないと誓った道中でした。
タロさ運転の助手席だったらいいとして。

熊野大社はいつも通り、美しかったです。
清い境内。
厳かな拝殿。
全てが美しい。
f0168392_17031046.jpg
境内の紅葉はまだみたい。
次はタロさと行きたいな。
f0168392_17041664.jpg
ちょうど南陽市の菊まつりをしており、境内には至る所に菊が飾っておりました。
こうして見ると、菊って華やかな花なんですね~!
とっても綺麗!
f0168392_17061855.jpg
ウサギを形どった菊のオブジェもありましたよ。
f0168392_17070103.jpg
まん丸wwwww
かわいいですね。

次回はタロさと行こうっと。
くたびってかなわね。(標準語訳:疲れて仕方がない)

[PR]
# by tanaka369 | 2017-10-26 17:13 | 神社参拝いろいろ | Trackback | Comments(0)

タロさと魚介系居酒屋外飲み「北野水産」・白菜ラーメン「幸来」

お肉が大好きな管理人とタロさ。
新鮮で美味しい魚貝類も大好きなのですよ。

今回「活イカ」を初めて頂きました!
ゲソの部分は天ぷらで頂きましたよ。
沿岸部でないと食べられないだろうなと思っていたのでラッキーでした。
お醬油に付けるとくね~っと曲がるのね。
目に見る間に鮮度が落ちていくのがわかるのが凄い。
タロさと二人、無言でパクパク頂きました!
f0168392_21124066.jpg
他のお刺身も美味しかったです!
お造り頼めば良かったな~。
f0168392_21134357.jpg
カリカリのえび。もうビールがすすむすすむ。頭から尻尾まで美味!
f0168392_21144526.jpg
冒険して、チーズ入りのお寿司も頂きました。うん、普通かな!
お写真にあるサワーと日本酒なのですが、これらは絶品ですよ!
日本酒は「闇鳴秋水」という銘柄です。
とても飲み口良かったです。
自宅で飲んだらうっかりスイスイ飲んでしまいトイレに立とうとして転倒するんじゃないかと思うのだけど自宅だから飲んじゃえと結局グビグビ飲んで一本空けてしまうだろうなと思うくらい美味しい日本酒でした!
f0168392_21141495.jpg
旬であるアケビの郷土料理。
タロさも私も懐かしいよねと頂きました。
昔ばーちゃんが作ってくれた思い出のお品です。
f0168392_21151034.jpg
新鮮で美味しい魚介系の居酒屋の外飲みも良いですね。
また行きたいと思います!



飲んだ翌日は二人して寝坊。
二人にしては遅めのお昼にラーメンを頂いてきました。

山形市南原にあります「幸来」。
白菜ラーメンを頂いてきました!
うまいーっ!

野菜とあさりの旨味が胃袋を鷲掴み。食べ終わっても熱々のスープ。
白コショウが合うと思います。
f0168392_21152672.jpg
来週はタロさで宅飲みの予定です。
管理人の仕事の都合が良ければですが…

お気に入りのDVD観ながらのんびりしたいですなぁ。



[PR]
# by tanaka369 | 2017-10-15 21:46 | うまいもんセンサー | Trackback | Comments(0)

9月は神社巡りの…(3)いやいやお寺様にも行って参りました ~慈恩寺~

彼岸花の美しい頃、以前から気になっていた山形県寒河江市におわします「慈恩寺」へお参りに行きました。
一言でいうと、素晴らしい寺院でした!

何度かお参りしないと慈恩寺の奥深さは伺いしれない奥深さがあると思います。

参拝後、早速タロさに報告電話をした際、

「タロさ、慈恩寺(じおんじ)に行ってきたよ。ジークジオン! ジークジオン!」

と言ったら、タロさってば冷静に「そのジオンじゃないから」とマジレス。
味気ないわ~。私達、ガンダム百年戦争世代なのに(笑)
f0168392_21192543.jpg
以前、朝鮮系の宗教団体に油まかれた慈恩寺。本当に頭にきますよ。
f0168392_21185448.jpg
鐘もついてきました。
案内してくださったおじさんによると、あまりに歴史的価値があったからという理由で、戦時中は軍に取られなかったようです。
f0168392_21180122.jpg
出来得る限り心を静めて、祈りを込めてついてきました。

境内はとても厳かで美しかったです。
平日の為かあまり人はいらっしゃらなかったですね。
f0168392_21182525.jpg
先述しましたが、彼岸花が盛りでした。
一面に生えていた彼岸花は圧巻でしたよ。
お写真ではそれらの一部を撮って参りました。
f0168392_21172933.jpg
また行かなきゃ。
古の寺院、慈恩寺。ご機会があったら皆様も是非拝観してみてくださいね。




慈恩寺 公式HP
http://www.honzan-jionji.jp/






[PR]
# by tanaka369 | 2017-10-04 21:32 | 管理人のおでかけ | Trackback | Comments(0)

9月は神社巡りの月でした(2)高速道路デビュー(笑)・竹駒神社&金蛇水神社参拝

長らくペーパードライバーだった管理人。
ペーパーを卒業して1年以上経った今、満を持して山形~宮城県(村田インター)を一人で高速道理を走ってきました。
仮免で高速講習以来かな!

追い越し車線にうっかり出た時は小豆大の後続車がすぐ後ろに来て煽られたり、比較的ゆっくり走る中型小型のトラックの後ろを付いて行ったりして無事でしたよ。

あー怖かった♪
また走りたいです。

村田インターから岩沼市へ行き、竹駒神社と金蛇水神社へ参拝してきました。
各神社で引いたおみくじがもう……後述しますね。
ホテルに一泊なのでのんびりゆったりと過ごしてきましたよ。

お写真は宮城県岩沼市に鎮座する竹駒神社、拝殿です。

f0168392_23412512.jpg
大きな白い狐様もいらっしゃいます。かわいい♪
f0168392_23421744.jpg
実は竹駒神社は、極左キチガイ集団の中核派により放火されています。
私には理解できません。

奥の院ではその当時のお狐様がいらっしゃいます。
焦げたあとのような、煙にやられたあとのような痛々しい部位があり心を痛めました。
f0168392_23424316.jpg
竹駒様のおみくじには

「人が神に祈願し叶えば心の底から喜び感謝するが、喉元過ぎれば感謝を忘れてしまう。
 神が人を可愛いと思う心は変わらぬが人の心は変わりやすいもの。
 感謝を忘れぬように」

とありました。
ドキッ…
高速デビューするので地元の神社に道中の無事を祈願して出発したのです。
地元に帰ったらお礼参りをしようと固く決心したのでした!

次に金蛇水神社へ参拝しました。
相変わらず美しい鳥居です。
f0168392_23434038.jpg
境内の中。ずっと佇んでいたい気持ちになります。
f0168392_23455973.jpg
蛇石にもヾ(・ω・*)なでなでしてきました。
f0168392_23461505.jpg
金蛇水神社でもおみくじを引いてきました。

「旅行:大切な人と行かれては。癒されます」

とありました。
ドキッ…
いつもタロさと一緒に参拝していましたし、また一緒にいらっしゃいと言われたような気がしました。

今回は一人だからか何となくもの寂しい感じがしていて、何でかなと思ってまして。
やっぱりタロさがいないと何かが欠けているような気がするのだと思い至っておりまして。

これ全部、神々にはお見通しだったのですね。
いつかタロさと一泊でもいいからのんびり旅行がしたいです。

一泊した翌朝には再び竹駒神社・金蛇水神社へ参拝し山形へ帰りました。
もちろん、祈願先の地元の神社へもお礼参りをしました。

皆様のお住まいのご地域でも、古よりそっと人々を見守っておられた神々がおられると思います。
どうか心をとめてみてくださいね☆

[PR]
# by tanaka369 | 2017-10-02 00:13 | 神社参拝いろいろ | Trackback | Comments(0)

神社めぐりの9月でした!(1)寒河江まつり・寒河江八幡宮流鏑馬奉納

皆様、大変ご無沙汰しております!
管理人もタロさも元気です。
皆様は風邪などひいていませんか。
どうかご自愛くださいませ。

9月は年に一度の一週間の長期休暇もあり、寒河江まつり・寒河江八幡宮の流鏑馬奉納を観に行ったり、谷地八幡宮の神事を観たり、宮城県岩沼市の竹駒神社様や金蛇水神社様へ参拝したり、寒河江市の慈恩寺へ拝観に行ったり。

とても有意義な休暇となりましたが、タロさとは休みが合わず会えなかったのが残念…

まずは!
寒河江まつりの「流鏑馬(やぶさめ)奉納!
管理人は「古式流鏑馬」を観てきました。

超かっこよかった~!!
f0168392_22410057.jpg
f0168392_22412878.jpg
f0168392_22481202.jpg
来年も観に行きたいなぁ。是非皆様も御覧になってみてください。



参考サイト:【山形の宝 検索navi】様よりコピペ
http://www.pref.yamagata.jp/cgi-bin/yamagata-takara/?m=detail&id=1582


寒河江八幡宮流鏑馬

県指定文化財 無形民俗文化財

9月14、15日の2日間にわたり、寒河江八幡宮例大祭に合わせて神社境内において、2種類の流鏑馬がおこなわれる。
1つは古式流鏑馬である。3頭の馬に乗った射手が、長さ150mの馬場の途中に立てられた3本の的をめがけて、全力疾走する馬上から矢を放ち、これを3回繰り返して弓矢の的中率で優劣を競うものである。
もう1つは作試し流鏑馬である。馬の速い順番に「一の馬」(早稲)、「二の馬」(中稲)、「三の馬」(晩稲)と決めておいて、3頭を一斉に走らせて翌年の作柄を占うものである。
この流鏑馬は、俗に「馬走り」といわれている。全国でも寒河江八幡宮にだけ残る行事となっている。




[PR]
# by tanaka369 | 2017-09-29 22:56 | 神社参拝いろいろ | Trackback | Comments(0)

「昭和天皇の涙」

Facebookで拾ってきました。
文章の途中から私も涙がこぼれてしまいました。

昭和天皇がご崩御されたのは私が中学生の頃。
ご崩御された時の映像を今でも覚えております。
日本を見守ってくださいませ。




【昭和天皇の涙】


昭和20年8月の終戦後、

日本は未曾有の食料危機となりました。

物価も高騰しました。

食料の配給制度は人々の生活を賄うに足りず、

不衛生で暴力が支配する闇市があちこちに立ち並びました。

それまで、東亜の平和を願い皇国不滅を信じていた人々は、

価値観を根底から否定され、いかに生きるべきか、

どう生きるべきかという規範さえも失い、

呆然とし頽廃と恐怖と飢えが人々を支配してた。


その日本人が、ある事件をきっかけに、

国土復旧のために元気になって立ち上がった。

そのきっかけとなったのが、

昭和天皇の全国御巡幸だったといわれています。


昭和天皇の御巡幸は、昭和21年から、

神奈川県を皮切りに昭和29年の北海道まで、

足かけ8年半にかけて行われました。

全行程は3万3000km、

総日数は165日です。


この御巡幸を始めるにあたり、

陛下はその意義について次のように述べられています。


------------------

この戦争によって祖先からの領土を失い、

国民の多くの生命を失い、

たいへんな災厄を受けました。

この際、わたしとしては、

どうすればいいのかと考え、

また退位も考えた。

しかし、よくよく考えた末、この際は、

全国を隈なく歩いて、国民を慰め、励まし、

また復興のために立ちあがらせる為の

勇気を与えることが自分の責任と思う。

------------------


そして昭和24年5月。

九州への御巡幸でのこと。


この日、陛下は、たってのご希望で、

佐賀県三養基郡にある因通寺というお寺に御巡幸されています。


このお寺には洗心寮という引き揚げ孤児の寮がありましたが、

戦災孤児や引き揚げ者の境遇を気にかけておられた昭和天皇は、

ここを佐賀県での最初の御巡幸先にされたのです。

その洗心寮で見られたのが次のような光景でした。


孤児たちには、あらかじめ陛下がお越しになったら、

部屋できちんと挨拶するように申し向けてありました。

ところが、一部屋ごとに足を停められる陛下に、

子供達は誰一人、ちゃんと挨拶しようとしない。

昨日まで、あれほど厳しく挨拶の仕方を教えておいたのに、

みな、呆然と黙って立っている。

すると陛下が子供達に御会釈をなさるのです。

頭をぐっとおさげになり、

腰をかがめて挨拶され、

満面に笑みをたたえていらっしゃる。


それはまるで、陛下が子供達を

御自らお慰めされているように見受けられたそうです。

そして陛下は、ひとりひとりの子供に、お言葉をかけられる。


「どこから?」

「満州から帰りました」

「北朝鮮から帰りました」

すると陛下は、この子供らに


「ああ、そう」

とにこやかにお応えになる。

そして、


「おいくつ?」

「七つです」

「五つです」

と子供達が答える。

すると陛下は、子供達ひとりひとりに

まるで我が子に語りかけるようにお顔をお近づけになり、


「立派にね、元気にね」

とおっしゃる。

陛下のお言葉は短いのだけれど、

その短いお言葉の中に、深い御心が込められています。

この「立派にね、元気にね」の言葉には、


「おまえたちは、遠く満州や北朝鮮、

フィリピンなどからこの日本に帰ってきたが、

お父さん、お母さんがいないことは、

さぞかし淋しかろう。悲しかろう。

けれど今、こうして寮で立派に

日本人として育ててもらっていることは、

たいへん良かったことであるし、私も嬉しい。

これからは、今までの辛かったことや

悲しかったことを忘れずに、

立派な日本人になっておくれ。

元気で大きくなってくれることを

私は心から願っているよ」


というお心が込められているのです。

そしてそのお心が、短い言葉で、

ぜんぶ子供達の胸にはいって行く。


陛下が次の部屋にお移りになると、

子供達の口から


「さようなら、さようなら」

とごく自然に声がでるのです。

すると子供達の声を聞いた陛下が、

次の部屋の前から、いまさようならと発した子供のいる部屋までお戻りになられ、

その子に


「さようならね、さようならね」

と親しさをいっぱいにたたえたお顔でご挨拶なされるのです。


こうして各お部屋を回られた陛下は、

一番最後に禅定の間までお越しになられます。

この部屋の前で足を停められた陛下は、

突然、直立不動の姿勢をとられ、

そのまま身じろぎもせずに、

ある一点を見つめられます。


それまでは、どのお部屋でも満面に笑みをたたえて、

おやさしい言葉で子供達に話しかけられていた陛下が、

この禅定の間では、うってかわって、

きびしいお顔をなされた。

入江侍従長も、田島宮内庁長官も、

沖森知事も、県警本部長も、

何事があったのかと顔を見合わせます。

重苦しい時間が流れる。


ややしばらくして、

陛下がこの部屋でお待ち申していた女の子に、近づかれました。

そしてやさしいというより、

静かなお声で、引き込まれるように


「お父さん。お母さん」

とお尋ねになったのです。

一瞬、侍従長も、宮内庁長官も、

何事があったのかわからない。

陛下の目は、一点を見つめています。


そこには、女の子の手には、

二つの位牌が胸に抱きしめられていたのです。

陛下は、その二つの位牌が

「お父さん?お母さん?」とお尋ねになったのです。


女の子が答えます。

「はい。これは父と母の位牌です」

これを聞かれた陛下は、

はっきりと大きくうなずかれ、


「どこで?」

とお尋ねになります。


「はい。父は、ソ満国境で名誉の戦死をしました。

母は引揚途中で病のために亡くなりました」

この子は、よどむことなく答えました。

すると陛下は


「おひとりで?」

とお尋ねになる。

父母と別れ、ひとりで満州から帰ったのかという意味でしょう。


「いいえ、奉天からコロ島までは

日本のおじさん、おばさんと一緒でした。

船に乗ったら船のおじさんたちが

親切にしてくださいました。

佐世保の引揚援護局には、

ここの先生が迎えにきてくださいました」


この子が、そう答えている間、

陛下はじっとこの子をご覧になりながら、

何度もお頷かれました。

そしてこの子の言葉が終わると、陛下は


「お淋しい」

と、それは悲しそうなお顔でお言葉をかけらた。

しかし陛下がそうお言葉をかけられたとき、

この子は口元を引き締め


「いいえ、淋しいことはありません。私は仏の子ですから」

陛下は少し驚いて女の子の目を見つめたが、

女の子はひるまずに続けた。


「仏の子は、亡くなったお父さんとも、

お母さんとも、お浄土に行ったら、

きっとまたあうことができるのです。

お父さんに会いたいと思うとき、

お母さんに会いたいと思うとき、

私は御仏さまの前に座ります。

そしてそっとお父さんの名前を呼びます。

そっとお母さんの名前を呼びます。

するとお父さんもお母さんも、

私のそばにやってきて、

私を抱いてくれます。だから、

私は淋しいことはありません。

私は仏の子供です」


こう申し上げたとき、

陛下はじっとこの子をご覧になっておいででした。

この子も、じっと陛下を見上げています。

陛下とこの子の間に、

何か特別な時間が流れたような感じがしたそうです。


そして陛下が、この子のいる部屋に足を踏み入れられます。

部屋に入られた陛下は、

右の御手に持たれていたお帽子を、

左手に持ちかえられ、

右手でこの子の頭をそっとお撫でになられました。

そして陛下は、


「仏の子はお幸せね。

これからも立派に育ってくださいね」

と言葉をかけられた。


そのとき、陛下のお目から、

ハタハタと大粒の涙が一つ、二つ、

お眼鏡を通して畳の上にこぼれ落ちた。


すると、ふいに女の子は、小さな声で


「お父さん?」

と呼んだそうです。


これを聞いた陛下は、

深くおうなずきになられた。


その様子を眺めていた周囲の者は、

皆、言葉をなくして顔を覆った。

東京から随行してきていた新聞記者も、

肩をふるわせて泣いていた。


もはや陛下はあふれる涙を隠そうともしない。

陛下にはこらえられぬ事のない

剛の風を備えた武人の一面もあった。

が、この時ばかりは、ついにこらえるのを

あきらめてしまったようだった。

寮を去るまで付いてきてしまった大勢の子どもたちに見送られ、

天皇は因通寺を後にした。


皇居にお帰りになられた昭和天皇は、

この時のことをこう詠まれました。


「みほとけの教へまもりてすくすくと

生い育つべき子らに幸あれ」


この御製は因通寺の梵鐘に刻まれているそうです。


参照:ぼやきくっくり,ねずさんの ひとりごと


------------------------------

日本の皇室は世界で最古であり

日本は世界最古の独立国とも言われます。

東日本大震災もそうですが、

戦後の日本が復興できたのも

天皇の存在やご巡幸は

とても重要だったと思います。

日本の歴史の中で天皇という存在は

きっと日本国民の心の中深くに、

存在してきたのではないでしょうか。


よろしければ、シェアお願いします。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、スーツ、結婚式、屋外




[PR]
# by tanaka369 | 2017-09-13 09:24 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

気になる寝言

週末はタロさんちに泊まってきました。
タロさの証言によると、

「神様が……」

と、管理人が寝言を言ったそうです。
関連画像
平素から神社大好きな管理人。
タロさに「神様が、の次にわたし何て言ってた?!」と聞いたら、
そこで終わったそうです。

気になる~。
ああ気になる。

神様がどうしたんだ!
全く夢の内容覚えていない管理人でした…

タロさの証言は他にもありまして、過去には「ウフフ…フフフ…ウフフフ」としばらく笑っていたそうですよ。
管理人、何か楽しかったようです。
こちらも全く覚えていないわけですが。

[PR]
# by tanaka369 | 2017-09-11 23:50 | 管理人の日常 | Trackback | Comments(0)

東北の阿波踊りのお祭り「みちのく阿波おどり」

過日に「みちのく阿波おどり」を観に行ってきました。
とても楽しかったです!

管理人は阿波踊りが大好き。
いつか徳島へ旅行して阿波踊り三昧するんだぁ。

こんなに阿波踊りを愛している管理人ですから、徳島新聞に激怒しましたけどね。
皆様はご存じかもしれませんが、今日は楽しい投稿をする予定なので徳島新聞の件は割愛。

仕事帰りに行きました。
f0168392_07031522.jpg
もう目頭が熱くなりました!
この一年、待ったかいがあるというものです。
f0168392_07050765.jpg
観客席のちびっこも踊っちゃってます。
キレッキレの阿波踊りでビックリ!
凄い微笑ましかった~!
f0168392_07055196.jpg
女踊りも優雅で素敵。綺麗~!
f0168392_07073926.jpg
最後には一般人も参加して阿波踊りの盆踊りがあります。
管理人も見よう見まねで踊ってきました~。
もう楽しいってなんの。

「ヤットサー! ア、ヤットヤットー!」
f0168392_07110728.jpg
終わった後、屋台でお土産を買ってきました。
タロさが好きな鶏肉と、タロさお父さんように肉団子。
自身にはソース焼きそば。

楽しい時間はあっという間ですね…
また行きたいと思っています!

[PR]
# by tanaka369 | 2017-09-07 07:14 | 管理人のおでかけ | Trackback | Comments(0)

【緊急】報道特注北朝鮮ミサイル怒りの緊急抗議!撮って出し特番!!:足立康史 和田政宗 生田よしかつ【※拡散希望】

今回の北のミサイルにおいて、見えてくる日本とアメリカの温度差と思惑。
国会は現実に追い付いてない現状。
動きたくても動けない日本…




黙って受け身で殺されるのは嫌だね。
死ぬなら闘って死ぬ。

あったまに来ますよね。
国内のパヨク共、周辺反日国家共には!

[PR]
# by tanaka369 | 2017-08-31 13:24 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

【2017/8/29】北朝鮮のミサイル発射に対する緊急抗議行動

今朝、多くの皆さんのスマホからJアラートが鳴りましたね?

北海道を通過だと?!
非常に由々しきことです。
ミサイル落ちたら頑強な建物もくそも関係ない。
普通に死傷者が出てますよ。

自国で自国&自国民を守れない我が国、日本。
異常です!

桜井誠らは早々に抗議してくださいました。
じっと黙りこむ事をせず発言すること行動することに意味があります。




[PR]
# by tanaka369 | 2017-08-29 23:27 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

「夢で御礼を言いに来た」

久々のオカルトですよ。
全然怖くないのですが、なんだかじ~んときたのでコピペ投下。



夢で御礼を言いに来た

私は仕事の関係で、アジア圏を中心に出張や短期駐在に行くことがあります。
こういう生活を続けるとかえって日本の風物が懐かしくなるもので、
いまの趣味が休日利用の温泉や神社仏閣巡りが中心になってます。

で去年の夏、高野山に行ってきました。
そこの奥の院というところは、いろんなお墓があることで有名な霊域ですが、そこに行ったらどうしても足が横道にそれて、私には関係のない墓に立ち止まってしまいます。

『ああ、引っ張られてるな』と思いましたが、これも何かの縁と般若心経を唱えました。
そしたら次もまた引っ張られて心経、また引っ張られて心経と繰り返してました。
いくつくらい廻ったのかわかりませんが、奥の院というところは、入り口から弘法大師の眠る御廟まで一時間強もあれば帰って来れるところですが、私はそんなことしてたから3時間半ほどかかりました。

実はここに来るまで左肩がやたら重かったのですが、ひとつひとつそうした墓や碑を過ぎるたびに軽くなってきたことも覚えてます。

そしてその夜、旅先の旅館で夢をみました。

その夢は馬や牛、イヌ、鳥、珍しいところではもぐらやカワウソみたいなたくさんの動物くんといっしょに、円座になって酒を飲んで歓談しているものでした。

人間は私だけでしたが、覚えてるのはつまみは枝豆と豆腐くらいしかなかったことかな?
さすが動物宴会だ、肉がないって変に感心しながら楽しんでました。

霧のようなものがでてきたので、「そろそろお開きだ」って馬さんが言い出し、みな片づけをし始めました。
そして皆こっちを向いて、「ありがとう」と挨拶。
「え、おれ、なんもしてないよ」って言いながら視線を彼らに向けると、皆人間の姿になっていて、軍服を着た人、レトロな背広を着た人、ドカチンスタイルの人、モンペを着た女性が十数名、手を振りながら霧のなかに消えてゆきました。

そこで目が覚めました。
あまりに強烈な夢だったので、いろいろモーニング食べながら考えてましたら、昨日の高野山の一件を思い出しました。

そういえば昨日いっぱい拝んだ墓は、『海外物故者』とか『航空兵』とか『近衛兵』とか『陸軍なんとか』『海軍かんとか』って書いてた。

『きっと海外にいたときに私の身体について、ここまで一緒に来たんだな。それでわざわざ夢にでて、御礼を言いに来てくれたんだ。そういや、ここに来る前には重たかった左肩も、いまはすっかり軽くなってる・・・』そう感じました。

怖くはなかったです。

それよりも、私を驚かさないように愉快な動物くんになって来てくれた事のほうが、うれしくて悲しかったです。

今度でて来るときはそのまんまの姿でいいよ、怖がらないから。


コピペ先:鵺速
http://hessionchiro.com/archives/cat2-20359.html





[PR]
# by tanaka369 | 2017-08-26 00:22 | グッときたイイ話 | Trackback | Comments(0)

昭和天皇の終戦の詔勅

今日は特別な日の一つ。
小名木善行(ねず)さんのご投稿を共有したく思います。

昭和天皇の終戦の詔勅、現代語訳です。


朕は、深く世界の大勢と、
帝国の現状をかえりみて、
非常措置をもって
事態を収拾しようと考え、
ここに忠実にして善良なる
汝ら臣民に告げます。

朕は、帝国政府に、
米英中ソの四国に対し、
そのポツダム宣言を受諾する旨、
通告させました。

そもそも、
帝国臣民の安寧をはかり、
万国が共存共栄して
楽しみをともにすることは、
天照大御神からはじまる
歴代天皇・皇室が
遺訓として代々伝えてきたもので、
朕もそれをつねづね心がけてきました。

先に米英の二国に宣戦した理由も、
実に帝国の独立自存と
東アジア全域の安定とを
希求したものであって、
海外に出て他国の主権を奪い、
領土を侵略するがごときは、
もとより朕の志すところではありません。

しかるに交戦状態は
すでに4年を過ぎ、
朕の陸海軍の将兵の勇敢なる戦い、
朕のすべての官僚役人の精勤と励行、
朕の一億国民大衆の自己を犠牲にした活動、
それぞれが
最善をつくしたのにもかかわらず、
戦局はかならずしも好転せず、
世界の大勢もまたわが国にとって有利とはいえません。

そればかりか、
敵は新たに残虐なる新型爆弾を使用し、
いくども罪なき民を殺傷し、
その惨害の及ぶ範囲は、
まことにはかりしれません。
この上、なお交戦を続けるのでしょうか。

ついには、わが日本民族の滅亡をも招きかねず、
さらには人類文明そのものを破滅させるにちがいありません。

そのようになったならば、
朕は何をもって
億兆の子を保てばよいのでしょう。
皇祖神・歴代天皇・皇室の神霊にあやまればよいのでしょうか。

以上が、朕が帝国政府に命じ、
ポツダム宣言を受諾させるに至った理由です。

朕は、帝国とともに
終始一貫して東アジアの解放に協力してくれた諸々の同盟国に対し、
遺憾の意を表明せざるをえません。

帝国臣民であって戦陣で戦死した者、
職場で殉職した者、
悲惨な死に倒れた者、
およびその遺族に思いを致すとき、
朕の五臓六腑は、
それがために引き裂かれんばかりです。

かつ、戦傷を負い、
戦争の災禍をこうむり、
家も土地も職場も失った者たちの
健康と生活の保証にいたっては、
朕の心より深く憂うるところです。

思うに、今後、帝国の受けるべき苦難は、
もとより尋常なものではありません。
汝ら臣民の真情も、
朕はよく知っています。

しかし、ここは時勢のおもむくところに従い、
耐えがたきを耐え、
忍びがたきを忍び、
それをもって万国の未来、子々孫々のために、
泰平の世への一歩を踏み出したいと思います。

朕はここに、国家国体を護り維持しえて、
忠実にして善良なる汝ら臣民の
真実とまごころを信頼し、
常に汝ら臣民とともにあります。

もし、事態にさからって
激情のおもむくまま事件を頻発させ、
あるいは同胞同志で排斥しあい、
互いに情勢を悪化させ、
そのために天下の大道を踏みあやまり、
世界の信義を失うがごとき事態は、
朕のもっとも戒めるところです。

そのことを、
国をあげて、
各家庭でも子孫に語り伝え、
神国日本の不滅を信じ、
任務は重く道は遠いということを思い、
持てる力のすべてを未来への建設に傾け、
道義を重んじて、
志操を堅固に保ち、
誓って国体の精髄と美質を発揮し、
世界の進む道におくれを取らぬよう心がけなさい。

汝ら臣民、以上のことを朕が意志として体しなさい。

御名御璽
昭和20年8月14日




コピペ先のねずさんのブログでは原文や解説があります。
是非御覧ください。










[PR]
# by tanaka369 | 2017-08-15 08:43 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

侍、公道に現る

お盆なのでちょいと息抜き。
Twitterで拾ってきました♪





2017年、お盆

俺は夢を見ていたのか………

武将がいた





[PR]
# by tanaka369 | 2017-08-14 23:27 | 拾い物いろいろ | Trackback | Comments(0)

9条があるのに…

現在出回っている秀逸な画を共有。

f0168392_00120825.jpg
これが現実です。
つまり目的はそういうこと。



[PR]
# by tanaka369 | 2017-08-14 00:12 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

奥茂治さんからのメッセージ

本文のタイトルにもあるように茂治さんの立場から見えてくる生々しい事の有様を、当ブログに訪問してくださったの皆様と共有したいと思います。

国士である茂治さんのFacebookよりコピペ。
※当ブログでは読みやすいように改行しています。



奥茂治

 刑事事件の容疑者だから見えた事


韓国政府は私が取り換えた吉田清治の謝罪碑建立は反日左翼を見抜けなかったのか?

それとも嘘と知って建立させたのか?

どちらにしても韓国には責任がある。


 吉田清治が建立した謝罪の碑を慰霊碑に取り換えた経緯は「父の謝罪碑を撤去します」で報道されている通りである、しかし私に対する処分は今だ決まっていない。


 そこで韓国で公用物損壊罪の罪に問われている容疑でなければ見えない事もある。


 私に見えて来たものとは?やはり反日日本人と反日政党の醜い姿である。


 今日私は、望郷の丘に墓地を持つことが出来る資格規定を調べたところ、日本人である吉田清治に謝罪碑建立の許可がなぜ下りたのか疑問である?


 吉田清治についてその全てを調べても望郷の丘に謝罪の碑を建立する資格が見当たらないのである。

しかし「その他保健福祉部長官が望郷の丘に安らかに葬る必要があると認定した者」この規定だけは政治力でどうにかなりそうな気がする。


 まして謝罪の碑には遺骨は無く韓国で言う安葬に値する資格もないのだ、だとすれば吉田清治を利用してこの謝罪の碑を建立させた裏には大きな政治力が働いたとしか思えない。

そうするとサハリン訴訟において済州島で204名の婦女子を強制連行し、その中の数人をサハリンにも送ったと1982年9月30日東京地方裁判所で吉田清治に虚偽の証言させた。

高木健一弁護士と社民党の福島瑞穂らが関与し真実味を持たせるために吉田清治にこの謝罪の碑を建立させ、さらに朝日新聞に報道させることにより真実味を持たせたと考えられる。


 これを仕組んだ高木健一弁護士・旧社民党の福島瑞穂や土井たか子など反日勢力の欺瞞が見えるようでおぞましくなる。


 このような反日の政治家らに利用された韓国は一日でも早く謝罪の碑建立についてのすべてを裁判で明らかにして私を罰するより、慰安婦問題を巧妙に仕組んだ日本人らを罰しなければならないだろう。


 韓国もこの謝罪の碑が国の許可によるものだったと認めている訳だから、私に対してはどの様な反論が出来るだろうか?考えてみると韓国を巻き込み日本国軍人と日本政府を貶め、そのために慰安婦問題を作り上げた反日日本人の全容が解明できる日も近い。




反日日本人には
・共産党主義者の日本人
・在日朝鮮人(帰化人含む)
がいます。

昭和天皇は、日本が日本の精神を取り戻すには100年が必要だろうと予言されていたそうです。
昭和天皇は日本に蔓延る不逞輩の存在を見通しておられました。

100年で済むよう私達日本人が日本国を取り戻したい。
あと約30年。


[PR]
# by tanaka369 | 2017-08-11 14:33 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

奥茂治さん、韓国で頑張ってます!

奥茂治さんが韓国政府に足止めされ40日…
今もなお出国禁止措置におかれています。

勇敢な男性だと思います。
いち日本人として感謝申し上げます。

そんな茂治さんから拡散して欲しいとFacebookで報告があり、当ブログの皆様とも共有したく投下致します。



稲村公望

拡散希望 

 「吉田清治の建てた謝罪碑」撤去の孤軍奮闘に敬意を表する。

韓国新政権は、真の日韓友好を求める奧茂治氏を出国禁止から解放せよ。

朝日新聞は、捏造と誤報の責任をとって各国語で世界に釈明せよ。


昭和44(1969)年に初めて韓国を訪れた。

関釜連絡船で行って、慶州の仏国寺、智異山の華厳寺といった名所旧跡はもとより各地を周り唐津おくんちの前日に下関に戻った。

朴正熙大統領の戒厳令下で、李承晩時代の反日が影をひそめていた。

「サランへ(愛してます)」という厭戦歌が流行り、高速道路が開通して高速バスが釜山とソウルを走っていたが、まだ工業地帯になっていなかった馬山に行く途中の峠で木炭バスがエンストして、バスから降りて皆で押した。

日本人学生の旅行は珍しく、製鉄所がなかった蔚山からの列車内では海苔巻のご馳走になり、高麗大学校庭で出会った大学生は電機会社の重役となり、今なお友人として交流が続く。


80年代から戦争中に朝鮮人を強制連行したとの反日宣伝が声高になり抜きがたい棘となった。


吉田清治は「済州島で200人の若い朝鮮人女性を「狩り出した」と講演して、朝日新聞は82年9月2日に大阪本社朝刊に掲載して、92年4月30日に秦郁彦氏が疑問を投げ掛けるまで吉田「証言」を16回大々的に記事にした。

2012年「朝日新聞の誤報による吉田清治という詐欺師のような男がつくった本がまるで事実かのように日本中に伝わって問題が大きくなった」と自民党総裁が発言して、

朝日新聞は2014年8月5日に

「読者の皆様へ 吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します。当時、虚偽の証言を見抜けませんでした。済州島を再取材しましたが、証言を裏付ける話は得られませんでした。研究者の取材でも核心部分についての矛盾がいくつも明らかになりました。」

と釈明して、最終的に18本の記事を取消した。


今年6月初旬、大高未貴著「父の謝罪碑を撤去します」が出版された。

吉田清治の長男は、

「父が発信し続けた虚偽によって日韓両国民が不必要な対立をすることも、それが史実として世界に喧伝され続けることも、これ以上、私は耐えられません。いったい私は吉田家最後の人間として、どうやって罪を償えばいいのでしょうか、せめてもの罪滅ぼしに決断したことがあります。」として、

「慰安婦蔵は彫像の権利の問題もあり、一民間人の私が撤去することは事実上不可能です。しかし、父が私費を投じて建てた謝罪碑であれば、遺族の権限で撤去することが可能なはずです。」と述べ、

韓国忠清南道天安市にある「望郷の丘」に、吉田清治が昭和58(1983)年12月15日付けで建立した謝罪碑の撤去を考えるに至った、

「朝日新聞は、謝罪碑に関する記事も虚偽と認定しているので、放置することは日韓双方に迷惑をかけるので、遺族として撤去したい」として、

奄美大島出身で沖縄在住の、元海上自衛隊航空部隊員の奧茂治氏にすべてを任せることにして碑の撤去の為の委任状を書いている。


今年1月奧茂治氏は現地調査を行い、謝罪碑は横幅が120センチの大きなものでコンクリートに埋め込まれてお、撤去に相当な工事費用がかかり、「碑を書き換えるしかない」とした。

3月に新たな言葉「慰霊碑 吉田雄兎 日本国 福岡」とハングルで、吉田清治の本名を彫り込んだ厚さ3センチの石板を「謝罪碑」に重ねて貼った。

三枚に切断して一枚が35キロで、約700メートルの距離を3往復して日が暮れた暗闇の墓地で作業をしている。

詳細は前掲書のご一読を奨めるが、碑文書き換えと貼り付けを実行した奧茂治氏に対して、韓国官憲は任意の出頭要請をして、堂々往訪した奧茂治氏を、韓国警察は6月24日午後3時47分に仁川空港で逮捕した。


奧茂治氏は、訪韓前に那覇空港でNHKからインタビューを受けて、

「吉田清治の慰安婦発言はすべて嘘である事を知らせなければなりません。大高未貴さんの本に書いてあるとおりです。」

と発言したが、NHKがそのインタビューを放送したか否かは未確認だ。


警察の調べは6月27日に終わり、罪状について奧茂治氏は

「張り替えたことは認め、相続人から依頼されたので、損壊罪は認めていません。所有権の存在が韓国のものだとは今は警察も言わなくなりました。しかし、管理者から許可を貰わなかった過失については事実ですから認めています。所有権の争いは民事ですが、今回は刑罰を左右する重要な要点ですから、争はなければならないでしょう。その争いでしか吉田清治の嘘を韓国民に知らせることはできないと私は判断して訪韓したことを解って下さい。」

と述べた。


6月30日には、産経新聞の加藤支局長同様、ホテル住まいの或る程度の行動の自由があるものの

「韓国からの出国が禁止にされ」、

「韓国国民に慰安婦の真実を知らせるには法廷しかないと再認識しました。頑張ります。」として、

7月3日には、朝日新聞ソウル支局を訪問しようとしたが、「日本人スタッフが出払っているとして断られ、残念無念です」と述べる。

7月4日に慰安婦展があり、そこで、「反日だけの挺対協が韓国では終焉を迎えている実感を感じた」と述べている。奧茂治氏の孤塁を護り法治国家を求める裁判闘争に注目したい。


朝日新聞は、吉田清治の捏造についての釈明を、日本語だけでなく韓国語、中国語、欧米各国語に翻訳して世界に告知すべきだ。

朝日の誤報が未だに世界中で信じ込まれているのが現実だ。

朝日新聞は、韓国新政権に吉田清治の捏造について説明して、真の日韓友好を求めてソウルに乗り込んだ奧茂治氏を出国禁止から解放せよと求めるべきだ。


日韓友好の基礎を捏造と虚偽から変更して、河野政府談話も廃棄すべき秋だ。

大高未貴氏の近著を各国語に翻訳して世界に頒布することも一策だ。


慰安婦問題はもともと歴史認識の問題ではなく、日本と韓国とを対立させて、日本の弱体化を(そして韓国の弱体化をも)目的としたパワーポリティックスの謀略宣伝戦に過ぎないのだから。




[PR]
# by tanaka369 | 2017-08-08 22:31 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

【画像】パチンコ周辺癒着構造

一目でわかる癒着画。
詳しい企業などは書かれていませんが、おおまかな構造を知るにはとても分かりやすい画でした。

f0168392_22590878.jpg

[PR]
# by tanaka369 | 2017-08-03 22:59 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

マスコミ対策について

カミカゼじゃあのさんよりご紹介して頂きましたサイトをば。
ネット上で愚痴っているだけの時代はすでに終了しております。

==========

対 ♯マスコミ対策について俺が長々ツィートするよりも、要点がまとまっていて大変よろしい 各自参考とし、内容を確認した後、出来れば ♯拡散してほしい

===========



[PR]
# by tanaka369 | 2017-08-01 14:44 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

明治の武人:柴五郎中佐

恥ずかしながら、今更知りました。柴五郎中佐を。
一度だけでもいいから、明治時代にタイムスリップしたい管理人でした。
画像に含まれている可能性があるもの:1人

以下はFacebookよりコピペです。
皆様も是非。
読みやすかった紹介文ですよ。

「ある明治人の記録 会津人柴五郎の遺書」中公新書
書籍もあるみたい。
読みたいぞ! 
さっそく買おうっと。ポチッと。


斎藤宏幸

明治33年(1900年)、中国の山東省で数万人規模の武装蜂起が起きました。(義和団の乱)

外国人宣教師や外交官を殺害し、北京の各国公使館を包囲。

これに対し、イギリス、フランス、ロシア、日本など8カ国が、自国の居留民保護のために、天津の港に停泊していた各国の軍艦から約400名の陸戦隊を北京に送りました。

日本からも軍艦「愛宕」の水兵25名が参加しました。

北京では、義和団が北京に押し寄せる数日前、各国の公使館付武官や陸戦隊指揮官がイギリス公使館に集まり、具体的な防衛計画を話し合いました。

その時の総指揮を取ったのがイギリス公使のクロード・マクドナルドでした。

6月13日、公使館区域に約500名の義和団が襲撃。

6月21日、各国の公使館を警備していた清国軍(当時の中国政府)は、西太后の命令により、暴徒と化した義和団を鎮圧するのではなく、義和団と一緒になって公使館を襲撃しました。

この時、日本代表の柴五郎中佐は、最も激しい戦闘を進んで引き受け、少人数で暴徒や清国軍をことごとく撃退していきました。

イギリス公使のクロード・マクドナルドは、柴五郎中佐率いる日本兵の勇敢さや礼儀正しさに驚愕して、イギリス兵とイタリア兵も、柴五郎中佐の指揮下に入れました。

各国の外交官や、陸戦隊は北京に55日間も籠城しました。

どのような苦境にあっても冷静沈着な会津出身の柴中佐と、明るく忍耐強い日本兵の姿を見て、北京で籠城する各国兵士は、その士気をあげました。

柴中佐は戦術能力に優れており、作戦計画をするにあたり、各国武官たちは皆、柴中佐に意見を求めるようになりました。

柴中佐は、砲兵出身であり情報勤務も経験豊富であったので、北京城やその周辺の地理を調べ尽くして、情報網も作り上げていきました。

8月14日、籠城戦が終わり義和団や清国軍を鎮圧しましたが、各国の軍隊は略奪や暴行が多発しました。

その中でもひどかったのがロシア兵でした。

日本兵はそのような行為は一切なく、軍規に従って、規律正しく行動しました。

日本軍の勇敢さと軍規の良さが世界中に報道されました。

イギリスのスタンフォード紙は、事件当時、次のような記事を書きました。

「義和団鎮圧の名誉は日本兵に帰すべきである、と誰もが認めている。日本兵の忍耐強さ、軍規の厳正さ、その勇気溌剌たるは、真に賞賛に値するものであり、かつ他の追随を許さない。」と。

また、ロンドンタイムズは、当時、次のように記事にしました。

「籠城中の外国人の中で、日本人ほど男らしく奮闘し、その任務を全うした国民はいない。日本兵の輝かしい武勇と戦術が、北京籠城を持ちこたえさせたのだ。」と。

英国政府は、柴五郎中佐率いる日本兵の忍耐強さ、軍規の厳正さ、勇敢さに心打たれました。

義和団事件が鎮圧されたあと、各国の軍隊は引き上げましたが、ロシアだけが、2万人の兵隊を満州に送り込み、そのまま居座りました。

英国と日本は、ロシアの脅威をけん制する目的で、明治35年(1902年)1月、日英同盟を締結。

英国が外国と同盟を結ぶのは、史上初めてのことでした。

日本兵の忍耐強さ、軍規の厳正さ、勇敢さが認められたからです。

参考図書
「条約で読む日本の近現代史」藤岡信勝・他著












[PR]
# by tanaka369 | 2017-07-31 07:00 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)

玉音放送の本当の意味

もうすぐ8月ですねぇ。
皆様、熱中症などには気を付けてくださいね。

素敵なサイトを紹介して頂きました。
昭和天皇の玉音放送の現代語訳ですよ。
現代においても広く知っておく必要があります。


(以下コピペ)
==============

昭和天皇の玉音放送の日本語訳

私は深く世界の大勢と日本の現状について考え、
非常の手段によってこの事態を収拾しようと思い、
忠義で善良なあなた方臣民に告げる。

私は帝国政府に米国、英国、中国、ソ連に対して
ポツダム宣言を受け入れることを通告せしめた。

そもそも日本国民の安全を確保し
世界の国々と共に栄えその喜びを共にすることは
私の祖先から行ってきたことであって私もそのように努めてきた。

先に、米国・英国二国に宣戦を布告したのも
我が帝国の自立と東亜の安定を願ってのものであって、
他国の主権を侵害したり領土を侵犯したりするようなことは
もちろん私の意志ではない。

しかしながら、戦闘状態はすでに四年を越え
私の陸海将兵の勇敢な戦闘や私の官僚・公務員たちの勤勉なはたらき
私の一億国民の努力、それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず
戦争における状況はよくならず、世界の情勢も我々には不利に働いている。

それだけではない。

敵は新たに残虐な爆弾を使用して、
何の罪もない多くの非戦闘員を殺傷し、
その被害はまったく図り知れない。

それでもなお戦争を継続すれば最終的には日本民族の滅亡を招き
そして人類文明おも破壊することになってしまうだろう。

そのような事態になったとしたら、
私はどうしてわが子とも言える多くの国民を保ち、
先祖の霊に謝罪することができようか。

これこそが政府にポツダム宣言に応じるようにさせた理由である。

私は日本とともに終始東亜の植民地解放に協力した友好国に対して、
遺憾の意を表さざるを得ない。

帝国臣民にして戦場で没し、職場で殉職し、悲惨な最期を遂げた者
またその遺族のことを考えると体中が引き裂かれる思いがする。

さらに戦場で負傷し、戦禍にあい、家や職場を失った者の厚生については
私が深く心配するところである。

思うに、これから日本の受けるであろう苦難は大変なものになる。
国民たちの負けたくないという気持ちも私はよく知っている。

しかし、私はこれから耐え難いことを耐え、
忍び難いことを忍んで将来のために平和を実現しようと思う。

私は、ここにこうして国体を守り、
忠義で善良なあなた方臣民の真心を信頼し、
そして、いつもあなた方臣民とともにある。

もし、感情的になって争い事をしたり、同胞同士がいがみあって、
国家を混乱におちいらせて世界から信用を失うようなことを
私は強く懸念している。

国を挙げて一つの家族のように団結し
子孫ともども固く神国日本の不滅を信じ
道は遠く責任は重大であることを自覚し
総力を将来の建設のために傾け、道義心と志操を固く持ち、
日本の栄光を再び輝かせるよう世界の動きに遅れないように努めなさい。

あなた方臣民は私の気持ちを理解しそのようにしてほしい。

天皇の署名と印璽
昭和二十年八月十四日


==============


[PR]
# by tanaka369 | 2017-07-30 18:02 | 日本の事・日本人の歴史 | Trackback | Comments(0)



ネットの大海の片隅でひっそりと生息しています
by tanaka369
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
亀井静香金融大臣といじめ問題
from 東京のばかやろーブログ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月


Skin by Excite ism